TOP PAGE


« 2010年10月 | メイン | 2010年12月 »

JALは「割愛」空自パイロットだけは流出させるな 2010-11-17

 ナショナルフラッグキャリアーであるこの親方日の丸航空会社が、かつて人手不足でとても困っていたとき、空自と海自から、優秀なパイロットが何人も「割愛」された。それがいま、17~18人くらいも、「自主退職」を強要されんとしていると聞き及ぶ。

 この自衛隊出身者が解雇された場合に、もっか人手不足な上、フランスからエアバスを120機もポンと買うとかいう中共の航空会社に再雇用され、空自や海自の秘密が流出してしまうという、困った事態すら想像される。F-15、F-2A、P-3Cの運用上のノウハウを、彼らは持っている。シナ民航は、パイロットさえ調達できるなら、飛行機は何機でも買うつもりだ。

 バカ右翼は分かっていないが(そして煽り屋の「シナ専門家」は、分かっていてわざと逆のことを叫んでいるが)、中共軍の最弱メンバーが空軍なのだ。話にならぬくらいに弱い。尖閣上空に領空侵犯する度胸も腕もない。そんなレベル。
 基本的に地上からのリモコンである宇宙軍拡とは違い、空軍の精強化だけは、シナ人の独力では、文化的に絶対に不可能なのだ。だからシナ人スパイの関心も、西側の空軍のソフト面に対して照準が合っているわけだ。

 防衛庁に泣き付いて割愛させたはずなのに、1尉から3佐でせっかく転職してきた彼らパイロットに対するJALの処遇はBADなものだった。その年齢相当に機長訓練を受けさせようとはしないで、他の副操縦士よりも訓練を受ける順番を遅らせ、そして今、けっきょく副操縦士のままで、シャバへ放り出そうというわけだ。機長経験がないのでは、他の航空会社への転職も難しい。

 自衛隊では「恩給」を十分に積み立てていなかった上、民間に移ったあとの日数も足りないので、彼らは企業年金も受けられないという、崖っぷちでもある。ここにシナ企業が甘い話で誘いをかけたら、どうなるのだ?

 企業には確かに解雇権がある。しかし、JALは純然たる民間会社ではない。親方日の丸同然であることは誰でも知っている。「割愛」からのいきさつを考えれば、やっていいことと悪いことがある筈だろう。

※兵頭先生より何故か書き込みができないため、管理人が書き込みしております。
↓で兵頭先生の軍事ニュース紹介が読めますよ。
Podcast28_Military_News_Blog
http://podcast28.blogzine.jp/milnewsblog/

偶成 2010-11-10

これまでは 淡なる捕吏と思ひしに 破魔のさきがけ弓をひきたり(二十八)


※兵頭先生より何故か書き込みができないため、管理人が書き込みしております。
↓で兵頭先生の軍事ニュース紹介が読めますよ。
Podcast28_Military_News_Blog
http://podcast28.blogzine.jp/milnewsblog/

「読書余論」 2010年11月25日配信号 の 内容予告

▼豊田有恒『長編歴史小説 北方の夢 近代日本を先駆した風雲児ブラキストン』1999-4
 著者には『いい加減にしろ韓国』などあり。

▼竹内運平『箱館海戦史話』復刻S55、原S18-7

▼海洋・東アジア研究会編『海上保安庁進化論――海洋国家日本のポリスシーパワー』2009-5
 韓国はシナとの係争地の蘇岩礁にさっさと巨大な鉄筋15階ビルを建て、レーダー基地化してしまうことによって、シナ政府を黙らせた。面子潰れなのでシナ政府は国内では一切報道させていない。

▼中田祝夫・校注&訳『日本古典文学全集 6 日本霊異記』S50、小学館

▼篠原昌人『陸軍戦略の先駆者 小川又次』2000-7
 ※この著者のとりあげるラインナップが渋い。

▼朝永三十郎『近世に於ける「我」の自覚史』S16repr. 初版大5
 軍国主義と哲学は、ベルリンのヘーゲルが初めて一致させた。それ以前のイェナ時代には理想主義があったが、その理想が挫折し、下地ができた。
 唯物史観も理想否定の根は同じで、それを政治的に表現したのがビスマルクに他ならぬ。ヘーゲル、マルクスとビスマルクがWWIの種を播いたのだ。

▼武井群嗣・田中好『土木行政』(自治行政叢書VOL.9)S10-10
 国防事業の土地収用は天皇大権だから行政法規と無関係。

▼海軍航空本部『金星発動機五〇型取扱説明書 改訂第一版(51~54型)』S17-6

▼『タンバク毒素』上・下、S47
 炭疽菌に抵抗力のある動物は?

▼長野 朗『暗雲ただよふ 満蒙』S6-11

▼永岡慶之助『散華・会津藩の怨念』S52

▼永岡慶之助『会津戦争始末記』S48

▼東洋協会調査部ed.『北鮮三港と日満通商関係』S18-8

▼樋口清策ed.『自然及経済地理概説備考』S12-6

▼原田二郎『戦闘神技 戦術の常識』S18-12
 ※ガダルカナル・ショックの緩和のために書かれた本。

▼榊原平八『代用食 芋と南瓜の上手な食べ方』S20-10

▼神奈川県食糧営団ed.『決戦食生活工夫集』S19-12

▼及川道子『いばらの道』皇紀2595年刊

▼神崎照恵ed.『新更論集』S8-7所収、伊東政喜「兵器を中心とせる国防問題」
 無線戦車の話が出る。

▼隅部一雄『大陸と科学』S13-10
 戦前のタクシー事情など。

▼伊崎浩司『討伐日記』S17-12

▼張君約・著、藤田実tr.『支那屯田兵制史』S17-1
 圧倒的な事典である。

▼日野開三郎『中世支那の軍閥――唐と五代の藩鎮の研究』S17-11

▼北山康夫『北支那の戦争地理』S14-12
 なぜ北京が首都になったかの軍事的説明。

▼藤村駒蔵『函館図書館叢書 第十一篇 嗚呼瓦全の僕』S10-3

▼井坂錦江『水滸伝と支那民族』S17-5
 大相撲が国技? まるっきりシナの発明品だったということが分かるよ。

▼日本工業協会ed.『物資動員』S14-4
 飛行機の羽布は「麻」であった。
 ◆  ◆  ◆
 「読書余論」は、主に軍事系の古本を、兵頭が注目した一斑の摘記や読書メモによって紹介し、他では読めないコメントも附しているものです。(配信されるファイルはPDFスタイルです。)

 あまりに多すぎる過去の情報量の中から「兵頭はここは珍しいと思いました」というポイントだけ要約しました。

 大きな図書館に毎日通えない人も、最低費用で、過去の軍事知識のマニアックな勘所に触れることが可能です。
 また、ミリタリーしか読んで来なかった人には、他分野の情報が、何ほどか有益かもしれません。

 「読書余論」は、毎月25日に「武道通信」から最新号が配信されます。1号分の購読料は500円です。
 バックナンバーも1号分が500円で、1号分のみでも講読ができます。
 過去のコンテンツは、配信元の「武道通信」のウェブサイト
http://www.budotusin.net
 の「読書余論」で、タイトルが確認できます。

 ウェブサイトでわからない詳細なお問い合わせは、(有)杉山穎男事務所
sugiyama@budotusin.net
 へどうぞ。


※兵頭先生より何故か書き込みができないため、管理人が書き込みしております。
↓で兵頭先生の軍事ニュース紹介が読めますよ。
Podcast28_Military_News_Blog
http://podcast28.blogzine.jp/milnewsblog/