TOP PAGE


« 2007年09月 | メイン | 2007年11月 »

ソラ棒もいいね

 近くのお宅で屋根の修繕があり、その仕事に来ていた大工の動かしたバンがものすごい勢いで後退して拙宅の柵の丸太をヘシ折った。おかげで9個ならべて光らせていたうちの、2個のそらだまを撤去せざるを得なくなった。女房のやつはせいせいした顔で「ちょうどいいわ」とぬかしおった。わたしのそらだまがガーデニングの美観を損ねているという、かねてよりの意見なのだ。美観と防犯と一体どちらが重要なのか? ……いや、女にこういう話をしても無駄だ。男の責任で黙って実行あるのみだ。
 さいきん、わたしの熱意がメーカーに伝わったのかどうか、近くのホームセンターに、そらだまの交換用の電池が売られるようになり、また、そらだまの新規なラインナップも見かけられるようになった。そのひとつを試用するときがきたようだ。
 わたしは「ニッケル水素バッテリー」という表記にピンとくるものを感じたので、和歌山県の(株)タカショーの「ステッィックソーラーライト シャンパンゴールド2本セット」(SLL-225C)を買ってみた。\2000-もせぬ売価である。竹槍のようになっているから、どこでも地面に突き立てればよい。
 結論。この性能は、合格だ。心細いほど小面積な太陽電池なのにもかかわらず、また、日当たりが不充分な場所に挿してあるのに、深夜の3時過ぎまで、なんとか輝度を保っている。さすがに、朝まで煌々としている「商品X」には及ばぬものの、わずか1年くらいのあいだで、そらだま技術は着実に進歩を見せている。考えてみれば、(株)タカショーは、「マルチムーン」の輸入元じゃないか。

 参院選のあと「2ちゃんねる」の「ニュー速+」がめっきりつまらなくなったと感じたので、ここしばらく、「トキシックジャンクション」のようなあちら系のユーチューブばかりをみていた。それもあらかた再生してしまったから、こんどは長尺モノが豊富(ニュルンベルク裁判の広報映画まである。「軍靴の響き」の原語は「サウンド・オヴ・ブーツ」だったのねんのねんのねん…)な「WeShow」を巡回しているところだが、英国バージョンで見られるビートルズの動画には慨嘆を禁じ得ぬ。
 厨房の頃は、これっぽっちも覚れなかったことが、いまや分かる。このグループは英本国では、無学歴のノイズメーカーとして、エスタブリッシュメントから顰蹙されていた。しかし、DQNが天才をもつこともある。デビュー直後の1964年頃と、解散後の1972年頃を比較すると、ポール・マカートニーの外見に9年間で蓄積されたのは、ジャンキーの度合いだけである。スチルやジャケ写と違って動画では彼は、白痴としか見えない。しかし、そのジャンキーの頭のなかから、さらにバンドオンザランが出てきた。きっと左利きのモーツァルトも、リアルではこういうタイプだったからこそ、生前は不遇だったんだろう。4人の中で普通の口がきけるのはジョン・レノンだけである。彼がリーダーとしてチームを引率し、女王の前で熱唱しているのはあまりにも自然だ。そして彼が自作しリードヴォーカルをとっている全盛期の曲の数々は、彼が正気でアヴェレージな右利きの地頭をもっていたことを思いつつ聴けば、これまた奇跡的な天才の仕事であったと言う以外にどう評し得ようか。われわれは奇跡を聴いたのだ。

舌鼓打法

 10月8日に、維新政党・新風の「広報ビラ53号」が郵送されてきた。
 じつに良いことが書いてある。クリーンヒットだ。
 ところが、この「広報ビラ53号」を、新風の公式ウェブサイトで閲覧することができない。
 じつにマヌケだ。

 かつて日本映画には同じ役者ばかり出てきた。70年代以降の米国映画はそうではない。これは人材の厚さが桁違いだからだ。ところが米国で「親子大統領」が出た。さらに来年は「夫婦大統領」が出るという。(戦前には「叔父・甥」大統領が出たことあり。)

 政治の最良の人材は、米国ですら不足なのである。もはや役者などは誰でもできるぐらいに周辺のシステムが発達しているのだが、大統領候補は、依然として、滅多な新人にはできぬ特別なスキルであり続けている。
 それを世間に分からせた「大統領の息子の大統領」は疑いもなく、米国の可能性そのものの幅の狭さを世界に印象させてしまった。

 かほどに政治の人材は得がたい。(広報は政治の尖兵である。)
 日本の(共産党をのぞく)政党のマヌケな広報体制があらたまるには人材が改善されねばならない。しかし、それには何十年もかかるだろう。しかたのないことだ。

 以下、ビラ所載の「政党、選挙に関する 新風6つの提言」への意見。

 「3」の投票日は、平日の2日間ではなく、日曜&月曜の2日間とし、月曜午前を半ドンにしてもらうのが、庶民に最も歓迎されるだろう。

 「6」の参議院の改革は、あきらかに無理で、しかも暴論だ。「各界各層からの推薦によ」ったら、新風の既製の候補者で当選する者など、一人も居りはすまい。
 参議院など廃止するのが本筋である。しかし参議院選挙にしか参戦していない新風からは、それを言い出せない。だったら、言及しなければ良い話だ。

 ネット時代にこそ、沈黙による誠実さの担保に心掛けるべきだ。

 なお10月18日には「よねくらホテル」に泊まるので、青森の探奇マン諸君に面会することも可能だ。わたしの秘書に申し込んで欲しい。

恐怖のししがしら

 「クロスライン」に間違いがあった。
 ディズニーの絵本には、若い牡鹿同士が喧嘩をして、一方の角の一部が折れている絵が、掲載されている。しかし、アニメには角が折れるシーンはない。
 絵本の作画をした人に訊いてみたい。「あんたは『ウスリー探嶮記』を読んだのですか?」と。

 また長谷川四郎は、函館市郊外の地名の「七飯」と、民族名の「ナナイ」の一致に、どのような感想を持っていたのであろうか。