TOP PAGE


« 2014年11月 | メイン | 2015年01月 »

商品リポート 今度は100球LED

 高緯度地方の冬が長いのはしょうがないが、その冬を暗くしてはいけない――というのが「勝手にソーラーライトを愛好する会」(会長兼会員総勢1名)の固い信念である。
 ニトリやトイザラスの店頭に、今年は、クリスマスシーズンにあわせた多球イルミネーションでしかもソーラーパネル給電式というタイプの、これといったものは出ていないように見受けられた。そうした発光商品は何かの理由で廃れてしまったのだろうか? そこでネットで検索したところ、〈100球ひとつながりで1980円(送料込み)〉というおそるべきスペックのものがヒットした。ウェブ上では「イルミネーション ソーラー LED 充電式 100球」という商品名である。

 いったいどんな電池とパネルを使えばそんなスペックが可能になるのか?
 物は試しだ。さっそく、「シャンパンゴールド」(要するに黄色と白熱電燈色の中間。わたしは先年から青色数十球の別商品をテストし続けており、防犯機能を考えるとやはり青系が良さそうなのだけれども、敢えて違う色を選んでみた)を発注した。銀行での振り込み手数料340円と併せ2320円である。
 大分県の「おとぎの国」というショップから、それは届いた。九州から北海道まで日本列島を縦断して宅配便で現物が輸送されてくる。その手間を考えると、じつに安い。
 商品に添付されてきた説明書の標題は「ソーラー充電式LEDイルミネーション 100球」となっていた。

 さっそくパネルの裏蓋の螺子を外して充電池は何かと確認したが、あっと驚いた。単3でも単4でもなかったのだ。偏平な長方形電池が1個、フィルムで貼り付けてあって、印刷文字から、充電容量1400ミリアンペア、電圧3.7ボルトと知られる。ニッカドなのかニッケル水素なのかは不明だ。わたしはエネループに交換してやろうと考えていたのだったが、こいつは素人が電池だけ交換できるような製品ではなかった。電極にはコードがハンダ付けされている模様だ。

 電球が連なったコード部分の長さは、わが狭小なる貸家の北壁から南壁までの長さを優に上回って余り有り。木柵のレールに沿って這わせれば、点灯時には、街灯光が届かぬ真っ暗な地面もぼんやりと明るくなり、近くの人物の影をくっきりと浮かび上がらせるほどだ。もし夕暮れ時から夜明け時まで点滅を持続してくれるならば、これは防犯用としても優れているだろう。

 点滅のパターンは選ぶことができる。高緯度地方の冬の「夜」は、午後の16時台から午前の07時台までと、やたらに長い。常時点灯モードでは、なまなかなソーラー電池は、とても夜明けまではもたない。しかし点滅のインターバルをたっぷり取る設計として、電池も1400ミリアンペアくらいの容量にしておけば、100球をひとばんじゅう明滅させることができるんだということを、この商品は、げんざい証明しつつある。

 ソーラーライトがこのように進化を続けていることをまのあたり確認できたのは、嬉しい収穫であった。

 以下、余談。
 IOCは作戦上手だった。「モタモタやっているなら、日本に冬季五輪の会場を分散させようか?」、とブラフをかますことで、無気力な韓国側に発破をかけた。そのような提案を決して受け入れられないのが韓国人なんだと、世界はもう分かっているようだ。この習性を利用して、F-35の整備工場のためにいくら韓国政府に醵出させるかが、ロッキードマーチン社の弁護士たちの腕の見せ所となるだろう。

管理人より おかげさまで復旧しました

お世話になっております。

おかげさまで復旧いたしました。
レンタルサーバ会社のユーザーサポートの人、すげえ。

ありがとうございました。

ともあれ、このブログ設置して10年間。何も変更してなかったのだな、と感慨深くなりました。
設置を手伝ってくれた方にも感謝です。
いつか同じ見た目の新しいものに変える必要もあるかもしれません。
簡単に同じ見た目に出来て、エントリーを引き継げるものはありましたら教えてください。

管理人

管理人より

お世話になっております。

MovableTypeでMySQL4からMySQL5に移行した事に伴うトラブルは依然として原因究明・復旧中です。
他人様に頼りきりなんですけどね。

エントリーはすべて表示できていますが、タイトルが[??????]のままです。
これは管理画面も同一です。

この復旧方法や、もし、MovableType3.2で書き出したエントリーをそっくり使えて、
レイアウトも今と変化の無いブログがありましたら、教えていただけると嬉しいです。

管理人
e-mail address
scheherazade@estyle.ne.jp

習近平は東條英機の跡を辿っている。その末路に注目す。

 さて今年一年をふりかえろう。
 『歴代大統領戦記』の第一巻の原稿を書き上げることができたのが最大の成果だ。公刊は来年早々になるだろう。第一巻のあとは作業の調子が掴めるから、あとはベルトコンベイヤーのように量産する。司馬遼太郎が新聞に日露戦争史を連載していたときのような感じでね。内容も、歴史群像の色が濃い。
 南北戦争よりも独立戦争の方がずっと面白いんだってことを、まず証明できるのが楽しみだ。これはおおかたの出版人もわかっていないことだ。大統領と議会の関係、大統領と軍隊の関係、すべては独立戦争中に決まっている。そしてもうひとつ。わが国の近代憲法について考えようという人間なら、この米国独立戦争に詳しくなくては、本当に、話にならないんだぜ? 京都女子大の講演でも語りましたけど、ヴァジニア憲法も独立宣言も、その半分以上は「宣戦布告」の説明責任に費やされている。英国憲法は、王と有力者間の契約だ。日本の憲法は、過去との訣別および西欧社会との新契約だ(旧約と新約とあり)。そして米国憲法のキャラクターは、「英王に対する宣戦」なのである。世界の憲法はたいていこのどれかの範疇だろう。
 文庫の連打によって著者にこんな大河ドラマの執筆時間を与えてくれた草思社の特別な配慮には感謝の言葉もない。さもなきゃ事実調査の時間だけ積算しても、無資産執筆者にはとても企画そのものが無理だった。

 それに次ぐ成果は、これも刊行が明年になるが、某大手出版社から、中共の終わり方を軍事的に予言する本を受注して書き上げたこと。このような新たなラインナップが加わることによって、草思社の年一回の私版防衛白書だけでは消化不良になるかもしれなかった軍事トピックスの無停滞の「商品化」がプログラミングできるだろうとの予感を抱けるようになった。

 あとは京都講演の直前にタクシーで比叡山を見学できたのが望外の収穫であった。当日は大学の近くの国立博物館で時間調整しようと思っていたところ、ホテル玄関でたまたま乗り込んだタクシーの乗務員さん(♀)いわく、「入館するだけで三時間待ちですよ」。後で知ったが鳥獣戯画が公開されていたらしい。それで急遽予定を変更して、延暦寺根本中堂までの往復に決めた。市街から1万円台で即座に往復できるとは知らなかった。『日本のロープウェイと湖沼遊覧船』や『大日本国防史』を書いたときのイメージしかなく、ケーブルでしか登山できない、偉い遠いところにあると、ずっと錯覚していた。途中、四条大橋はここだと説明される。東海道五十三次の最終到達点! 弥二さん北さんが梯子を持ってウロウロしたのはここかと思うと、かたじけなさに涙こぼれる(嘘)。わたしは高校時代の京都修学旅行をバックレたので、中学時代の修学旅行のおぼろな記憶しかなく、車中から見せてもらったすべての印象は鮮烈であった。
 それにしても明智光秀は大仕事をやってのけた。建物を焼いただけじゃない。この山の一方の斜面を下から全部、森林ごと焼いたのだ。ということは、雑兵にまず粗朶束を集めさせ、それに着火させるという大掛かりな準備が必要だったはずだ。さもなきゃいきなり大木に火は移りませんよ。
 比叡山山頂の植物園に入場している暇が無かったことだけが悔やまれる。吹き曝しの寒い稜線上で越冬できる植物を、是非にも点検しておきたかった……。

 ところでシナ文学者の武田泰淳は昭和24年4月に「勧善懲悪について」という一文を発表し、その中で東條英機を回想して、「彼はたしかに戦時中、あたかも自己が最強者であるとともに最善者であるが如くふるまい得た」「そして国民もまた彼がたんなる強者でなく、日本的善なるものの代表者であるがごとき魔術的印象をうけとっていました」「彼の命令は善であり、その逆は悪であるかのようでさえありました」等々と書いている(全集12巻130頁)のに吃驚した。
 今日の我々は、東条と習近平の一致点を、数十個くらい挙げることができる。東条ファンの白痴右翼は、習が来年何をするかを、よく見ていることだ。

葛とアピオスは染色体数が同じ22だった。当然、交雑できる筈。

 昭和32年刊の『種・属間交雑による作物育種学』という文献を見たら、染色体数が近いものほど概して交雑は成功しやすいと書いてある。

 それでネットを調べたら、『原色日本植物図鑑』には葛の染色体数は2n=22、24 だとあるそうだ。

 また、「マメ科植物の細胞分類学的研究」というタイトルにもネットでヒットし、それによれば、同じマメ科であるクズは染色体数「2n=22」で、ホドイモ〔これはアピオスのこと〕も「2n=22」だと。しかも、ホドイモの染色体数は同論文の執筆者の山崎貴博氏がさいきん初めて報告したものであると。

 ヤバイ。やばすぎる。同じ二倍体で、染色体の数が同じ22。
 今日の最善の技倆をもってすれば、研究施設内で、すぐにも交雑種がつくりだせるわけじゃないか!

 『兵頭二十八の農業安保論』で警告したように、この「葛×アピオス」ハイブリッド種の特許を先にアメリカ人に取られちまったら世界の破滅は近いんだよ。
 先に日本で開発して、国土の七割を占める山林をすべて「クザピオス」だらけにはびこりまくらせた上で、世界中に只でタネ(イモ?)をプレゼントしてやるようにしないといけない。マザー・テレサにもできなかった慈善事業なんだ。

 誰もが「働かなくても食べていける未来」が、こんなに近いところにあったのです。

季節しょうひんリポート

 北海道で古い貸家に住んでいると、リビング以外では石油ストーブを使えず、しかたなく、他の部屋では電気ストーブに頼るのが通例だ。
 近年は「カーボン・ヒーター」という、スイッチをいれるとすぐ赤熱してくれる電気ストーブが量販店で手頃価格で調達できるようになった。わたしは3年くらい前から使い始めたが、当時、こいつは電気ストーブの革命じゃないかと思ったものだ。

 しかし困った問題もある。「首振り」をさせずにつけっぱなしにしていると、輻射熱の当たったところがどんどん昇熱し、寝ているあいだに布団の端が焦げていたりするのだ。寝たきり老人や嬰児だったらまちがいなく火傷である。

 つまり、「防火・防災意識」が十分に高いユーザーが、その場につきっきりで監視しながら使用するというシチュエーションでないと、「カーボン・ヒーター」は油断ができないものなのだ。じつに手軽に移動をさせられる器具であるだけに、おっかないわけである。うっかり者で始末がおろそかな家族などに運用をまかせっきりにしていると考えると、留守中など、とても心配になってしまうのだ。

 そこで、火事のおそれはごく小さいという噂の「遠赤外線ヒーター」をこのたび試してみることにした。
 1万円前後で売っていた150ワット・タイプと、1万9000円前後で売っていた500ワット・タイプの2台である。
 1200ワットのカーボン・ヒーターが数千円で買えるのに比べたら、どちらもえらい高額商品だといえようが、これで一家の就寝中やわたしの留守中の事故の危険が払拭されると思えばまったく安いものではないか。
 ちなみに、3万円強の価格で1000ワット・タイプの遠赤外線ヒーターも売っていたのだが、こいつはサイズが大きすぎて、重さも軽機関銃とカールグスタフの中間くらいもあり、家具ゴチャゴチャのきゅうくつな我が家の室内では往生だろうと思って買わなかった。
 500ワット型は重さは歩兵銃並、150ワット型は手榴弾4個分というところである。

 さてパフォーマンスだが、スイッチを入れてもすぐ暖かくなってくれないというところは、やはり厳冬期には困ったディスアドバンテージだなと思った。
 しかし、いったん室温が17度くらいになってしまえば、500W型で十分である。
 150W型は、真冬の深夜の寝室にこれ1基ではいかにも威力不足だと感じられた。2基を布団の両サイドに置けば、おひとりさま限定で、安眠できるだろう。

 とはいえ、「火事をおこしにくく、火傷事故もおこしにくい」というメリットは絶大である。特に、子供部屋用と考えたなら、この選択しかないだろう。昔の電気ストーブも、スイッチ投入後の「火力」は至って寒々しいものであった。それを思えば……。

 そこで考えた。スイッチを入れるとまずカーボン発熱体が器材の高いところ(床から遠く離れた位置)で400ワットくらいで赤熱し、同時に遠赤外線ヒーターが200Wくらいで予熱を開始。5分くらいの間に徐々にそのカーボンへの通電は漸減し、遠赤外線ヒーターへの通電は漸増し、5分経つと、完全に遠赤外線のみに切り替わるという、最大出力600ワットの製品をつくっては如何かと。
 かなりな高額商品になってしまうだろう。だが、掛け捨ての火災保険だと考えれば、ユーザーは納得すると思うよ。1部屋に2台設置でも、1200Wまでにしかならぬというところが、ミソ。

 おまけ。
 『コールドケース』の海賊版DVD44枚組(Cold Case Seasons 1-7 DVD Collection)を買おうかな……とか思っちゃっている研究熱心なシナリオライター志望の方々へ、ある情報をお知らせしたい。ただしこれはあくまで伝聞であり、真偽は保証できないものと承知を致されたい。
 たしかにボックスには44枚入っているのだが、第五シーズンの第14話から最終第18話まで、および第六シーズンの第17話から最終第23話まで、いずれもあるべきディスクが見当たらない。したがって、コンプリート商品ではないようだ。
 しかも、字幕は漢文(Chinese)のみである(英語字幕が出ない。ネットの海賊広告には騙されるな)。音声は、もちろん英語だけだ。
 画質は、米国内のケーブルTV放送を録画したもののように思われる。
 ……とのことだ。

To bomb the oil-producing wells intermittently may extinct ISLAMIC STATE

 米海軍の核動力艦は無故障原発の優等生かと思っていたら、やはり、そんなことはなかった。
 「ストラテジーペイジ」2014-12-1記事によると、今年の4月にサンディエゴ軍港を出港して太平洋へ向かった艦齢22年の魚雷戦型原潜『ジェファソン・シティ』が途中で冷却水漏れを起こしたためにグァムに6月21日に寄港。いまだに修理はできずにそこに繋留されたままである。
 放射能を帯びた漏水は日量10リットルと少ないので、すべて艦内に溜めて、乾ドック修理のときに処分する気らしい。
 乾ドック修理はパールハーバーにおいて2015なかばから予定されている(いったん入渠すると22ヵ月間は出てこない)。それまで乾ドックに空きは無いため、同艦はさらに何ヶ月もこのままグァムにとどまるであろうとのことだ。

 オバマ政権が今後やるべきこと。

一、 イスラム国が資金源にしているすべての「油井」に対する執拗な空爆。もちろん初回の24時間前には一度だけ警告ビラを撒く。あとは無警告で随時爆破を続け、修復と生産再開をゆるさない。

二、 米空軍のA-10はすべてUAEやサウジに売り払ってしまうこと。

 以上の提案ができなかった時点でもうヘーゲルはいてもいなくてもおんなじだ。

「読書余論」 2014年12月25日配信号 の 内容予告

▼赤城毅彦ed.『郷土の先覚者 元陸軍次官柴山兼四郎中将 自叙伝』H22-6pub.
 S7の兼四郎の講演。張学良は日本政治の与野党間のまとまりの悪さなどにとても詳しかったがゆえに、日本人が集団行動を決心したときの恐ろしさを下算した。日本軍との正面衝突をたくみに避けつつ、すこしづつ日本の在満権益を暴力で蹂躙し、剥ぎ取る。そのたびに、日本国内で怒りの声が上がるが、与野党も官庁役人も決してまとまらないし、しばらくほとぼりを冷ませば日本人はすぐシナ人の悪さを忘れる。そこでまた事件を起こす。これを気長に繰り返せばOKだと踏んでいた。
 ※まったく今日と同じ手口。尖閣も小笠原も、このパターンの飽きもせぬ再演に他ならない。

▼歴史科学協議会『歴史科学体系 第十巻 日本の産業革命』1977
 吉田光邦の1968論文が戦後日本の小火器/工廠研究をながらく方向付けていたことがわかる。それを1990年代後半にガラリと変えたのが兵頭による「造兵三部作」だ。

▼高柳光寿ed.『日本の合戦 第8巻』S40
 鳥羽・伏見で徳山兵は何をしていたか。

▼防研史料 『大山陸軍卿 欧州巡視目録』M17
▼防研史料 『昭和十九年海軍航空補給参考綴』S19-8 /山ノ上 部員
▼防研史料 『昭和19年海軍航空補給参考書綴』〔箱8/マル5/全般/41 〕
▼防研史料 第31海軍航空廠『修理兵器月報調書』S20-2
▼防研史料 海軍航空廠『参考諸表』S10-4
▼防研史料 『零式一號観測機一型講習参考資料』S16-11-2

▼防研史料 『第六航空隊戦闘機隊戦闘準則』
 後上方は、45°を守れ。
 陸攻への攻撃は、一撃のみである。だから、常に後上方1000mをカバーするように護衛しながら飛べ。

▼防研史料 『中攻空中戦ニ関スル戦訓所見』S14-8-1 海軍航空本部
 200m以内では、お互いの動作・表情がよく分かるので、機銃が故障しても故障などしていないというフリを続けることが大切である。

▼資料調査会『海軍 第11巻 小艦艇 特務艦艇 雑役船 特設艦船』S56
 軍人の指揮官が乗船して操船を指揮すれば、それは国際法上、軍艦である。
 ※このことから考えても、軍人を「偽装漁民」に仕立てることの愚策たるゆえんが悟られるであろう。島に上陸後、身柄をおさえられ、身分が明らかにされれば、中共は国際法上の「侵略」および「ハーグ戦争条規違反」の歴然たる証拠を日本に進上したことになる。身柄が日本側にある以上、中共は宣伝戦で完敗なのだ。

 病院船としての通告がなされていても、船内に捕虜を収容したりしていれば、それは拿捕できる。

▼『偕行社記事 No.724』S10-1
▼カレル・チャペック著、小松太郎tr.『園芸家12カ月』中公文庫1975、原1929
 労働者ロボットの発想は園芸のタネ播きから来ていたこと、そして園芸は反共の趣味であることが、本書によって理解される。
 ◆  ◆  ◆
 「読書余論」は、主に軍事系の古本を、兵頭が注目した一斑の摘記や読書メモによって紹介し、他では読めないコメントも附しているものです。(配信されるファイルはPDFスタイルです。)

 あまりに多すぎる過去の情報量の中から「兵頭はここは珍しいと思いました」というポイントだけ要約しました。

 大きな図書館に毎日通えない人も、最低費用で、過去の軍事知識のマニアックな勘所に触れることが可能です。
 また、ミリタリーしか読んで来なかった人には、他分野の情報が、何ほどか有益かもしれません。

 「読書余論」は、毎月25日に「武道通信」から最新号が配信されます。1号分の購読料は500円です。
 バックナンバーも1号分が500円で、1号分のみでも講読ができます。
 過去のコンテンツは、配信元の「武道通信」のウェブサイト
http://www.budotusin.net/yoron.html
 で、タイトルが確認できます。

 PDF形式ではない、電子書籍ソフト対応の「一括集成版」もできました。詳細は「武道通信」で。

 ウェブサイトでわからない詳細なお問い合わせは、(有)杉山穎男事務所
sugiyama@budotusin.net
 へどうぞ。