TOP PAGE


« 2013年11月 | メイン | 2014年01月 »

なぜ韓国隊の隊長は急に「弾薬が足りない」と焦ったのか、その理由について。

 2013-12-22に南スーダンの難民地区警備担当の韓国軍の隊長が、小銃弾が足りないので分けてくれと近所の自衛隊に乞うてきたので23日に1万発をめぐんでやったという報道だが、この韓国人隊長の決心の背景(もしくは底意)が何なのか、不審であった。
 しかしストラテジーページに以下のような記事があったので、理由を推察し得た。
 この韓国人隊長は、米軍発の最新の「戦訓まとめ」情報を読んで、焦ったのだろう。

 記事は「Things You Need To Know To Survive Combat」というタイトルで検索すると出てくる。ストラテジーページには2013-12-27付でアップロードされた。毎度のことながら、ソースは明記されていない。
 しかし元ネタとしての米軍情報が27日よりも早く世界中の紛争地帯のPKF/PKO諸隊に対して公表配布されていたと想像することはゆるされるだろう。韓国人隊長は、本国の参謀本部でハングル訳されたかしたその「戦訓まとめ」をFAXかメールで読んでしまい、焦ったのだ。

 以下、抜粋抄訳。
 イラクとアフガンで米軍は、いろいろな貴重な戦訓を得ている。その一部はこうだ。
 おまえの基地・陣地を離れるときには、常に銃器は手放すな。
 弾薬は、持てるだけ持っていろ。
 緊急事態では、弾薬はいくらあっても困るということはないのだ。予備マガジンは1人で最低14個以上確保しておくのが、良い心掛けである。
 ※つまり30発入り弾倉を14個。これだけで1人420発以上もが必要。

 もし、おまえが乗っている車両を棄てて徒歩で飛び出さなくてはならなくなったとき、弾薬は車内から全部持ち出せ。その弾薬しかお前を守る確かなものはないのだ。
 大量の弾薬を徒歩で携行する方法は、よく見回せば、必ず見つかる。イラクでもアフガンでも米兵たちはその方法を発見してきたのだ。

 銃戦中、弾倉を交換するときは、頭を地面につけ、全身を低くし、おのれを最大限、遮蔽しておこなえ。暴露した姿勢で弾倉交換をするな。必ず撃たれる。

 現地では、常に射撃訓練をしていること。それも、距離800mでやること。それより短いのはイラクやアフガン〔やアフリカ〕では実戦的ではないから。
 パトロールの前の日に、800m射撃訓練をやっていたかいないかで、まさにその兵士の生死は分かれているのだ。
 ※この訓練用の弾薬だけでもたいへんな数量が必要なわけだ。

 車両で走行中に狙撃されたら必ず撃ち返せ。それで敵は動揺し、その照準は甘くなる。
 子供たちに菓子類を投げ与えないこと。それをやると子供たちは車両に近づきすぎるようになり、必ず轢き殺す。親は自宅からAK-47を持ち出して、おまえに復仇するまでつけねらうぞ。
 ※戦地では内地と違って「超乱暴運転」がむしろ安全であるとして推奨されているため、交通事故はいつでも起こる可能性がある。余談だが、この超乱暴運転に慣れてしまった米兵が復員すると、市街の交差点で、頭がおかしいんじゃないかというような事故を起こす。

 銃撃戦で敵兵が倒れたけれどもまだ死んでおらずに動いているように見えたとき、必ずトドメを刺すべし。確実に死んだと思われるまで射撃しろ。

 一般のトラックのようなソフトスキン車両は弾防ぎの足しにはほとんどならないから、それを楯に銃撃戦をしようとは考えるな。かならずコンクリートか鋼鉄構造物の背後に遮蔽すべし。
 非装甲車両が銃撃戦のさなかに動けなくなったときには、走ってその車両からできるだけ遠ざかれ。

 地元住民のクルマや人で混雑する道路でおまえたちの乗った車両が渋滞し、しかも近辺にはゲリラが潜伏している可能性があるという場合に、とても役に立つのは手榴弾である。三種類持って行け。
 まず発煙手榴弾。これを車外に転がせば、住民どもの車両はサーっとスペースをあけてくれるのでおまえの車両は動くことができる。もし逆に近寄ってくる奴がいたら、そいつはテロリストだから、催涙手榴弾か破片手榴弾を転がせ。車両のボディは手榴弾の破片くらいは防いでくれるのでなんとかなる。
 教訓。このシチュエーションでは、安全ピンは、必ず、窓の外にて抜くべし。車内では安全ピンには触るなよ。
 教訓。まったく車両を動かせない状態で催涙手榴弾をすぐ近くに転がせば、どうなるかは分かるな? 七転八倒するのはおまえだ。

 味方の兵站段列で常用しているメイン・サプライ・ルート(Main Supply Route=補給トラック隊の通り道) は、覚えておけ。そしておまえは絶対にその道は走るな。敵ゲリラは、MSRを狙うにきまっているからだ。

 車両に乗る全員に、道路地図を配っておけ。特に交代運転手(ドライバーが撃たれたときに代わる要員)には、運行の目的と、敵情とを、よく承知させておくこと。

 ※そこで疑問だが防衛省は現地の自衛隊に三種類の手榴弾を十分に補給しているのか? 自衛隊に乞食なんかさせるなよ。

別冊正論 20号 に 誤記一箇所

 あるので、ここで修正したいと思います。
 それは175ページの小見出しで、

 テレビの報道番組による「嘘」の刷り込み犯罪には公平な「補償」などあり得ない

 とありますけれども、これは正しくは、

 テレビの報道番組による「嘘」の刷り込み犯罪には衡平な「補償」などあり得ない

 なのであります。

 ここでは補償の話をしているのですから、「公平」ではおかしいのです。「衡平」でなくては意味が通じないでしょう。
 わたしが著者校正した段階では、ちゃんと「衡平」となっていたのに、誰かが最後の段階で「公平」に直してしまたようです。
 余計なことをしてくれました。

 しかしそれ以外は、主タイトル脇の柱文を除き、わたしの書いたとおりでございます。
 面白くてためになるので、皆様ぜひ、ご一読ください。

フロンティヌス戦術書を1921年に英訳したベネット教授について

 本日は、都内の大書店に『[新訳]フロンティヌス戦術書』が搬入されます。夕方にはPHP新書のコーナーに並んでいるかもしれません。

 英訳者のC・E・ベネット氏については、ウィキペディアの英文版くらいしか紹介情報がないので、ここで兵頭が抄訳しておきます。
 チャールズ・エドウィン・ベネット(Charles Edwin Bennett)は、米国人で、1858年4月6日の生まれ、1921年5月2日の没。
 さいごはコーネル大学のラテン語教授でした。
 彼が書いた『新ラテン文法(New Latin Grammar)』(1895年初版)は、いまでも再版されて売られているそうです。

 生誕地はロードアイランド州プロヴィデンス。
 ブラウン大学を1878年に卒業すると、まずフロリダの中等学校で最初の教職キャリアをスタートさせ(1878~1879)、次いでニューヨークの学校に転職します(1879~1881)。
 そのあと、ハーヴァード大(1881~1882)とドイツの大学(1882~1884)で、彼はさらなる研鑽に励んでいます。
 そののち、ネブラスカ州で教職に就き(1885~1889)、マディソンにあるウィスコンシン州立大学で1889年にラテン語の教授になっています。
 続いて1891年にブラウン大学で古典言語学の教授となり、1892年に、コーネル大学のラテン語教授に就任しました。

 彼の構文法(シンタクス)研究、すなわち仮定法に関する著名な諸論文は、ラテン語文典を統計学的に調べ直すという作業から生み出されたもので、その新しい用語例整理体系は、注目されました。
 彼は、「利用可能なラテン語文典の全データを、まず再調査すべきなのだ」と強調し、斯界をリードした一人でした。

 彼の重要な業績は、音の長短をリズムの基礎とするラテン詩朗詠法を強調したことです。彼が編集人の一人であった紀要『コーネル大学古典言語学』第9号に所収された「最近のいくつかの仮定法理論に関する批判(Critique of Some Recent Subjunctive Theories)」(1898年)に、それは論述されています。

 そして Schulgrammatik 〔学校文法〕という当時のドイツ最新の言語理解アプローチ法を、最初に学問的にアメリカに紹介しようとして成功したのは、1895年刊のベネット著『ラテン文法(Latin Grammar)』でした。

 ベネットは、ラテン語古典シリーズをいくつか編集しています。すなわち、タキトゥス著の『Dialogus de Oratoribus』(1894)、キケロの『De Senectute』(1897)、およびキケロの『De Amicitia』(1897)です。

 ベネットは、1900年には、中等学校向けのギリシャ語とラテン語の教科書『The Teaching of Greek and Latin in Secondary Schools』を出版。
 1907年には、George P. Bristol との共著で『The Latin Language』を上梓。
 1902年には、William Alexander Hammond との共訳で『The Characters of Theophrastus』を公刊。
 そして、ローブ古典文庫(Loeb Classical Library)所収の、『ホラティウス詩撰集(Odes and Epodes of Horace)』も訳編しています。

 以上が主な業績のようですが、次のような著述もあります。
 『ラテン語の基礎(Foundations of Latin)』1898年刊。
『ラテン語学習(Latin Lessons)』1901年刊。
 『カエサルのガリア戦記(Caesar's Gallic War)』1903年訳刊。
 『キケロ名演説選(Cicero's Selected Orations)』1904年訳刊。
 『ラテン語作文予習(Preparatory Latin Writer)』1905年訳刊。
 『初期ラテン語の文構造(Syntax of Early Latin)』上・下、1910年刊。
 『新・ラテン語構文(New Latin Composition)』1912年刊。
 『新・キケロ選集(New Cicero)』1922年刊。

 最晩年にフロンティヌスの英訳を手がけている動機は、やはり第一次大戦でしょうね。留学先のドイツが敵国となったショックが大きかったのではないかと拝察します。享年63。

本日、都内の大書店に『兵頭二十八の農業安保論』が配本されます。

 TPPに関心がある人は、必ず『兵頭二十八の農業安保論』をまずお読み下さい。日本の真の強みと中共の弱点もよくわかる本です。

 ついでにこれからの出版予定。
 12月11日にPHP研究所から『【新訳】フロンティヌス戦術書』が発売予定。古代地中海~ガリア地方の500もの戦例を、帝政ローマ時代の軍事行政官が、若い後進の参考になるようにまとめて解説した参考書です。本邦未訳。

 12月16日には産経新聞社から『別冊正論』が発売予定。反日労組が工作し放題の戦後NHKと、1920年代から一貫して内務省の監視下に敵電波プロパガンダ防遏の国防使命を担っているBBCが如何に「似て非なる組織」であるかを説明し、NHKのふりかざす「外国でおこなわれていることと同じですよ」というレトリックが、英文ネット検索ができぬ日本の情弱大衆を侮った単純な嘘であることを、わかりやすくお教えします。「NHK芸能人」になるつもりのない評論家にしか書けない「受信料」の法哲学的批判。

 12月下旬売りの月刊『BAN』では、日本版NSCと特定秘密保護法の意義等について論述していますが、同誌は警察官のみなさんしか購読できない雑誌ですので、ここで補備的に解説をしておきましょう。戦後の日本は外交的に「奇襲」「攻勢」「イニシアチブ掌握」ができない国でした。たとえばの話。北鮮に日本から政府要人が飛んで行き、「不法に連れ去った日本人をいますぐ返せ」と要求したとしましょう。これを北鮮政府が拒否した場合、普通の国であれば、即日に「報復」「制裁」の措置を取って、相手に日本の恐ろしさを分からせ、強圧をかけてやることができる。全国のパチンコ店を一斉に「賭博」容疑で摘発するとかね。それは、事前に「秘密」の保たれる「NSC」内で段取りを打ち合わせて決めておくから、奇襲的・機動的に実施のできることなのです。敵の出方に応じて即座に、次々と強硬政策を実施して見せて、敵を狼狽させ、追い詰めることができるのです。イニシアチブが取れる。ところが従来の日本では、外務省内にいるスパイ役人、政府内の売国大臣やその秘書、与党内の腐敗議員、反日政党らが、政府内の「打ち合わせ」の開始とほぼ同時に、その議論の内容を逐一ぜんぶ中共や北鮮へ漏らしていた。すると北鮮や中共は、日本国内の売国反日勢力をすぐに総動員し、日本政府による「報復」も「制裁」も何もできないようにしてしまうことは、お茶の子であった。だから日本の政治家が北鮮に飛んでいって何か交渉しても、「迫力」というものは伴わなかったわけです。敵も日本の決定力の弱さを見透かしているから、事態は何も好転しないということになる。しかし特定秘密保護法にガードされたNSCが立ち上がれば、日本国は、敵政府をスピーディにどんどん脅し上げることができるようになるのです。敵は事前に情報が得られないので、それを反対工作で潰すための時間の余裕が得られません。さらにこの体制がスタートして数年も経つと、若手政治家と官僚諸君は次のことを理解する。「NSCに入れない者は、誰も日本の政治中枢にポストを得られない」と。つまり、「キミが将来偉くなりたかったら、若いときから、売国勢力には近づくなよ」「シナ人や朝鮮人や韓国人とは、友達になるもんじゃないぞ」という、日本の公人としてのあたりまえのモラルが確立されるのです。旧社会党的な政党は、これでもうおしまいでしょう。彼らが眦を決して反対するのも、尤なことかもしれません。

「読書余論」 2013年12月25日配信号 の 内容予告

▼史學会ed.『明治維新史研究』S4-11(つづき)
 天正7年に二条城で信長が見たのは「地球図」であって地球儀ではない。

▼杉原・天野『横浜のくすり文化』H6-1
 応仁の乱以後、金創医が登場した。まず気付け薬を与え、次に血止め薬。

▼加登川幸太郎『三八式歩兵銃――日本陸軍の七十五年』1975
 松下芳男の『軍政改革論』は、陸軍は北鮮国境と内地海岸を警備するだけでいいからもっと軍縮すべきだというもの。

▼防研史料 『昭和2年度 陸軍造兵廠歴史』by陸軍造兵廠総務部

▼岡沢正、他『告白的「航空化学戦」始末記』1992-10
 持久ガスは、一度だけ、S12-12の保定会戦で、6Dが、敵の後退路にイペリットを撒いたという。

▼長瀬鳳輔『巴爾幹の将来』大9

▼『偕行社記事 No.197』M31-7
 新弾丸の威力をテストするための人間の死体の準備方法。

▼防研史料 『火工部(料薬火工兵器関係)』
 海軍機が夜襲のときに使用したさまざまな火工品の試験や実験、表。

▼防研史料 『JR爆雷』
 磁気感応爆雷である。

▼防研史料 『火薬火工兵器』海軍省教育局S14-4-1
 揚子江での対機雷処理には、鉄鎖を切るための加工品が必要だった。それを帝国海軍はいかに工夫したか。

▼防研史料 『基地関係綴』S18~20
 元海軍大佐の永石正芳が作成した細字ビッシリのおそるべき資料。敗戦間際に本州に建設した海軍関係の滑走路の諸元がぜんぶ網羅されている。航空基地にとって、最寄の鉄道駅が大事だったことも分かる。桜花四三乙型(有人地対艦ミサイル)の発射陣地選定に関する、S20-6-14の方針も貴重。

▼佐伯正明ほか著『恐怖の人間爆弾「桜花」発進準備よし』1991
 光人社のリバイバル戦記コレクション。航空特攻は「単座機」がシステムとして効率的であり、多座機を道連れとしてしまう初期の空対艦型の桜花は、システムとして大失敗だったことが、あらためて得心される。

▼『放送五十年史 資料編』S52-3
 NHKは戦時中、米軍のサイパン放送に対して、S19-12-26からS20-8-29まで「防圧放送」を実施した。ノイズ・ジャミングである。

▼日本放送協会『放送五十年史』S52-3
 BBCはS18-7から、サンフランシスコから日本語放送を開始している。
 4発機は、エンジン音が、うなりとうなりの間に3拍子休止が入るように聴こえたので、味方双発機と区別することができた。
 オールウェーブ受信機はS20-9に解禁された。

▼大野貫二『わが国対外無線通信の黎明期』S51-3
 WWIまで米も、英のワイヤとワイヤレス資本の風下だった。これではいかぬと、国策会社のRCA=Radio corporation of America を設立。

▼郵政省通信政策局ed.『情報通信ジャーナル』1997-8月号
 埋設ケーブルは、水害には弱い。土砂ごと流されることあり。

▼『國際電氣通信株式會社史』S24-9 非売品
 在外の外交官や特使と、有線によらずに無線で連絡を取り合うことができなければ、そもそも外交交渉などできやしないのだということに、日本は列国の中でいちばん気づくのが遅かった。あわてて特殊会社をスタートさせた、その経緯のすべて。

▼アンソニー・スミス『ヨーロッパの新聞と助成政策』S52
 オランダではいかなる宗教・政治団体も、みずからのテレビ局やラジオ局を創れる。
 スイス新聞は第一面に論評があり、どの政党に投票すべきか、繰り返しアドバイスする。

▼R.N.ヤン他『オフロード車両の走行力学』
 デュアル・タイヤから、シングルの大型タイヤに変えると、全接地面積は減少するが、浮力(flotaion)や機動力を改善できる。

▼郵政省 電気通信局 電波部 移動通信課・監修『マルチ・メディア・タワー ガイド』H2-2、(株)ペーパーハウスpub.
 大都市部で高周波の移動体無線を実現するためにはGL300mタワーが必要だが、ビルの屋上にそんなものは建てられない。だから共同タワーが必要になる。

▼綱島理友『東京タワーのペンキ塗り』1993

▼大瀬甚太郎『続欧州教育史』大8repr. 初M40
 ドイツの19世紀初めの教育者は、貧困層出が多かった。

▼H・G・シェンク『ロマン主義の精神』

▼オットー・ヒンツェ『身分制議会の起源と発展』
 自治都市的な構造の国は、身分議会制を排した。

▼佐藤栄一『核防条約』
 中共の陳毅副総理は、1965-9-29の記者会見で、AA諸国の核保有国が多くなれば、事態はいっそうよくなる。シナはそれを望む、と。

▼Glanville Williams『イギリス法入門』原1982
 コモンロー上は妻の財産権はなかった。そこでエクイティ上に設定された。
 英法廷では、立つと座るとに関係なく、手は体側につけてしゃべること。
 ◆  ◆  ◆
 「読書余論」は、主に軍事系の古本を、兵頭が注目した一斑の摘記や読書メモによって紹介し、他では読めないコメントも附しているものです。(配信されるファイルはPDFスタイルです。)

 あまりに多すぎる過去の情報量の中から「兵頭はここは珍しいと思いました」というポイントだけ要約しました。

 大きな図書館に毎日通えない人も、最低費用で、過去の軍事知識のマニアックな勘所に触れることが可能です。
 また、ミリタリーしか読んで来なかった人には、他分野の情報が、何ほどか有益かもしれません。

 「読書余論」は、毎月25日に「武道通信」から最新号が配信されます。1号分の購読料は500円です。
 バックナンバーも1号分が500円で、1号分のみでも講読ができます。
 過去のコンテンツは、配信元の「武道通信」のウェブサイト
http://www.budotusin.net/yoron.html
 で、タイトルが確認できます。

 PDF形式ではない、電子書籍ソフト対応の「一括集成版」もできました。詳細は「武道通信」で。

 ウェブサイトでわからない詳細なお問い合わせは、(有)杉山穎男事務所
sugiyama@budotusin.net
 へどうぞ。