TOP PAGE


« 2005年05月 | メイン | 2005年07月 »

ハインラインと橋爪氏の新書でアメリカ軍を見直せ

 ポール・バーホーベン監督は1997年の映画版『スターシップ・トゥルーパーズ』を、ロバート・A・ハインラインの原作((c)1959、邦訳『宇宙の戦士』1966/矢野徹)の前半を読んだだけで創った──との与太話をなぜかウェブ上で時に目にするのですが、原作の最後まで承知せずしてあの映画の構成があり得ないことは、どなたも容易に判断できるであろうと思います。ただし後半1/2をナナメ読みした可能性はあるでしょう。
 米国で3大SF作家の一人に数えられていますハインラインは1907年生まれ(7人兄弟)でミズーリ州に生まれ育ち、ミズーリ大のあとアナポリス海軍士官学校を1929年に卒業して駆逐艦と空母『レキシントン』に乗務したのですが、肺結核のため1934年に中尉で除隊を余儀なくされます(5年いて中尉とはいくら大不況時の平時でも昇進が遅いような気がしますが事情は詳しく分かりません)。そのごUCLAで物理と銀鉱山と不動産を学びながら39年に作家デビュー。また同年にはカリフォルニア州議会議員に立候補して落選もしています。第二次大戦中は海軍航空研究所で高高度用特殊飛行服の研究に参与。大失敗の最初の結婚のあと、生物学者で七ヶ国語を解する海軍中尉の妻と再婚しました。
 ハインラインは、艦隊と海兵隊についてつぶさに見聞していたはずですが、あえて『スターシップ・トゥルーパーズ』は未来の海兵隊員とはせずに、未来の陸軍空挺隊員ということにして物語を綴っています。海兵隊と空挺部隊は立体戦時代となる将来には別組織にしている意味はなくなるだろうという洞察が働いていたのでしょう。このくらいの想像力の無い人にはおそらくRMAも推進できますまい。日本のSF小説の弱さは、自衛隊の未来の弱さでもあるのです。
 さてげんざい日本で自衛隊に志願するには年齢制限があり、たぶん25歳を過ぎますとよほどの特殊技能がなければ「国軍とはこういう世界なのか」との納得体験をするチャンスは去ります。しかしこの小説は、主人公を一兵卒から下士官、下士官から下級士官(少尉)へ徐々に昇進させることで、軍隊の擬似見学をさせてくれるのです。入隊の時期を逃した民間人どもは必読です。
 戦時中の昭和16年、つまり支那事変の最終年に『将軍と参謀と兵』という陸軍の宣伝映画が制作されてるんですが、その目的は、大衆の観客に「エリート参謀は威張って楽をしているようですが、こんなに大変なんですよ。将軍といっしょに兵隊のことを考えていますよ」と弁疏することにありました。
 インテリ熱血愛国者のハインラインの企図は全く違います。「キミ自身が良き兵隊になれ。できたら分隊長になれ。できたら小隊長になれ。できたらもっと大きな軍隊を指揮してみろ」と言ってるんです。そしてそのために必要になる心掛けを小説の形で懇切丁寧に教えている。もちろん参謀(幕僚)についてもとても分かり易い説明があります。
 「新兵はこんなショックを受けるものだが、乗り越えろ」と教える小説や映画は、他にもいっぱいありましょう。しかし「最優秀下士官と最優秀下級将校では気苦労がこれだけ違ってくるんだぞ」と具体的に教えてくれるこの小説の後半1/2は、他のフィクションでは得られない情報です。ハヤカワ文庫『宇宙の戦士』を読んだことがなく、最近のif戦記などをフットロッカーに入れている現役自衛官の貴男は、情報環境を再検討しましょう。
 娯楽小説としてはごくつまらぬストーリーです。
 しかし次のような描写が1959年になされているのには感心するでしょう。
 「やつらの惑星の表面を吹き飛ばすと、兵隊や労働者をぶち殺すことはできるだろう。だが知識カーストや女王たちを殺すことはできないはずだ──地中推進式の水爆を使って直撃弾をくわえても、女王いっぴき殺せるかどうか疑わしいものだ。おれたちは、やつらがどの程度の深さまでもぐりこんでいるものやら、見当がつかないんだ。」
 そこで、気化すると空気より重く「どこまでも沈下してゆく」油性の神経ガス弾を穴に投げ込むというのです。これは近未来の北朝鮮でも使われるかもしれませんね。じつはこの小説は朝鮮戦争(1950〜1953)で多くの米兵捕虜が洗脳されてしまったという、近過去の生々しい事件が下敷きになっています。
 「たとえ捕虜になったところで、自分の知らないことを敵にしゃべれるわけはない。どんなに薬を注射され、拷問され、洗脳され、果てしない不眠状態に苦しめられたところで、もともと持っていない秘密をしぼり出すことは不可能だ。だからこそおれたちは、作戦の目的について知っておかなければいけないことだけを教えられるだけだった。」
 このノウハウは、佐藤優氏ご推薦の『スパイのためのハンドブック』(英語版1980、邦訳82年)にも載っていますが、あのマンハッタン計画の大秘密が漏れなかったのも、技師たちをとことん情報的に細分化したからに他なりませんでした。なにしろ副大統領のトルーマンですら、原爆の開発そのものを、大統領に昇格するまで知らなかったほどなのです。
 10万人単位で戦死者を出してしまった第二次大戦が終わったと思ったら、今度は朝鮮戦争でまた1万人単位の若者を死なせることになった。こうした面倒はいつまで続くのか、という1950年代後半の全米的な疑問に、50歳になったハインラインは、自分ならうまく答えられると思ったのです。
 話は変わりますが、第二次大戦における米国の総動員体制はなぜ非常にうまくいったのかという疑問に明快に答えてくれているのが、橋爪大三郎氏の最新刊・『アメリカの行動原理』です。
 橋爪先生に「彼らは『アソシエーション』を作るのが得意だから」と説明されてから再び『スターシップ・トゥルーパーズ』を書いたハインラインについて想像をめぐらしてみてください。いったいどうしたら日本国の現在および将来に何のプラスにもならない幼稚な青年向けロボット・アニメを根絶できるのだろうかとわたくしが日々心配していることについて、あるいは共感してくださるかもしれません。
 『アメリカの行動原理』は新書ですけれども、他にも読みどころは満載で、おそらく橋爪先生にも内容(仮説)にかなりの自信があるのではないかとお見受けしました。なお、195頁の「トーマス」は、もし「ウッドロー」の間違いであるとしたら、増刷の際に直っているでしょう。

笠懸(騎射)を実見する

 先週は北海道でもいちばん僻地じゃないかといわれる日本最大の某弾薬庫に取材に行ったのですが(記事は数ヵ月後の『北の発言』に載ります)、今日はまた趣向の変わった世界を堪能しました。
 各地の神社で行なわれている流鏑馬、あれをアンフォーマルなスポーツにしたのが笠懸です。もうひとつ、「犬追物」というのがあるんですが、アイボでも使わないと「動物虐待」になってしまいます。
 なかなか拝見する機会がなかったこの笠懸の騎射行事が、なんと今年は函館市で開かれる。この情報を事前に「鎖帷子剣士」様からもたらされていたわたくしは、早速本日、出かけて参りました。
 (なぜこの話を事前に武通掲示板にUPしなかったかというと、道南ではウェブサイトを見て行動を決めるような奴は一人も居ないからに他ならない。当日のギャラリーはすべて地元TVを視て催しを知った人々であろう。)
 競技に使用されていた馬は在来種である道産子か、それに馬格の近い観光牧場用の米国種であるように見えました。関東から来ていたチームの乗用馬は函館近郊の牧場から借り出していたようです。
 ホンモノの在来馬の特徴は「側対歩・そくたいほ」だということです。これはラクダの走りと同じ。すなわち右側もしくは左側の前後の脚が「ムカデ競走」のように常に平行の関係を保って動くのです。この走り方は、馬の背において左右のローリングを生じますけれども、上下動はほとんどありません。
 観察しましたところでは、騎射の本番のギャロップで側対歩(それも完全なものと不完全なものがある)になっている馬は、四分の一以下だとお見受けしました。
 側対歩でない馬に乗って射手が安定を得るためには、尻を浮かせ、膝の屈伸で馬体の上下動をキャンセルしなければなりません。これが既に無意識にできてしまうくらい熟練している乗り手でない限りは、弓で的を正確に射ようとする以前に、疾走中に矢筈をきっちりと弦につがえる作業だけでも一苦労だという様子が窺われました。
 本日拝見した騎射の馬の速度は、50m間隔で置かれた3つの的の横を合計11秒〜15秒で通過していました。
 側対歩の馬の場合、射手は、膝ではなく、股関節で自身の腰のセンタリングを保たねばなりません。つまり左右の足を交互に外側に突っ張ります。日本式の鐙は、鐙ごと爪先を完全に90度外側に開くことができます。俯瞰射のとき、この鐙は有利です。
 騎射競技の走路は幅がごく狭いものです。これは、終始両手放しで走り抜くため、馬が蛇行したりしない用心であるそうです。
 さて本日の大目的は、実はこれも鎖帷子剣士さまより前触れのあった、籏谷嘉辰先生にお目にかかることでした。町田市の「はたや」といえば刀剣が御趣味の向きには有名でしょうが、カケダシ者のわたくしは今年になって知ったのですから恥ずかしいったらありゃしない。学生時代に読んだ『蕨手刀』という超シブい資料の中に掲載されていた写真は、この籏谷先生が研がれたものであったそうで、今更ながら驚くばかりです。つまり考古学的刀剣の研ぎ出しを任せられる方なのです。
 さらにまたトーシローのかなしさ、わたくしは籏谷先生が「全日本戸山流居合道連盟」の現在の会長だとも存じあげず、名刺を見て仰天しました。「戸山流」については過去に武道通信の「かわら版」にも言及してきました。しかし、中村泰三郎氏が現役であったウン十年前の居合の古本の知識で止まっていたのです。
 籏谷先生の右手を見せて貰いましたら、テニスプレイヤーともまた違った指のふくれた形状が、もうタダ者ではないのです。真の剣術家ならば、その人がただ立っている姿のバランスを見ただけで、二腰に馴染んでいるレベルの剣士か否か、分かるのでしょうが、凡愚は手首から先を見せてもらったりして即物的に納得する次第です(泣)。
 籏谷先生は、戸山流らしいストッパー・ボタンをつけた本身の太刀を佩用され、リアルに古式を再現したいでたちで騎射をされていました。さすがに鎧はナシでしたが和鞍です。「戦用の和鞍だと肩や腰にかかる鎧の重量を馬が分担してくれるのです」とのことで、要するに昔どおりの装束を決めてみて、はじめて昔の剣術や弓術について理解し得ることが多いのだとのお話。まことにご尤もでした。
 こういう方でもないと訊けぬ質問を小生はこの機会にぶつけてみますた(構成と文責/兵頭)。

Q:一人の刀匠が刀をひと月に何本くらい鍛造できるのでしょうか?
A:お弟子さん方が大勢いらっしゃる所ならば5本くらいいけるかもしれませんが、現在は月に2本(脇差なら3本)までしか国から許可が出ません。それより多くなったらもう粗製となり、美術品として認め難いからでしょう。「丁寧に打てよ」と求められているわけです。

Q:人を一人斬ると刀身に膏がべっとりと付いて、二人目からは斬り難くなるという話がありますが、本当でしょうか?
A:以前、肉屋から豚の頭をそっくり買って来まして、真正面から頭蓋骨ごと(ただし牙だけは避けて)スパリ、スパリと何度も斬撃を試みたことがありますが、スライス・ハム状になるまで、何回でも抵抗感なく骨ごと断ち斬ることができました。どうも、膏のせいで日本刀が切れなくなることはないのではないか、というのが、現在の心証です。

Q:「七人胴」というのは、ありえたのでしょうか?
A:昔の日本人は今の小学5年生の体格ではないでしょうか。しかも「試しもの」では、屍体の腹部の骨の無いところを斬ったのかもしれません。その場合は7人重ねたものを一度に斬ったと言っても嘘にはならなかったのでしょう。

Q:さいきん、三十三間堂の通し矢の記録など、現代人の力量では考えられない過去の大記録について、「あれは嘘だ」と断言する人がいらっしゃるようですね。大衆は決して「天才」の実在を認めたがらないものだ、とトックヴィルも書いているんですが……。
A:私はじつは西暦1940年代末の仙台の生まれですが、東北の戦後の経済成長は関東にだいたい10年遅れていましたから、戦前の日本の農家の少年の鍛えられ方について証言することができると思います。少年時代から「水汲み」をさせられ、成人してさらに力仕事を続ければ、背筋力などがどのくらいつくか、です。戦時中でしたら、水を満たしたドラム缶を抱えて持ち上げられる兵隊が、中隊に必ず一人はいた。200kg以上のはずです。

Q:すると畠山重忠が300kgの在来馬を担いだなどという話もリアルだった可能性があるのですね?
A:中身入りのドラム缶を持ち上げる、数百人に一人いる程度の力持ちだったら、時代を超えた語り草にはならない。やはりそのレベルにとどまらない異常な力を見せ付けたので、目撃者はそれを他人に語り伝えずにはいられず、伝説ができたのだと思うべきなのではないでしょうか。それから三十三間堂の出場者は、皆「選手」でした。幼少から弓の特訓を積んだ選手候補が一藩に何十人もいて、その中からふるい落とされて残った、筋力も持久力も最高成績のスペシャリストたちが、命がけで競った記録なのです。

Q:柄の半分くらいしか「なかご」の無い日本刀が多い理由がよく分かりません。あれでは、合理的な構造とは言えないのではありませんか?
A:もともと平安時代の刀は片手で握るものでしたので、柄は短かく、しかも馬上で使う都合から、柄の先が曲がっていたのです。「なかご」は、その当時の柄にとっては合理的な長さがあったのです。後代に柄が両手で握るものに進化し、長くなりました。ところが、刀鍛冶はすぐに「なかご」の長さを変えなかった。それで、柄は長いのに「なかご」は短いという、組み合わせも生じたのです。けれども、実戦的な刀は、長い柄の端まで「なかご」がちゃんと伸びています。

Q:刀の鍔に透かしがありますよね。あの隙間から敵の刃先が入ってきたりしないかと、素人はとても不安になっちゃうのですが。
A:何の問題もないと思います。ちなみに鍔の材質は、粘る鉄です。無闇に硬くないので、強く打撃されても割れません。敵の刀の刃が少し食い込むくらいの軟らかさです。もし割れてしまいますと、手拳の保護になりませんから。

 ……このように、現に道を極めていらっしゃる方への直問くらい蒙を啓かれるものはありません。わたくしはいつか上京の折に籏谷先生にもっと長時間のインタビューを試み、それを一冊の本にして日本武道の恒久財産にしたいと願っております。

時評および雑記録

 月刊『中央公論』はタダで(しかも正確に引越し後の住所宛てに)送られてきますので、毎月はやばやと目を通させて貰っている媒体です。いつもは「こんなんで売れるのかよ」と他人事ながら首を傾げるコンテンツばかりなんですが、どうしたわけか今月号の橋本五郎氏の岡田克也党首に対するインタビューは傑作でした。
 なんと、聞き手の台詞であるゴチック体の部分だけを拾い読みすると、「いや御尤も」と首肯できる社説になってるんです。明朝体部分は読む価値はほとんどない。国益を損ねているのはこういう腰抜けたちのせいなんだなと再認識されるのみです。
 こんなインタビュー記事、初めて見ました。読売の編集委員さんは違うなと感服仕った。
 朝日新聞の言うとおりにすればとても不利なことになるんだとシナ政府にわからせる「ゲームのルール」((c)佐藤優)を、日本政府は機械的に実施しなくちゃダメでしょうね。それには同時に橋本氏のような才能をヘッドハンティングして専属のスピーチライターに雇って、シナのスパイどもが何か発表する度に、間髪を入れずに反撃のコメントをしていくことが肝要でしょう。
 今月の中公は、秦郁彦氏に全国新聞の社説を批評させていて、これも読ませました。

 月刊『voice』は今月号は送られてきませんでしたが、なかなか面白いという噂があります。

 唯一自腹で購読している月刊『軍事研究』。7月号では志方さんが例のシナ原潜の日本領海侵犯が「軍部または原潜艦長の独断であったのだろう」と書いています。大丈夫かよ? また黒井文太郎氏の『国家の罠』寸評がパンチが効いていました。(前に黒井さんってどういう人なんですかと加藤健二郎氏に訊いたことがありますがエラく謎のようでした。)

 すでに旧聞ですが今月の初めに、オーストラリアの南西部のパースに近い砂浜に、またも鯨が85頭打ち上げられたと、ネットのニュースで知りました。
 これは東シナ海と「浅さ」が似ていて、しかもシナのスパイの潜伏をしっかりと監視し易い同海域を使って、米海軍が「低周波ソナー」のテストをしているからだろうと想像されるところです。4月にもこのようなことがありました。

 以下は、靖国関係と遺族会に関するいくつかの資料の摘録です。
 なお靖国問題に関する兵頭二十八の見解は『武道通信』vol.19 (H-14-10)に掲載された拙稿「武士道と宗教と靖国」をご参照ください。

▼『近代真言史の研究』S62、所収・藤原正信「『靖国』問題と日本遺族会」
 ※これは日本遺族会についてよく調べてある感じです。

 S24時点で、遺族年金も、弔慰金もゼロであった。
 これでは困ると、800万遺族の「犠牲者」自覚がつのる。→利権団体化。
1950年から、「運動」の柱に。
 1952−4−30「戦傷病者戦没者遺族等援護法」公布。これで遺族年金が実現。
 しかし小額のため、すぐに増額運動が。
 1956−5−1、遺族会は要求した。すなわち靖国神社は「国事に殉じた人々」の「みたま」を祭神とし、「その遺徳を顕彰し慰霊するものであること」と。
※このへんから「寺院化」が始まった。
 1965の全国戦没者追悼式は、遺族会の願いには反して、武道館で行なわれた。

 靖国法案第一条(1967−3の案)
 「靖国神社は、日本憲法の精神にのっとり、戦没者及び国事に殉じた者に対する国民の感謝と尊敬の念を表わすため、その用に供される施設を維持管理し、これらの人々の遺徳をしのび、これを慰めその功績をたたえる等の行事を行ない、もって社会の福祉に寄与することを目的とする」

 1969−3の修正案の第一条
 「靖国神社は、戦没者及び国事に殉じた人々の英霊に対する国民の尊崇の念を表わすため、その遺徳をしのび、これを慰め、その事績[蹟カ?]をたたえる儀式行事等を行ない、もってその偉業を永遠に伝えることを目的とする」

 法案が廃案となって、S51−6に議員が中心の「英霊にこたえる会」ができた。

▼靖国顕彰会『靖国』S41
 昭和27年5月2日。これが戦後最初の政府主催の全国戦没者追悼式。新宿御苑。両陛下が御親臨。
 昭和28年3月、(財)日本遺族会、発足。
 昭和34年3−28に、千鳥ガ淵墓苑ができるとき、遺族会は、そこを国家的権威に支えられた「合掌の場」とせぬこと、また、全戦没者の遺骨を象徴・代表するものでないことを政府に確認させた。
  ※追悼施設だと定義されれば、そこは遺族会が絶対の場になってしまう。もはや戦後遺族会は戦前戦中の遺族とは異なったいびつな存在である。
 竣工日には両陛下が親拝。
 昭和37年8月15日に、郷友連盟(日本遺族会と並ぶ圧力団体 ※昔の在郷軍人会)が、殉国者顕彰慰霊祭をやっている。
 戦後最初の全国戦没者追悼は、S38に、日比谷公会堂で。
 第2回は、遺族の強い要望で靖国神社で。

▼(財)日本郷友連盟『日本郷友連盟十年史』S42−2
 S29−11   全国33都道府県の戦友団体の代表があつまる。
 S30−6−6  「日本戦友団体連合会」結成。植田謙吉が会長。S31から岡村寧次が理事長。
 S30−8−14 終戦時の自決烈士顕彰慰霊祭を靖国神社内で。
 S31−5−12 会名を日本郷友連盟に改む。
 S31−8−14 殉国諸霊顕彰慰霊祭を靖国神社で執行。
 S31−10−10 社団法人の許可。
 S32−8−15 大東亞戦争殉国英霊顕彰慰霊祭。神社内にて。
 S33−8−15 大東亞戦争殉国者顕彰慰霊祭。これは九段会館にて。
 S38−6−1  全国在郷軍人会を合併。
 S38−8−15 運動が実り、この年から、国家行事として政府主催の全国戦没者追悼式が行なわれる。この年は日比谷公演にて。
 S39−8−15 政府主催の第2回全国戦没者追悼式。

▼田中伸尚・他『遺族と戦後』1995(岩波新書)
 地方の遺族会に入ると、年1〜2回、バスで靖国に行ける。会費は年に¥1,000-だ。
 九段会館は国有財産なのだが、1953の特例法により、(財)日本遺族会に無償貸付され、同会が運用している。
 そもそも1934の即位大礼にあわせて帝国在郷軍人会が建設したもの。終戦後は1957−1まで、米空軍の将校クラブなどとして接収されていた。貸付としたのは、無償払い下げだとその後の固定資産税の負担が生ずるため。貸付実施後に「九段会館」と改名し、日遺連の事務所も置かれた。
 軍人援護は、支那事変で拡充された。
 1938に、いろいろな援護団体が「恩賜財団軍人援護会」に統合される。
  →1946−4「恩賜財団同胞援護会」に。
 1939に「軍人保護院」という役所もできる。
  →1945−12廃止。
  ※兵頭いわく、これは警察、消防、海保などといっしょにして復活させるべきだ。
 支那事変中に、例大祭に遺族が招待されるようになったが、招魂式では、「わが子を返せ」などのヤジも飛んだという。いかに事変が不人気であったか。入江侍従も日記で、肝心の事変が未解決なままでは2600年をちっとも祝う気分になれない、と書いている。 1945−11−24、GHQ覚書にもとづき政府が1946−2−1に公布した「勅令第68号」は、軍人恩給を事実上、停止した。
  ※傷夷軍人手当ては残された。しかし、遺族の年金と、退役軍人本人の年金が、なくなってしまったのだ。これは理不尽だった。というのも、旧軍人はサラリーの1%を恩給の原資として天引きされ、強制積み立てさせられていたからだ。
 GHQいわく、軍人恩給が日本の軍国主義を助長したからである、と。
  ※兵頭余談。官僚の天下り退職金制度が誰もが官僚になりたがる日本の仕組みを助長していると言えよう。
 戦前の軍人恩給は、最終サラリーの1/3以上が貰えた。しかも、資格が生ずるまでの年限が、やたらに短い。外地加算などがあるため。短い者は3年で有資格者となれた。
 1945−12−15、GHQは「国教分離指令」いわゆる“神道指令”を出す。
  特定神社の国による優遇を禁ずるもの。
   ※これ以前には、幣原喜重郎首相がS20に参拝している。
 1946−2−8にNHKラジオで「戦争犠牲者遺家族同盟」の結成をよびかける「私達の声」が読み上げられ、大反響。
  ※はやくも「犠牲者」「被害者」のスタンスに切り換えていることに注意!!!
 1947−11−17、各地遺族会の全国組織「日本遺族厚生連盟」設立。
  その規約の第4条はなんと「本連盟は、……平和日本の建設に邁進すると共に、戦争の防止と、世界恒久の平和の確立を期し、以て全人類の福祉に貢献することを目的とする」
 1948当時は「遺族800万」と呼号され、選挙の圧力に使われた。
 1949−5−14、衆議院は「遺族援護に関する決議」を採択。ただし、なんらの新法を実現したものではない。
 1950−6の参院全国区で、遺族厚生連盟会長の長島銀蔵(もと貴族院議員)が10位という高位で当選。票田としての遺族会の力を示す。
 しかし具体的な法律はなかなかできなかった。占領下なので。
 1951−2−23、一ツ橋の共立講堂で、「第1回全国遺族代表者大会」。(第2回から、全国戦没者遺族大会、となる。)
 1951−10−18、靖国神社が宗教法人になって初めて挙行された秋季例大祭に、吉田首相らが公式参拝。
 (これ以降、首相の公式参拝は、昭和60年まで56回あるが、昭和61年に中曾根が、8.15参拝を停止するのである。)
 1952−1−16、閣議で遺族年金と弔慰金(十年国債)を支給することなどを旨とする「戦傷病者戦没者遺族等援護法」案が決定。通称“遺族援護法”。
 戦没者一人について年に5万円。これでは少ない、10万にしろという運動が、すぐに始まる。(1−20の第3回全国戦没者遺族大会で決議。)
 が、ともかく1952−4−30から遺族年金がやっと復活した。
  ※7年間もコジキ同然に放置されれば「8.15」被害者意識が充満するには十分かも。
 1953−3−11、(財)日本遺族会が設立さる。
 1953−6、日本遺族厚生連盟は解散。
 1953−8、恩給改正法が施行される。これで「勅令第68号」は事実上消滅し、公務扶助料が復活する。
 1963〜65、中公に、林房雄の『大東亞戦争肯定論』。
 1963に、初めて8.15に政府主催の全国戦没者追悼式が日比谷公会堂で開かれ、その後、8.15追悼は恒例化している。
 1969−6、靖国神社法案が上程される。
 1975、これを最終断念。
 1976−6、「公式参拝運動」へ転換。
 1978時点で、遺族世帯は185万ある。組織されているのは104万世帯。
 S59−8から、中曾根の下で「靖国懇」が1年間、20回以上開かれる。江藤淳、中村元、曾野綾子ら。
 平13現在、武道館で毎年8.15に行なわれる「全国戦没者追悼式」には天皇参席。

▼畑中市蔵『恩給──文官・旧軍人恩給の解説と手続』S32−2
 そもそも明治8年に海軍が英国を真似て「海軍退隠令」、翌年に陸軍が仏国を真似て「陸軍恩給令」を公布したのが始まり。
 明治16年に「陸軍/海軍恩給令」となる。

▼『靖国神社百年史 事歴年表』S62
 S27−8−16、陸軍の終戦時自決者の慰霊祭。
 S30−8−14、陸海軍の終戦時の自決者の慰霊祭。
 S30−8−15に、拝殿前に署名簿を置いたら、一般人の3割の1280人が記帳した。
 S38−8−15、法務大臣の賀屋興宣が日比谷公会堂における政府主催の第1回全国戦没者追悼式に参列し、日本遺族会会長として神前奉告参拝。前日の14日には、国務大臣の佐藤栄作が。また15日には小林武治厚相が、「特別参拝」。
 S39−8−15、両陛下ご臨席にて、第2回の全国戦没者追悼式が、大村銅像の前で。
 S50−8−15、三木武夫総理が乗り込む。
 S51−8−15、「英霊にこたえる会」主催の第1回全国戦没者慰霊大祭。石田和外会長。以後、恒例行事に。
 S53−8−15、福田総理、特参。
  ※安倍晋三氏いわく、昭和54年に「A級戦犯」が合祀をされたあと大平が公式参拝したときシナは何の文句も言わなかったと。
 S56−8−15、鈴木善幸総理、特参。
 S57−8−15、おなじく。※鈴木にもトウ小平は何の文句もつけず。
 S58−8−15、中曾根総理、特参。
 S59−8−15、おなじく。
 S60−8−15、おなじく。※ここでトウ小平が文句をつけた。トウ小平は97-2に死んだ。
  ※佐藤優氏が『世界』2005-1に寄せていた文章によれば、1997-11の橋本-エリツィンによるクラスノヤルスク合意の効果として「…その直前まで中国は、歴史認識の問題で日本にがんがんいっていたのです。あのクラスノヤルスクの直後からその話が消える。中国は日ロ関係の発展をよく見ていました」──とのこと。じゃあS54〜59年までの日ソ間にはどんな蜜月があったと仰るのでしょうか? 牽強付会の「地政学」的な説明が聞きたいものです。

 神社で祈るのに資格はいりません。また、偉い人が自宅に神棚を儲け、神主を呼びつけたって構いません。ではなぜ日本人がわざわざ靖国の社頭まで出向くことに価値があるのか。それは、そこが対外国の戦勝祈念に関しては最も意義の重い「祝詞」の公的空間であるからです。何事かを誓うのにもそれなりの空間が必要なのです。選挙カーの上での誓いは誰も誓いだと思って聴いてはいません。
 靖国は近代神社です。そこで表と奥を分ける必要は無い。参拝は社頭で十分です。否、国会議員であるなら、国民の目から見えない奥に招じ入れられてコソコソと秘密の儀式をやっていてはいけないのです。皇族ならば庶民の目にお晒し申し上げては不敬ですからそれで宜しいのですけれども、代議士に関してはあれがイメージを悪くしています。ほんらい「記帳」をする必要もないのです。

摘録と偶懐──『原爆を投下するまで日本を降伏させるな』

 鳥居民氏の最新刊です。
 まず摘録です。

 ソ連の諜報機関がゾルゲやフックスその他からあつめた情報は、参本など他の機関を迂回して、直接にスターリンの執務室に届けられることになっていた。
 だからバルバロッサ作戦にしろ、原爆の開発にしろ、早くからほとんどの情報は上がっていたのだが、単にスターリンの「これは敵の陰謀だろう」という猜疑心ゆえに、金庫に放り込まれたまま、眠っていた。

 オリンピック作戦の人的損害予測は小さなものだった。
 マーシャルは、最初の30日の損害は、ルソン島作戦の死傷31000人を越えないと述べた。統合参謀本部議長のレーヒーは、沖縄の戦死傷率35%をあてはめれば、その倍の6万になるのではないかといった。
 キングはその中間を予測した。そして米海軍が九州作戦を嫌っていたことは事実である。
 しかし、所要14個師団のうち12個を出すことになる陸軍では大乗り気だった。
 「100万人を救った」説は、スチムソンが親分トルーマンの道義的苦悩を軽くするために1947年の『ハーパーズ・マガジン』1月号に寄稿して流布させた無根拠な数字である。

 日本陸軍は、みずからの内部の戦争犯罪人を自覚するがゆえに、米国に降伏を申し入れることができずに、ソ連などに和平仲介を求めさせようとした。近衛と吉田は、それでは陸軍人たちの身の安全と引き換えにとてもつない譲歩をすることになるであろうと怖れた。

 重臣たちは、かつてドイツのウィルヘルム2世が亡命することとなり、過酷な賠償を科せられたきっかけが迂闊な休戦提案にあったのだと記憶し、皇室抹殺の可能性があったがゆえに、天皇に終戦のことは助言できなかった。

 小磯国昭が南京政府の繆斌に期待した工作は、成功するはずはなかった。なぜなら重慶の狙いは、日本と延安(中共ゲリラ)の連携を防止することにあったので。

 昭和20年6月下旬以降、天皇が得たいちばん貴重な助言は、高木八尺と南原繁によるものだろう。その内容はおそらく「米軍に出血を強いれば米国は皇室維持の問題で譲歩する、との天皇の判断は今後は適正でない。なぜなら3月以降のB-29爆撃は都市部の住民を丸裸にしていくものであり、このまま冬に向かえば必ず国民が、何の手も打てぬ天皇を恨むようになる。その民心離反の実情を米国が知るところとなったら、米政権内での親日派で皇室擁護論者のジョセフ・グルーの影響力が無になろう。その結果、戦後、皇室は潰されてしまう」であったろう。

 FDRの急死で大統領に繰り上がったトルーマンは大学も出ておらず、政府内外の一流人たちから軽輩と見られていることを意識せざるをえず、さらにソ連のモロトフからも侮られたと思った。
 4月25日に初めて、自分が原爆という切り札を手にしていることを知らされたトルーマンは、唯一の相談相手のジェームズ・バーンズと、その最もトルーマンの権威を確立する役に立つ使い方を、謀る。

 こんな兵器が完成直前の段階にあるのならソ連の参戦はもはや無用だがソ連が今後どうするかはスターリンの意志のままであり、やめろと言っても止められるものではない。
 とすればソ連の参戦前に日本の都市に新兵器を落とし、それで以て日本を降伏させて、スターリンに見せ付けてやるのが将来的にベストだ。これでトルーマンも偉大な男になれる。

 この演出を完全に興行してみせるためには日本を原爆投下前に絶対に降伏させてはならない。
 また、ソ連の対日戦への参加日をスターリンまたはモロトフから聞き出す必要が是非にもある。
 なぜならプルトニウム原爆の実験と、二つの爆弾の日本に対する投下準備には、まだなお、手間隙を要したからである。

 このためスターリンが最も恩義を感じている特使ホプキンズを再派した。ホプキンスは、東欧で最大の人口を有し、英国内に亡命政権が存在し、米国内にも移民が多いポーランドを敢えてソ連にくれてやるという約束をしてスターリンを喜ばせた。その代わりに参戦日を聞き出したのだろう。つまりポーランドはトルーマンとバーンズの原爆の演出のために、切り捨てられたのだ。

 トルーマンの日記(と妻への手紙)に、ソ連参戦に関連して「これでジャップはお終いだ」と書かれている。あたかもソ連参戦を喜んでいたようだが、それは歴史家の甚だしい読み間違いなのだ。じつはトルーマンは、ソ連参戦の日が、原爆使用準備完了の日よりもずっと遅くなることを知らされたので、自分のために大喜びしていただけである。

 スチムソンはポツダム宣言の中に、日本の国体護持保証の文言を入れさせようとした。が、トルーマン=バーンズが削除させた。また回答期限も盛り込まなかった。さらに外交ルートでなく、放送だけで日本に届くようにした。これでは鈴木貫太郎も「黙殺」するしかないように、彼らはわざと仕向けたのである。

 アメリカが原爆を独占し、あるいはソ連に圧倒的な差をつけていた1953年までにどうしてトルーマンはソビエトに核攻撃しなかったのだろうか。それは最初の二発の原爆使用が道義的に問題があったと悩んでいたからかもしれない。

 以上が勝手な摘録ですが、今月発売の『諸君!』で中西先生が紹介している1999年の本には、トルーマンは戦後の国連創設の際にもポーランドに関してスターリンに対して大譲歩をしていた、とあるようです。
 対日参戦日を知るためだけにポーランドを捨てたのだという鳥居先生の仮説は不自然でしょう。
 ソ連軍を西ドイツの国境に(緩衝国家ぬきで)直接に対峙させておくことが、戦後のヨーロッパ経営のために有利であると判断したのではないでしょうか。
 あるいはトルーマンにはポーランド人に対する個人的な不快感のようなものが、何かあったのが理由だったかもしれぬと、わたくしには想像できるばかりです。

 それと、マリノフスキーの極東軍はどうしてBTにT-26などという旧式戦車ばかりを揃えて1945年夏に満州に侵攻してきたかの理由は、やはり単純だったのでしょう。スターリンは米国の原爆投下に焦りまくり、異常な見切り発車を命令したのです。それでもあんな怒涛の急襲ができてしまったのです。