TOP PAGE


« 2007年10月 | メイン | 2007年12月 »

ながい様

みかん頂戴しました。有り難う存じます。

『戦略の形成』の担当者様

 ご恵送有難う存じます。通読するのに1ヶ月半かかろうかと思います。皆様良いお歳をお迎えください。

 宮下さま、お心遣い辱う存じました。本日、拝受しました。

滅私袋

 空自OBのT村H昭氏には、わたしは一面識もないのですけれども、自衛隊の三幕(なかんずく空幕と海幕)の経験者のあいだでは、もうこの御仁は山田洋行ともども、O・U・Tだと思われているのではないか。

 というのは、三幕経験者には、武器のプロ、技術のプロが揃ってますわ。それにひきかえ、山田洋行は、出自のゴルフ場についてはすべてを知っているようだが、武器に関しては何も知らない、技術系テキストの翻訳もできない、できない/やらない/わからない盡くしで仲介手数料だけは何億円もせしめてきたという、きわめつけのトンデモ商社らしいという噂が、さすがに北海道の田舎のこのわたしの耳にまで、入ってくるようになりました。

 つまり三幕の制服将校たちは、山田洋行なんていうクソ会社とは、絶縁したくてたまらなかったらしいのだが、それを無理筋で横車を押し通してきた勢力が、内局とT村氏など複数の議員だったのだ。

 いずれも裏は取れない噂の受け売りでしかありませんけども、とにかく山田洋行の良い噂は自衛隊周辺には皆無だ。輸入仲介業者らしい仕事はほとんど何もしないし、またできない会社であるらしいという話ばかりです。
 アメリカのメーカーと必要な調整をやってくれない。必要な書類をつくってくれない。パーツの一覧表も把握していない。
 それでカネをとっていたとしたら、そりゃ税金泥棒ですわね。
 とにかく会社の内部に、武器の技術の話ができる人材がいないんだっていうんだから、事実だったらもはや絶句するしかない。文字通り、ゴルフ専門の不動産屋が、最先端兵器の輸入をしていた――という、ミステリー/コメディになっちまう。

 それで悟ったわけです。ああ、日本国内の武器メーカーも、じつは山田洋行と内局には怒っていたのだなぁ……と。
 だって、こいつらのタッグのせいで、国産できたはずの武器のいくつかが、しょうもない輸入品で代置されてしまったケースが、いくつもあるんですよ。

 たとえば、ホバークラフト艇。強襲揚陸艦モドキの『おおすみ』級に格納して戦車を上陸させる、アレですよ。あれは、一時は国産(三井玉野)で決まっていたものだ。艦船マニアには周知の話ですけど。
 それが政治家と内局筋の圧力でひっくり返されて、飛行機だけでなくフネにも知識皆無の山田洋行が、なぜかLCACの輸入を仕切ることになりました。これも軍事メディアには既報のハナシ。

 しかし、運用側の海上自衛隊に言わせると、山田洋行は本当に何もしてくれなかったそうですね。ぜんぶ、ペーパーワークも技術的交渉も海幕がやったようなもんだ。それで手数料が数億円? ふざけんじゃねえ、という話になりますよ。
 それで海幕が、山田洋行の仕事ぶりではもうお話にもならないから、三井玉野に輸入代行をさせようという動きをみせたとたんに、T村議員がすっとんできて、山田洋行を変えるな、とゲンメイして行ったという。

 白昼に、国家叛逆が行なわれていたんですね。
 兵頭は、この話を最近まで知りませんでした。知ってたら、このブログでもっと早く注意を喚起したでしょう。

 わたしは貧乏人なので、いまだに『自衛隊装備年鑑』は2003-2004年版(平成15年7月刊、4200円+税、神保町の書泉グランデで購入)を見てるのですが、表紙をめくると、最初の見開き広告が、山田洋行ですよ。三菱重工より先に載っている。
 ハッキリ言わせてもらいましょう。
 業界関係者と部内の幹部は、みんな、山田がド腐れだってこと、とっくに知ってたんでしょ?
 三幕経験者の制服OBで、テレビや雑誌で評論めいたことをしゃべったり書いたりしている人たち、あの人たちも、みんな、山田洋行がこんな会社だっていう噂を、何年も前から、聞いたことがあったはずだ。
 そしてその人たちは、一人の例外もなく、今のいままで、その情報をオープンには、してこなかった。世間に警報すべきだとは思わなかった。不作為の作為で、国家叛逆を隠してきた。
 やめなよ、そういう人たちは。評論家の肩書きを名乗るのは。

 みんなも気付きなよ。MDは当たらないってことを。防衛の奥の院に詳しそうな経歴の論筆家の言うことなんて、隠し事だらけだってことが、ついにハッキリしたんですよ。彼らは、隠してはいけないことを隠してきた。要するに彼らには愛国心は無かった。皇室および国民と安危をともにしようという、武人らしい気概など全く無いのです。
 防衛省の、いや、日本政府の最大のスキャンダルは、国ぐるみでMD詐欺に乗ってることでしょう?

八丈島の虚夢

 よいこの諸君、PHP文庫の今月の新刊は買って読んでくれたかな? これがもしバカ売れすれば、『有坂銃』『イッテイ』などの文庫化も可能になるので、積極的に買いましょう。

 それから言い忘れたが、「平成19年度・防衛省オピニオン・リーダー視察」の写真付き報告が、「資料庫」の方にアップロードされています。知らなかった人は、あわてて Check!

ホトトゲス

 東京地方では明日(11月15日)発売のベッタカ(別冊宝島)をご注目ください。タイトルは『「南京大虐殺」という陰謀』。

 ふだんは雑誌記事は宣伝しないのだが、ベッタカは増刷になると稿料を追加して振り込んでくれるので、これはもう、「するな」と言われても宣伝をしたくなるのだ。見本誌も入手した。こいつはイイね。

 ついでに『別冊正論』にも目を通していただけると幸いです。(ベッタカより発売日が4日も早いのに、まだ見本誌が配達されぬ……まあ、いつものパターンなのだが)

万事ゆのみ

 「シャッター通り」化も進行する、駅前をはじめとした函館市心部の再開発がなかなか進まぬ事情を、ボンヤリ者のストレンジャーが理解するのには5年くらいもかかっちまう。
 この市の旧くからの一級の市街地が、ごく限られた家族によって所有されてきたのだという話は、引っ越した当初から不動産屋さんから聞いてはいたのだが……。
 その旧くからの一等地の最大のホールダーのひとつがどうやら相馬家と仰るところらしくて、この人たちは将来も誰にも土地を売る気はないと聞く。
 その土地管理をしているらしい「相馬株式会社」のHPに、代表取締役の福本さんという人と、取締役の成元さんという人の名前が見えるが、同姓同名が、(株)山田洋行のHPの取締役にも見える。
 ゴルフ場つながり、なんでしょうか? いや、単なる野次馬的な興味なんですけど。

かかる刀匠ありき

 「さかきまち」と聞いて聞き覚えがある人は、北信地方のローカル・ニュースをBGMにして育った人を除けばきっと少数でしょう。表記は「坂城町」と書きます。
 長野市育ちのわたしですが、そこが刀工の一大根拠地になっていたとは知りませんでした。

 じつはご近所の測量士の方から、「刀匠宮入行平・小左衛門行平 父子北海道展」が隣の七飯町の歴史館で3日より開催されると教えてもらいましたので、それならばと、一緒に初日に出掛けて参った次第です。
 この小左衛門さんが、坂城町のご出身。人間国宝の家業をすんなり継ぐのを潔しとせず、高校のハンドボール部の先生の伝手で、2年間、函館の大沼の牧場で働き、それから意を決してあらためて刀工の道に進まれたという。いや、人生いろいろなんですね。

 ちなみに測量士さんも、珍しくも福井県の武生というところまで行って包丁鍛治となって、ご実家のご都合で数年前にUターンするまで、6年もそれを続けていらしたというのだから驚きだ。まさか同じ町内に、『陸軍戸山流で検証する 日本刀真剣斬り』の読者がいようとは予期いたしませんでした。しかも、この催しのことは、甲野善紀氏のHPでご承知になったそうだ。

 確認のため、七飯町のHPにアクセスしても、この展示企画の情報は掲載されていません。田舎はこれですからな~。博物館というハコがあり、インターネットというシステムがあっても、オペレートする人がいなければ……。

 で、そういうことなら、もしや近郷近在の隠れた武道家の方々もやってくるのかも……とも予想しておりましたが、そのような風体の方はお見掛けはせず、そのかわりに、小左衛門さんご本人がその場でいろいろとお話をしてくださいました。
 刀匠の方からじかにお話をきいたのは、わたしは初めてであります。測量士さん、有り難う。

 素材となる古鉄(明治以前の鉄)は、いまや、解体される土蔵の鉄窓や、蝶番の金具などを、全国から集めなければならぬような状態であるようです。古釘(四角い和釘)は、古い屋敷を壊したとしても、ごく僅かの量しか、得られないそうです。そもそも、江戸時代の建築では、あまり釘を使っていないからです。

 1本の刀を打ち上げるのに、だいたい、120kgから150kgもの松炭を燃やすことになるのだそうです。松炭は、すぐ灰になるので、不純物が刀身に混入しにくいというお話でした。

 武道家からの注文で刀を打ち上げることもあるそうですが、平生「模擬刀」で練習をされている武道家は、本身のバランス(先が重い)を知らないので、模擬刀のバランス(根本が重く先が軽い)を再現するようにリクエストしてくるので、刀匠としては不本意な作品になりがちだということも、素人なりに理解しました。

 また小左衛門さんが理想視する刀身は、南北朝時代のスタイルであるそうです。

 測量士さんからは豆知識も得た。包丁の鋼(スチール)部分は、全幅の三分の一ぐらいなんだそうで、あとは鉄(アイアン)が接合されている。ですから、寿司屋が毎日々々包丁を研いで、もとの大きさの半分にまで磨り減ったとしたら、それはもう、包丁の切れ味なんかなくなっちまうわけですな。

 この七飯の歴史館は過去に二度、見学したことがあったのですが、今回、測量士さんの指摘で、ひとつ発見をしました。
 常設展示品の中に「永禄十一年」の銘のある和鞍があるのです。これは西暦にすると1568年、織田信長が上洛した年だ。ホンモノだとしたら、大した古物ですよ。
 江戸時代の武士が戦国時代風を哂って「元亀・天正」といったものですが、永禄はその元亀の一つ前の元号ですからね。

 さいごに余談。民主党の小沢氏は、若い時に法学コースを勉強したくせに、近代的自我が身に着かなかった。「ムラに預けてしまいたい自我」しか、持ってないのでしょう。その「ムラ」は、どうやら彼にとっては、「彼の心の中にある国連」らしい。そしてその根源の動機は、ユニークな強度の「米国恐怖」ではないのか。
 自分で自我をもつと、心地が悪い。小沢氏がみずからは首相をめざさなかった理由は、「ナンバー2でないと日本の政界では理想を行なえない」と、徂徠学流に信じていたからではなかったのです。
 以上は、3日に届いた『諸君!』の田久保論文を読んでいて、ふと、思い至りました。