TOP PAGE


« 2014年08月 | メイン | 2014年10月 »

F-22デビューの意図は何か?

 2014-9-23未明に、すくなくとも1機のF-22がシリア内のゲリラ(イスラム国)に対する空襲に参加した。F-22が投下した爆弾はGPS誘導のGBU-32=1000ポンド爆弾であることを米空軍は認めた。またDoDは、F-22の投弾によって破壊された「敵ゲリラ司令部建物」のビフォー&アフターの白黒写真をすばやく公表した。この司令部は、イスラム国が首都だと称している「Raqqah」にあるという。

 『エビエーションウィーク』のビル・スイートマン先生は、9-23のブログ(Ares)で、この2枚の画像は、いったいどうやって撮影されたのかという疑問を投げかけておられる。
 いわく。――こんな撮影はターゲティングポットでしかできない。しかしそれはF-22のステルス性を悪くする。では無人機か? ステルス性のない無人機で爆撃前に目標上空に至れるのならば、F-22を投入する必要も最初からないことになろう。無人機からレーザー誘導爆弾を投下すればよいだけだからだ――。

 これについての有益コメント。〔23コメントまで見た。〕

 ――俺はアフガンの空爆ビデオというものはこれまで全部みてきた。それで言えるのだが、内部に人がいた場合は、かならず何人か飛び出してくる。また、周囲でうろたえさまよう人物が発生する。こんどの画像にはそれが写っていない。そもそも、建物に「通勤」している司令部スタッフの乗用車が見えない。この建物はカラッポだったと断言できる。空爆はアラブのお友達から、電話で予告されていたのだろう。

 ――撮影はすくなくも24時間後だ。というのは、二枚目には黒焦げの跡はあるのに煙は写っておらず、なおかつ、影の角度が一枚目とほぼ同じである。光線が同じようになる時刻に意図的に撮影したものだ。

 写真を撮った機体が何なのかについては、このブログでは、衛星なのか無人機なのか有人機なのか、〔23コメント以内では〕結論は出ていない。

 爆撃にF-22を投じた理由については、同誌のエイミー・バトラー氏が、「Was that a Lackluster F-22 Debut?」というタイトルのブログ投稿を9-24にUpしている。
 その内容はパスする。そこにつけられた、やはり23のコメントのうち、有益なものは以下の如し。

 ――シリア政府が持っているロシア製レーダーの威力とやらを確認できるチャンスだったのさ。

 ――イスラエル機は以前にシリアの核工場も爆砕したし、ダマスカス郊外のヒズボラにだって爆弾2発を投下している。そんな防空レーダーの秘密を知るのにF-22など必要ない。

 ――2007にイスラエルがシリアの核施設を破壊したそのあとで、ロシアがシリアに新しいSAMを提供してるしな。

 ――グラナダのときと同じで、てもちぶさたの部隊と兵器が、ステージに上げて貰ったのだ。

 ――カタールあたりにF-22はローテーションで常駐しているので、使いやすかった。それだけ。

 ――イスラム国はカネモチだからなんらかの対空兵器をもっていたかもしれない。そのため用心してF-22を飛ばしたのか。

 ――これはさいきん挑発的なロシア軍に対して米軍の力をあらためてみせつける宣伝攻撃だよ。

 なんというお役立ちのコメントの数々であろうか。これを読んだ上で、以下、兵頭のげんざいの考え。
 こんかいのF-22の一挙は、2014-7-17に、マレーシア航空の MH17 便が、Buk-M1(米国防総省コードネームSA-11、NATOコードネームGadfly)に「おまかせモード」(このとんでもない仕組みについてもアレスのスウィートマン解説がわかりやすかった)で撃墜された事件と関係があるのだろう。
 あれ以来、ロシア製のSAMを買っている諸国が強気になってしまった。
 またたしかにロシア軍も調子にのってきた。
 ここで米軍が何のデモンストレーションもしないと、イランも調子づくし、イランと対決しなければならないカタール、UAE、サウジアラビアは、逆にそれを非常に不満・不快だと思うだろう。さなきだに、イラクの現政権をイランが無人機で支援することを米国は許認さえしているのだ。

 F-22に基地を提供しているカタール等の国は、こんどの一挙を見て、「やはり米軍はあの飛行機を対イラン戦(その他)で使ってくれる。そしてそれは有効なのだ」と確信できたであろう。

 シリア政府のもとにはロシア人のSAM支援チームが常駐していると思われる。彼らにも、F-22は、何か(報道されていない)を、見せ付けたのであろう。
 米空軍はこう言いたいはずだ。「おまえらの捜索監視レーダー(9S18M スノードリフト等)には何も映らなかっただろ? わかったら、今後は調子に乗るなよ」と。
 シリア軍の防空システムなどたいしたことがないとイスラエルが証明済みであるからこそ、安全に、ロシア人技師に対する「警告」を与えられたのだ。それは大きなメリットではないか?

 ただし、もし今、F-35が実用化されていたなら、米空軍はF-22をひきつづき「秘密兵器」として温存して、F-35に作戦させたかもしれない。F-22が実戦で基地を飛び出すさいの通信その他のプロトコルを解析されてしまうのは、やはりおもしろくないはずである。しかし軍司令官や高級文官たるもの、F-22部隊やその受け入れ国の士気というものも少しは考えねばならない。もうこのへんが「曝し」の潮時だと判断したのであろう。

「サーベランス・ソサィエティ」で何が悪い?

 ドライブレコーダーが普及したことで、見過ごされずに「記録」された道路交通法違反行為は、さぞ多いであろう。
 かたや、「ドライブレコーダーのせいでプライバシーが侵害された」と文句を垂れている奴は聞かない。それは人の家の中まで覗き込めるような撮影装置ではないからだ。
 一方では、ドライブレコーダーを装着した運転者本人の「行儀」が改まった、という、思わぬ効果が、運転者の家族や周辺者の福利に貢献しているはずだ。そう、住民個人による公共空間監視行為は、その個人をも、責任ある「市民」にするのだ。

 わたしにいわせれば、ドラレコの普及に「優遇税制」を適用しない交通行政は、ずいぶん非合理的だ。金額的には有限なのに、達成される安全、救われる人命は、はかりしれないのであるから。

 まったく同じことが、「自動録画機能付きテレビドアホン」や「自動録画機能付き玄関前監視カメラ」についても言える。
 わたしはこの主張をもう2009年から繰りかえしてきた。

 このたびの関西における未成年者誘拐殺人バラバラ死体遺棄事件を聞いて、政府からの監視を毛嫌いして自治体による監視カメラ増設にも常に反対をとなえてきた心やましい「贋市民」どもにも、ようやくどこに「安全の理」があるのかが、呑みこめるであろう。
 この犯罪も、コンビニの駐車場を昼夜見張ってコマ撮りしているような安価な監視カメラがもっと街路に普及していれば、予防することができたのだ。

 昔の家主は、じぶんの家の前の道路の掃除に責任を感じていた。陶器片や折れ釘などが落ちていては、草鞋履きの通行人が怪我をするかもしれないからだ。

 現代のビルのオーナーと持ち家の住人は、じぶんの建物の前の道路を昼夜にわたりビデオ録画するのが、社会基盤をよくする貢献ではないか。地所持ちにとって、その金銭的負担は、比較的些細であろう。

 もし、地域を震撼させるような猟奇事件が発生したときに、玄関前監視システムの設置者が、それらの録画画像を任意でインターネット経由で警察に提供できるような慣行を、普及させるべきなのだ。犯人は、公共の道路をなにがしか使わずには移動はできまい。そのあしどりが全部、ビッグデータから拾われて、辿られるであろう。

 住民個人による任意の画像記録提供がなされて、それがビッグデータとしてつきあわされ、つなぎあわされるという手間のかかる処理工程を経ないかぎりは、誰かの無害な一日の行動のすべてが逐一世間に知れ渡ってしまうといった「個人のプライバシーの過度な報告」の問題は、生じない。

 このような地域システムは、(即日に日本を離れる予定の外国人犯罪者たち以外の)あらゆる猟奇犯罪を、それがその地域で実行される前に、抑止してしまえるであろう。

中共は「サハリン『独立国』化運動」を けしかける

 つくづく日本はオイルもガスも出ない国でよかった。
 そんなものがもし「X県」にだけ偏在したら、X県民は「X国」として分離独立しようと騒ぎ出したにきまっているからな。

 なにしろ石油か天然ガスがふんだんに出てくるのなら、その地方の税源はその販売事業に課税するだけでもぜんぶ足りてしまう。年金問題も一切解決。一般住民はオール無税。水道料金も電気代も自動車燃料もメチャ安になるだろう。
 人びとが独立したくならぬ理由が何もない。

 スコットランド人が独立したくなるのも当然だよ。もし北海道沖に巨大油田が噴出してたらどうなるかを想像してみって。

 沖縄県民、ざまあみろ。尖閣沖の海底に大油田なんかありゃしねえんだよ。あったら台湾が死に物狂いで獲りに来てるって。

 「イスラム国」も、石油のあぶく銭がつくった。シリアとイラク北部の油田には昔から「密輸出ルート」がある。トルコやヨルダン国境を、堂々とタンクローリーで超えられるんだ。国境の衛兵にカネを掴ませれば、簡単にパス。もちろん原油の売価は超ダンピング。5割、7割引きで捌くのもあたりまえ。ちゃんとそうした違法物資の転売ルートが、中東には昔からととのいまくっている。そしてそのくらいダンピングしても、売り手のISILの手には、1ヶ月に300万ドルも入ってくる。その他、身代金稼ぎと、新占領地の財貨や古美術品の転売でも稼いでいる。しかし大宗は石油だ。石油のおそろしさがわかるだろう。だからシェール革命というものが起きたあとでも、米国は、一瞬たりとも全世界の産油地帯から目を離すことができず、これからも中東にも、ずっとコミットし続けなければならないんだ。

 この月収300万ドルという値から逆算して、1人の兵隊とその家族に月給100万円を支払えるのがイスラム国の強みなのだとすれば、ISILのコアメンバーは1万人で、そこに吸引されてきた他の貧乏ゲリラグループも合計しても3万人弱の勢力だろうってことが、推定できるわけだ。
 そして、彼らが、あらたな油田を占領することができなければ、これ以上、「イスラム国」の兵隊は増えない。支払える給料の原資が増えないからね。サウジはホッとしているだろう。

 スコットランドが独立すると、西岸のFaslaneに1箇所しかない英海軍のSSBN用軍港と、その8マイル内陸にある核弾頭保管工場から、英国は、スコットランド国政府のいうとおりに、2020年までに出て行かなくてはならない。
 代替地は、無い。水深の深い軍港をひとつつくるのに20年弱かかる。そしていまどき、核兵器整備工場をうけいれてくれる村など、イングランドのどこにもありはしない。
 そこで、SSBNのメンテをずーっと依存してきている米国ジョージア州のキングズベイ軍港を母港化したらどうかという話がでている。だがそうすると、英国が独自に4隻のSSBNを建造して維持し、トライデントSLBMを米国からリースしてもらい(この紐帯はポラリス時代から続いている)、自前の弾頭を装着して、NATOのために対露抑止力を提供している意味が、もうぜんぜんなくなってしまう。

 だがロシアはこれを見て笑ってはいられない。
 次にあぶないのはサハリンだからだ。サハリンは、いつでも独立できるのだ。石油とガスがある。とうぜん、シナ人はそこに目をつけて、まず内部運動をけしかけたいと思っている。そうはさせちゃなんねーと、プーチン氏は絶東に次々と最新の艦艇を送り込んで、「モスクワは決して絶東住民の福祉をあとまわしにすることはない。軍事面でも投資し続ける」とアピールに出精せにゃならぬ。フランスから買う予定だった『ウラジオストック』(ミストラル級)の目的も、サハリン独立運動の制圧にあった。その商談はペンディングされている。シナ人は「大チャ~ンス!」と思っているかもしれない。

 石油は、どうみても、日本人以外のすべての国民を不幸にしているじゃないか!

ワシーリー・ミトロヒン事件の詳報が日本でなされないのは何故? 朝日が焦りだしたのはエージェントがバレたからでしょ

 お待たせしておりますが、『兵頭二十八の防衛白書』写真提供者の方々への振込みは、5日になされるそうですので、銀行口座をお確かめください。

「読書余論」 2014年9月25日配信号 の 内容予告

▼防研史料 『造兵廠別・兵器類別・年次別・生産額 一覧表』S20-8-31

▼『偕行社記事 第406号』1910=M43年2月
 「保式自動小銃ノ説明」by陸軍兵器本廠
 ※これが十一年式軽機のモデルとなったことは、記事を読めば誰でも理解するだろう。

▼『偕行社記事 第407号』M43-2月
 「銃身ノ手入ニ就テ」by東京砲兵工廠小銃製造所長・陸軍砲兵中佐・南部麒次郎

▼財)史料調査会海軍文庫『海軍 第12巻 艦隊編制 観艦式 陸戦隊 医務衛生 軍楽隊』S56-9
 先月の続き。
 海軍は、台湾や三島の飛行場からではビルマ・ルートを爆撃できないので、海南島に航空基地を得たいと考えた。
 ……というのは口実で、そこが石油や鉄資源の宝庫であるから、対支開戦と同時に占る気満々だったのである。

 第一次ウェーク上陸が失敗したのは、風波が荒かった。大発もおろせず、駆逐艦の艦砲射撃は照準が乱れる。おまけにエアカバーなく、陸地から発進したF-4Fに銃撃された。

 駆逐艦の魚雷で動けなくなった軽巡洋艦『ストロング』は、バイロコ港その他の海岸の14糎砲で照射砲撃され、沈没した。

 「勇敢なる水兵」三浦虎二郎を抱きかかえたのは、海戦中は傷者運搬員となっていた軍楽生の高見喜安だった。

▼雑誌『全貌』の創刊S27-11号から昭和45年11月までの興味深い記事タイトル

▼藤 和彦『日露エネルギー同盟』2013年1月
 日本国内では、圧縮天然ガス自動車が2011年度末に4万台ある。ディーゼルの大型車からの転換が中心。※石原都知事はバスをガス化させる命令をすべきだったのである。

▼ケネス・マクセイ『Weapons and Military Technoloty』1993
▼Edward Jablonski『AIR WAR』原1971、1979 repr.
▼肥田真幸『青春天山雷撃隊』S58-11
 ◆  ◆  ◆
 「読書余論」は、主に軍事系の古本を、兵頭が注目した一斑の摘記や読書メモによって紹介し、他では読めないコメントも附しているものです。(配信されるファイルはPDFスタイルです。)

 あまりに多すぎる過去の情報量の中から「兵頭はここは珍しいと思いました」というポイントだけ要約しました。

 大きな図書館に毎日通えない人も、最低費用で、過去の軍事知識のマニアックな勘所に触れることが可能です。
 また、ミリタリーしか読んで来なかった人には、他分野の情報が、何ほどか有益かもしれません。

 「読書余論」は、毎月25日に「武道通信」から最新号が配信されます。1号分の購読料は500円です。
 バックナンバーも1号分が500円で、1号分のみでも講読ができます。
 過去のコンテンツは、配信元の「武道通信」のウェブサイト
http://www.budotusin.net/yoron.html
 で、タイトルが確認できます。

 PDF形式ではない、電子書籍ソフト対応の「一括集成版」もできました。詳細は「武道通信」で。

 ウェブサイトでわからない詳細なお問い合わせは、(有)杉山穎男事務所
sugiyama@budotusin.net
 へどうぞ。