TOP PAGE


« 2014年06月 | メイン | 2014年08月 »

うれしいお知らせがふたつ

 まず、『兵頭二十八の防衛白書2014』が増刷になった。
 正直、いくら草思社さんでも、これの増刷は無いとわたしは踏んでいたが、世間では重大な関心を持ってくれたようだ。

 すでに告知した以上の修正を、「2刷」に反映します。
 たとえば、「海監」は2013-7-22に「海警」に統合されているので、表記を変更します。

 この本がどんどん売れると、防衛省は、わたしがつきつけた疑問点につき、いつものようにはシカトができなくなります。だから「オスプレイ」に反対するサヨクの人も買おう!

 あと、来年度版では写真をひろく募集します。次は30枚も使えることになった。使用料は1枚3000円です。もし、圧倒的にすばらしい写真を30枚用意してくれたなら、その人には「3000円×30」をお支払いするわけですよ。理論的可能性としてはね。
 こんかい、〈オスプレイはダメ飛行機だ〉とさんざん書いておきながらその写真が無かったので、やはり残念でしたからね。
 あいかわらず役人の言うなりの小野寺君がまた小笠原でアピールしてるんだけど、父島や母島からの急患の輸送だけが大問題なら、筋として、小笠原村の上級自治体である東京都が、都の消防隊のヘリコプター装備予算として、オスプレイでも何でも(ゲタ履き水上機ならば同じ金額で何機買えることか)揃えるべき話。でも、小笠原近海で遭難した遊覧船やプレジャーボートや漁船や貨物船の救難には、オスプレイは役立たないんだぜ? ホイストも着水もできんから。

 ふつう、新品の飛行機だと、定期整備で部品交換が必要になることなんかあまりない。ところがオスプレイは、最初からエンジンを中心にガシガシと部品を交換し続けなくちゃならない。それが全部、アメリカからの部品の取り寄せです。部品が配達されるまで、待ってなくちゃならない。飛べない。整備コスト(ランニングコスト)がものすごく高い。そして稼働率は呆れるほど低い。17機買っても、そのうち、いつでも動かせるのは、たった4機ぐらいになっちゃう。誰が得するんですか?

 ロックマートがF-35の値段を下げると発表したのと、小野寺君がF-35をもっと買うと発表したのと、同時というのはどういうことだ? 輸出機数が増えるから単価が減りますという議会向けの取り繕い説明をロックマートに可能にさせるために日本政府が一肌脱いでるだけだろうが。じっさいには単価は減らない。むしろ増えるだろう。そして日本政府が余計に購入させられる方だけは、もはや確実な既定路線だ。

 うれしいおしらせのPART2。『兵頭二十八の農業安保論』の提言を実践しようじゃないかという農業生産法人が、ついにあらわれたという話。まだ詳細をお話できる段階ではないが、ニート老人にとって、日本の未来がまたすこしあかるくなったんじゃない?

訂正と 羽曳野講演会 のお知らせ

 『兵頭二十八の防衛白書2014』の63ページ。「打ち上げつつある」ではありませんでした。
 GSSAPの最初の衛星2基は、2014-7-23にケープカナヴェラルから打ち上げられたようです。


 つぎに、兵頭 二十八 の講演会のお知らせです。霊友会の会員の方だけでなく、一般の人も入れると聞いております。

テーマ  現行憲法の問題点と我が国の安全保障の在り方

日時   7月27日(日) 午前10時から正午まで
場所    霊友会第八支部 羽曳野講堂 
   〒583-0873  大阪府 羽曳野市 桃山台 2丁目4-1
    TEL 072-957-8106 / FAX 072-957-8123

修正告知 其の三

 『兵頭二十八の防衛白書2014』の192ページ。

 2014年12月に配備予定)のだが、
  ↓
 2013年12月に飛来した)のだが、

  以上、おわびして訂正します。


追伸:発売は書店だと7月19日かもしれません。アマゾンが確実です。

二伸:本日発売の『新潮45』8月号も面白いので併せてお楽しみください。

本文訂正(其の二)

 『兵頭二十八の防衛白書2014』 の 訂正告知の続きです。

○31頁 下から10行目
 海兵隊の規定路線を
  ↓
 海兵隊の既定路線を


○127頁 9行目
 2013年3月にロシアは
  ↓
 2014年3月にロシアは

本文の間違い訂正 (発見次第、逐次 告知して参ります)

 『兵頭二十八の防衛白書2014』の182頁、下から9行目に

  いかに冷却を維持するかという設問に課題を極限化して、

 とありますのは、

  いかに冷却を維持するかという設問に課題を局限化して、

 の誤りですので、ここにお詫びして訂正します。

キャプションの訂正

 『兵頭二十八の防衛白書2014』の208ページのキャプションがおかしいので、訂正します。

 C-2輸送機は現用C-1輸送機の後継となる国産戦術輸送機が開発の最終段階にある。【誤】
  ↓
 現用C-1輸送機の後継となる国産戦術輸送機が開発の最終段階にある。【正】

 ※キャプションが変だとホント、目立ちますよね。謹んでお詫びします。C-2なんて名前もまだ正式には付いていないんで。ここは「現用C-1輸送機の後継となる国産戦術輸送機」と書くべきところです。わたしの老眼で修正できない問題が発生しました。

新刊です 『兵頭二十八の防衛白書2014』

 草思社さんから 『兵頭二十八の防衛白書2014』 の見本が届けられました。
 アマゾンではすでに予約可能です。
 書店売りは19日以降でしょうか。表紙は「US-2」です。
 定価 1500円+税。
 驚きの情報ラッシュを、どうぞご堪能ください。

ボルトニアが未だ届かない

 ボルドー菊にはさまざまな呼び名があり、対応する学名も、タタールのアスター、コリアのアスター(これは日本語の「チョウセン嫁菜」にあたる)、ボルトニアなんたらと、わけのわからないこと著しい。
 しかし特性はハッキリしている。
 花期が夏で、耐寒性で、やや日蔭でも強く、地下茎でやたらに増える。
 これは「寒冷地の山野を豊饒化させましょう計画」の交配候補として、とても有望だと思っているので、わが実験畑用に、ひきつづき探し求めたい。

 朝鮮ヨメナで思い出したが、政府は北鮮に残留している「法的な日本人」を、戦乱前にエバキュエーションすることに決めたようだ。これは英断だ。

 日本の国籍法は、欧州諸国と同じである。欧州大陸諸国は、その国内で生まれたからといって、移民の子に市民権(国籍)を自動的に与えたりしない。これは北米やANZAC諸国との大きな違いである。日本の民法体系は欧州大陸諸国に準拠している。だから北鮮内の日本人というものが大量に今も存在し、政府としてはその運命を座視しないのだ。

 韓国軍がいま、アメリカから、SADARMを大量に調達している。
 SADARM は、おなつかしやの冷戦アイテムである。空中で分裂し、パラシュート付きの円盤がゆっくり降下し、ミリ波レーダーと熱線でAFVを探知し、自己鍛造弾でAFVの天板を上から撃ち抜く。ソ連軍の戦車を中欧で阻止する目的で開発された。

 韓国軍は、これを使って北鮮軍の相手をしようというのではない。木炭車が走るようになった北鮮に、戦車を動かす軽油もありはしないのだ。北鮮そのものがもうじき崩壊し、中共軍が大量の戦車・装甲車をともなって38度線まで押し出してくることがもう確実なので、それに備えようというのだ。
 在韓米軍も、38度線配備のAFVと戦闘ヘリを増強している。シナ軍が北鮮を占領・征服することは、すでに、関係周辺国のあいだで、暗黙に了解されているのだ。

 とうぜん、大混乱が発生する。すぐにパニックになる韓国人が、祖国防衛の責任をさっさと放棄して、大量に日本国内に逃げ込もうとするだろう。その中には中共の工作員も混じっている。ドサクサにまぎれて離島を占領しようとするかもしれない。パニックがあまりにひどければ、中共軍は釜山まで南下するだろう。
 ゲルマン人の大移動のように、北鮮から難民が韓国へ雪崩れ込み、韓国からは逃亡兵が大量に日本へ雪崩れ込み、それを利用して離島を占拠してやろうと、中共版GRUが大活躍するだろう。前面に出されるのは「海監」である。「自国民(あるいはシナ政府の保護対象たる朝鮮民族)を保護する」といって島に上陸。そこの警察権がシナにあるという形になれば、施政権は日本にないわけだから、それは日米安保発動の条件を満たさないわけである。
 難民に「武装」させる必要はない。武装難民ならば海賊と同じ対処が日本側には可能になってしまう。
 が、非武装難民+海監(その大型船艇の内部には、武装警察を数百人も収容してこっそり運べるスペースがしつらえてある。救難を名目として、一挙に上陸させることができる。武装警察には堂々とサブマシンガンを持たせることができる)なら、海賊ではない。ヘタレな日本政府には敵国の警察機関を自衛隊に攻撃・逮捕させることができない(外務省がつくった15事例にも含めていない)。さすれば「第二の竹島」と同じことになるだけだろう。

 北鮮政府はもうじき消滅するわけだから、日本政府がこれから平壌にくれてやるカネはすべて中共が回収することになる。大した額ではないからそれはいいのだが、問題は名分である。「賠償」という二字がつくなら、ビタ一文、特亜政府に与えてはならない。それは永久に日本人に祟ることになるから。そのようなディールをもし外務省内で画策しているならば、その外交官は 国家叛逆者の名に値する。

 ところでシナ人の山椒大夫がベトナムから女を買い上げてシナの農村で人身売買しているスキャンダルが、だんだん隠せなくなってきた。儒教圏は男尊女卑なので、胎児が女児だと分かると堕胎してしまう。シナでは一人っ子政策がこの習俗を悪化させたとされるのだが、韓国でも男女比率はシナに負けず劣らず異常にアンバランスであるから、原因は儒教文化そのものにあると考えるべきであろう(そのためこの2国は日本以上に急速に社会が高齢化して自滅する運命である)。このアンバランスを市場の需要とし、人身売買商売が成立するわけだ。

 習近平には咄嗟の受け答えがない。アドリブ発言がない。だから『語録』も存在しない。
 誰かがシナリオを書いて渡している。彼はその通りにしか発言できず行動もできない木偶の坊である。
 シナリオライターは誰か? 無名の超インテリ軍人だろう。
 その本貫は、「シナ版のGRU」だろう。腐敗堕落したどうしようもない一般軍人どもとは、一線も二線も画している。
 おそらくは個人ではなく、ごく少人数の「グループ」だ。
 彼らは、腐敗文民と腐敗軍人を粛清して今の「中共王朝」を倒し、次の「新王朝」の「始皇帝」グループになることを画策しているのだとわたしは思う。
 元KGB大佐のプーチンは、ロシア帝国の「新ツァーリ」になった。どうしてシナでも同じことができないはずがあろうか? 「シナ版のGRU」の中核分子だけが、その資格を有する。
 習近平は粛清される。いま名前が出ているすべてのシナ軍人も、腐敗の咎で粛清される。そして、あらたなシナ王朝が始まるだろう。

「読書余論」 2014年7月25日配信号 の 内容予告

▼徳川夢声『夢声戦争日記(六)』中公文庫S52
 ※この巻は、昭和20年の6月末までの日記。

 1-10、放送は、ドイツの新兵器。冷凍爆弾だと。150m以内の生物は全部凍って了うというV3号だと。「結局この分では、原子爆弾まで行くであろう。」

 4-7、初めて見る形の大型四発機。西洋の甲冑みたい。硫黄島から着たに違いない。味方戦闘機と刺し違えるように墜落した。落ちるときの飛行機は模型のようである。
 敵機はキラキラ光るスピロヘータのような長い銀色のものを落としていった。妻は焼夷カードだといった。あとで、電探妨害の錫のフィルムとわかった。

▼安全保障調査会『日本の安全保障――1970年への展望』1967年版
 毛沢東語録。
 「人民の軍隊がなければ、人民のすべてはない。」
 「人民解放軍は永遠に戦闘部隊である」。国内に階級ある限り、そして世界に帝国主義制度が存在する限り。

 羅瑞卿による「積極的防禦」論。侵略者を国土から追い払うだけではなく、戦略的追撃、要するに人民戦争を輸出しなければならない。

 マクナマラによる議会に対する説明。全面核戦争では「確実な破壊」と「損害の局限」の両面の能力が結果を左右する。「確実な破壊」は抑止力になる。しかし「損害の局限」の能力は、抑止力としての「確実な破壊」の代用とはなり得ない。侵略者を、20世紀の国家としては生存し得ないように破壊する力だけが、戦争の抑止力となるのであって、アメリカの蒙る損害を部分的に局限する力は、抑止力とはならない(pp.82-3)。

▼防研史料 千代田史料『明治27~32 陸軍兵器工廠』
▼防研史料 『M31~35 東京陸軍兵器工廠』
▼防研史料 『大正4年三八小銃カ三十五年式海軍銃ニ異リタル要点』
▼防研史料 『海軍銃砲史研究資料』by 銃砲史学会
 『銃砲研究』のNo.4~No.12を合綴したものである。1号から40号(S47-6)までの目録付き。

▼『海軍雑誌』vol.60(M19-11)
▼牧慎道ed.『或る兵器発明家の一生』S28 天竜出版社

▼財)資料調査会海軍文庫『海軍 第二巻』S56
 ※第6章からおしまいまで。
 M30-5-27 軍艦外務令。
 軍艦は外国政府の干渉を受くることなし。若し外国政府強て之に干渉を加へむとせば兵力を以て拒むことを得。
 軍艦は外国の法権に服従せず。従て外国の警察権裁判権臨検捜索権等の艦内に行はるゝことを許さず。
 軍艦は外国に対し納税の義務なし。
 軍艦は主権に伴ふ所の尊敬と礼遇とを受くべきものとす。

 海軍軍令部長の中牟田をクビにしろと言ってきたのは陸軍の川上操六中将だった。

▼防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 ミッドウェー海戦』S46 朝雲新聞社
▼『文藝春秋』1973年3月号記事 海原治vs.佐橋滋「国防論争・機関銃か包丁か」
 「わたしが、以前、防衛庁のある部局で試算させたところによると、十メガトンの水爆一発が、ある日の午後五時に東京の上空で爆発したという想定で、その時刻、東京都内に九百五十万人いるとして、二百万人は無傷なんですね。」
 「この計算でいきますと、水爆十発でも日本人全部を滅ぼすことはできないということになるんです。」(p.298)。
 ◆  ◆  ◆
 「読書余論」は、主に軍事系の古本を、兵頭が注目した一斑の摘記や読書メモによって紹介し、他では読めないコメントも附しているものです。(配信されるファイルはPDFスタイルです。)

 あまりに多すぎる過去の情報量の中から「兵頭はここは珍しいと思いました」というポイントだけ要約しました。

 大きな図書館に毎日通えない人も、最低費用で、過去の軍事知識のマニアックな勘所に触れることが可能です。
 また、ミリタリーしか読んで来なかった人には、他分野の情報が、何ほどか有益かもしれません。

 「読書余論」は、毎月25日に「武道通信」から最新号が配信されます。1号分の購読料は500円です。
 バックナンバーも1号分が500円で、1号分のみでも講読ができます。
 過去のコンテンツは、配信元の「武道通信」のウェブサイト
http://www.budotusin.net/yoron.html
 で、タイトルが確認できます。

 PDF形式ではない、電子書籍ソフト対応の「一括集成版」もできました。詳細は「武道通信」で。

 ウェブサイトでわからない詳細なお問い合わせは、(有)杉山穎男事務所
sugiyama@budotusin.net
 へどうぞ。