[1003] 皆様のご意見 投稿者:異邦人 投稿日:2003/07/30(Wed) 13:35

連続して投稿いたしまして、申し訳ありません。また、先の投稿に誤変換がありましたことをお詫びいたします。

NYTの記事については、十分な時間を割くことができず、かつ、一人でやっておりますので、その記事の解釈について私個人の主観がかなり入っている恐れがあります。もし、皆様のご意見、たとえば、「考えすぎ」、「過剰反応」、「あなたの解釈の方がおかしいんでは?」といったご意見がいただければ、大変ありがたくおもっております。

なお、この投稿に私の電子メールアドレスを追記いたしました。よろしければご利用ください。
掲示板をご利用される皆様にこれ以上ご迷惑をかけないよう、以降の投稿を控えます。


[1002] Re[1000]: (無題) 投稿者:異邦人 投稿日:2003/07/30(Wed) 12:53

うわさの異邦人です。深夜に書き込みしております。
私は、現在、ペンシルバニア大学のロースクールに留学中のものです。私は、NYTでの兵頭氏についての記事を語学の先生から知りました。

アメリカ人の受け取り方は、ノーツさんのご推察のとおりです。アメリカ人は「日本は核武装するつもりなのか!?」と大変驚いています。だからこその第一面掲載なのです。
また、ダダ龍様の翻訳は、非常に正確です。ありがとうございました。

私は、この記事をみて大変驚きました。
兵頭氏のことは、私を含め留学生の誰も知らず、語学の先生に言われたことはまったくの寝耳に水。
そこで、このような記事が一流紙にでては大きな誤解が生じるため、NYTにフィードバック(苦言に近い)をかけようとおもいました。
この掲示板に書き込みをしましたのは、兵頭氏について、どういう人物なのか知りたかったからです。文芸春秋(諸君の出版社)にも電子メールおよび国際電話をいたしました。うるさそうにされたけれど。

私がこんなにこの記事を重大に考えている理由は、
1)現在、韓国、北朝鮮との関係がギクシャクしているところで、このような記事が大新聞で出ると、日本のこれらの国々との関係が悪化しかねないと危惧しております。
同じ記事を読んだ韓国人やタイ人の方も同じように心配していました。
2)イラク戦争は誤った情報からおこりました。この記事もこのような事態のきっかけとなりかねないのです。

NYT記事全体では、「兵頭氏は大学で講義をしていて、ラジオでも自分の説を表明している。彼の説は、学会でも大衆の間でも飛びぬけているのではなく、彼のように考えている日本人も多い」と読むことも可能です。
実際の彼は、「彼は学会に籍をもつ学者ではなく彼の意見は評論家としての意見であり、彼は大学で講義をしているわけではなく講演をしたのであり、ラジオ番組は、深夜のエンターテイメント性の高いもの」であるとおもっております。

近日中にNYTに苦言を送るつもりです。(本当は、授業が意思がしく手それどころじゃないんだけど・・)
私のほかに日本人が大勢いて、しかも彼らのほとんどは中央官庁の役人、弁護士、裁判官なのですが、私のプランには賛同してくれなくて、連名で投書してくれる気配もありません。夕食の際に話題にしたら無視されてしまったくらいです。孤立無援の状況です。

ちなみに、私は原子炉の設計にかかわったことがありますが、「核武装が安上がり」という兵頭氏の意見には純粋に経済的な面だけでみても、同意できません。

勝手な書き込み、すみません。掲示板に慣れていませんのでマナー違反でしたら、どうかご容赦を。


[1001] [虫のよいお願いシリーズ] 投稿者:管理人 投稿日:2003/07/28(Mon) 23:22

こんばんは。最近ps2と、今更ながらにドリームキャストを買いました。後者は、ただ一本だけをクリアする為に買ったんですが、(勿論中古品)予想した通りのクソゲーで大変満足しております(笑)
前者は、リメイクばっかりな気がします。
スカパーのアニメ・チャンネルで一週間に2.3回同じ番組を放送する理由が少しわかったような。

さて、7月の終わりに[虫のよいお願いシリーズ]です、よろしくお願いします^^
----------------------------------------------
(兵頭 二十八 先生 より)

 皆様、暑中お見舞申し上げます。

 現在わたくしは、帝国陸軍が明治37年に内地から旅順へ持って行った「28cm榴弾砲」から発射された「堅鉄榴弾」についてできるだけ深く広く調べようとしておりま
す。
 それで岐阜県のお近くの方にお願いがあります。

 インターネット情報によれば、不破郡 垂井町 東2丁目 の「喜久一九稲荷神社」の境内に、旅順で鹵獲し日本まで回航してきたロシア軍艦『バヤーン』の船内から2発発見されたという(おそらく不発の)28cm砲弾のうち1発が展示されているとか。

 まことに勝手なお願いですが、この砲弾のディテールを、できるだけ鮮明な写真に収め、それをこのサイトの一隅にて公開して戴けないでしょうか?

 そのさい、次のリクエストがあります。

一、他の砲弾との間違いでは絶対にないことを確実に承知するため、直径、銅帯のない胴中の外周長、全長を、それぞれ実測してみてください。

二、弾底信管の螺部分の大きさが精密に分るように、そこに巻尺/モノサシを当てた写真も撮影してください。

三、弾頭部分に何かネジこまれていないかどうか、クロースアップもお願いします。

 この三つ目のリクエストの意味は、「28cm砲弾」にも数種類があって、弾頭に信管のついているものは、旅順で発射された「堅鉄榴弾」ではないのではないかと疑われるからです。
 じつは函館の「船魂神社」にも、函館要塞の重砲連隊が大正時代〜昭和前期に奉納した28cm砲弾が現存するのですけれども、これは弾頭に信管のようにも見えるものがネジ止めされています。(ちなみに砲弾の外肌は赤錆びてはおらず、ナマリ色で、これは「一号釜石鼠色銑」、つまり南部鉄の鋳物であったという情報に合致するかもしれません。)

 この他、大連の博物館にあるというタマも、インターネットの写真を見るかぎりでは、明治37年に旅順で撃った「堅鉄弾」ではないのではないかという疑問が湧くのです。(日露戦後に旅順要塞の主となった重砲兵部隊が持ってきた、普通の榴弾、あるいは榴霰弾ではないか?)

 他にも、「近くの神社に直径28cmの砲弾がある」という情報がございましたなら、
この掲示板にご一報くださいますと幸いに存じます。

----------------------------------------------

(管理人 より)
嗚呼・・・濃いリクエストだ(笑)

残念ながら私は福岡市在住なので、全然遠いです。

画像の形式は、大体何でもokです。
もし送っていただける方いらっしゃいましたら、[scheherazade@elle.design.co.jp]までよろしくお願いします。

兵頭先生絶賛のオンライン本「軍事史からみた南京事件の真実/別宮暖朗 著」[http://www.budotusin.com/]が出たのですね。
こりゃあps2にかまってる場合じゃないぜ、という事で、買おうかなと思っております。

私も2003/8:発言者:”「単一戦場燃料」で北海道経済が変わる”ようやっと届いて、読みました。ガソリンや灯油が大好きだという一風変わったアナタもチェック。

そんなわけで、失礼します。


[1000] (無題) 投稿者:ノーツ 投稿日:2003/07/28(Mon) 19:27

ダダ龍さま

さっそくの解説、ありがとうございます。
せっかく兵頭先生がNYTに取り上げられたんだから、ここはきちっと academic establishment も調べて、ウラも取りたかったんですけどね。そこまでする時間と根性がないもんんで(とくに後者)。

それにしても、あの記事、アメリカではどんな反響をよんだんでしょう。そこらへんを異邦人さんが教えてくれると、うれしいんだけどなあ。アメリカに知り合いいないしさ。海を渡ったのは修学旅行で九州へ行ったときと、19の晩夏に北海道へ行ったときだけという我が身が哀れである。


[999] 記事の訳 投稿者:ダダ龍 投稿日:2003/07/28(Mon) 17:59

ノーツさま

NYT記事の訳、ありがとうございます。ご指摘のとおり、academic establishmentはまったくちがうものをさしているとおもいます。学究機関・研究所のようなものでしょう。たとえば『岡崎軍事研究所』とか…。したがって、問題の部分の意味はつぎのようになります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

学究機関から小泉総理にいたるまで、日本が軍事上の役割をもっと明確に打ちだすべきだという主張を唱えているなかで、もはや兵頭氏は突出していない。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


[998] (無題) 投稿者:ノーツ 投稿日:2003/07/27(Sun) 15:29

最近掲示板が閑散としてるなぁ、と思ってたら、なんと我らが兵頭先生がアメリカの権威ある新聞に取り上げられたというじゃないですか。そりゃーすごい!

で、異邦人さんの訳文を拝見したんだけど、あれを読んだ限りじゃ、「極東にバカがいる」なんて記事に思えるじゃん?仕方ないから自分でNYTを入手したよ。そしたら兵頭先生、ずいぶん大きく取り上げられてるじゃないの。しかも、でっかい写真つき!これで「極東にはバカがいる」なわけないよな。あんなに紙面を割いてそんな記事を掲載するんじゃ、そっちのほうが「バカ」だって。だから自分で訳したよ。

=========================

少し前まで、「日本の核武装四か年計画」を著した兵頭二十八といえば、狂信的な異端児の一部であった。その思想は、平和主義が主流の中にあってはかなりそこからかけ離れたものであったため、寄稿するのも有名ではない雑誌に限られていた。

しかし、最近の兵頭氏は、東京でも一流のラジオ局で番組を持っているし、大学のキャンパスで行った講演も好評である。既成の学会から小泉総理にいたるまで、日本はもっと積極的に軍備の拡充をはかるべきだと提言する人がいるが、その中でも兵頭氏が特別なことをいっているわけではないのだ。


「長年、わたくしは核武装こそ安価な解決策だと主張してきました。フランスを例に挙げてみましょう。フランスには最低限の核抑止力しかありません。これで防衛費は日本よりはるかに少なくてよいのです。それでいて、攻撃される恐れもありません」と、日本の軍隊(正式名称:自衛隊)に以前入隊していた兵頭氏は言う。
=========================


ただ引っかかったのは「既成の学会」。academic establishment には、たしかにそういう意味があるけど、実際にそんな「学会」なんてあったっけ?ないよなー。
まったく違うものを指すと思うんだけど、残念ながら、自分じゃそこまで調べきれない。英語に堪能な方、事情通の方、ご存じだったら、教えてください。もちろん「あんたの訳は、ここが違う!」というものも歓迎。

そいじゃ。


[997] Re[996][995]: 米の国の新聞。 投稿者:管理人 投稿日:2003/07/26(Sat) 02:26

こんばんは。どうもたくさん雨が降る最近ですね。まぁ、涼しくて良いのですが。


異邦人 さん>

アメリカ留学中なんですか、カッコイイですね。
私も今日、奇特な知人が翻訳してくれたのを、メールで読みました。

「翻訳」も投稿頂きありがとうございます。(「知人訳」では、もっと兵頭先生に好意的っぽい風でしたが、まぁ、私は英語がわからないですし、一国の首相よりも写真が大きかったのでそれだけでもうオールオッケーです(笑))

メールをお送り頂いたそうで───それが帰って来たそうで・・・何でだろ、と思っています。ちゃんと届く筈なのですが^^;今はちゃんと届くみたいです。

以下、私なりの回答です。なんかヌルい答えですいません。
私が答えるような問題でも無い気がするんですが(笑)
まぁ、ともかく。

1:匿名の方からメールでデータを頂きました。何でその方が経歴...etc・・・のファイルを持ってたのか、実際よくわからないです。
(間違ったデータではない筈です。)

2:SKY PARFECT TV のfmラジオ放送 STAR digio 400ch(FM:ch.400=総合放送)[http://www.stardigio.com]で
『salon28』という番組が放送してますよ。(アメリカでも「スカパー」というのは受信できるんでしょうか・・・。)

3:わかりません。別に、何処かの大学の専属講師とかではないんでしょうし、特定の大学ではないのではないでしょうか。
私は残念ながら行けませんでしたが、先日の早稲田大学での講演会は大好評を博したそうですよ。素晴らしい。

4:大体そのとおりだと思います。(経済的合理性最優先にしていい問題としてはいけない問題があるよ、と「軍学考」に書いてあったと思いますが)

以上です。

今後ともどうかよろしくお願いします。

失礼します。


[996] Re[995]: 米の国の新聞。 投稿者:異邦人 投稿日:2003/07/25(Fri) 20:45

はじめまして、管理人様および皆様。

急に書き込み(生まれて初めて)をいたしました。
ご無礼をお許しください。
私は、アメリカ留学中で、この掲示板で少し話題となったニューヨークタイムズの記事を読んだものです。
私は兵頭氏のことをまったく知らずに記事を読んだため、彼がどのような人物なのかを調べるためにヤフーで検索したところ、あなた様のホームページを見つけました。
さて、7月22日のNYTの記事はインタビュー記事ではなく、この記事中で兵頭氏に関する記載は2箇所だけであります。その部分を訳します(全訳しましたが、若干変な訳の部分があるのをお許しください)。

以下、翻訳。*****************

(第1から第2段落)
東京7月21日。それほど前ではないが、日本核武装4カ年計画の著者である兵頭二十八は、きちがいじみた過激派の一部であった。彼の考えは平和主義者の主流とはかけ離れていたため、彼の考えは目に付かない雑誌にのみ掲載されていた。
こんにち、しかしながら、彼は、大手の東京ラジオ局で自分のプログラムを持ち、そして大学構内では、人気のある話し手である。既成の学会から、日本は積極的な軍隊となることを主張する首相の小泉純一郎までのみんなのなかで、兵頭がとても突出しているわけではない。
(第22段落)
「長年、私は核武装は安価な解決方法であるといい続けてきた。われわれは、最小限の核抑止力を持つフランスの例を引きたい。フランスは、これにより、攻撃を避けながら防衛のための経費を日本よりもはるかに安くすませている。」と、自衛隊の元メンバーであった兵頭は言っている。

以上、翻訳終わり。**************
私はこの記事を読み、彼に関心を持ちました。
そこで、管理人様に質問があります。教えてくださいますと、大変うれしく思います。
1)兵頭氏の経歴は、どのようにして手に入れられたのですか。
私は、彼の経歴をできるだけ確実なところから入手したいと思っています。
2)彼は、どこのラジオ局でどんな題名のプログラムを持っているのか教えてください。
3)彼は、どこの大学で人気になっているのですか?そこにいけば彼のファンがいると思うのですが。
4)私は彼の著作を読んだことがありません。彼は核武装に関して23段落目のような意見をお持ちなのでしょうか。

この掲示板の荒らしになってしまったらお詫びします。
それでは、失礼します。
(本当はメールを打ったのですが、そちらに届かずに帰ってきてしまいました)


[995] 米の国の新聞。 投稿者:管理人 投稿日:2003/07/23(Wed) 23:32

どうもこんばんは。
私も「発言者」を始めて買いましたよ。ちょっと、読みたい部分と読まなくてもかまわない部分のバランスが悪い気がしますが(笑)まぁ、どうしても読みたいんだから、別にかまわないんですけどね。
以下、兵頭記事のデータです。
------------------------
月刊[BAN](旧トップ・ジャーナル)2003/8 号
世界を良い方向へ変えていく そのために日本警察が果たす役割は大きい/p10
(無記名記事)

-----------------------
で、新データ。今日とある奇特な御方から教えて頂き、おぉと思ったのが↓です。「紙」の方は日本に来るのに少し時間がかかるそうですが、ネットならすぐ読めます。(とはいえ、英語が読める人だけですけど)
-----------------------
2003/7/22/NYタイムズ:兵頭二十八先生のインタビュー記事

-----------------------
http://www.nytimes.com/
↑ここで読めますよ。(メンバー登録が必要ですが)
私は一応登録して確認しましたが、全然読めません(笑)写真が無かったら、兵頭先生のインタビュー記事だと気付かなかったかもしれません。英語がちゃんと読める知人に翻訳してもらおうかなぁと思ったり何だり。

さてご存知の方もいるかもしれませんが、↑の事教えていただいた方から聞いて、へぇ、と思ったのですが、昔兵頭先生がインタビューを受けたワシントン・タイムズは、あんまり有名ではない新聞だそうで、でも、NYタイムズはとても、メジャー───というか「権威」がある、と───な新聞だそうなので、こりゃあ大幅ランクアップなんですかね。素晴らしい。(まぁ、私は、西日本新聞くらいしか読んだ事がないんですが。後「九スポ」(笑))
私としては、何でいまさら無記名で載せるんだよ[BAN(旧・トップジャーナル)]、とだけ申し上げたいですが(笑/思いっきり「兵頭文体」とはいえ、気付けない人は気付けないでしょうし)

それでは失礼します。


[994] 韓国で有名な・・・ 投稿者:螺鈿 投稿日:2003/07/23(Wed) 08:19

お久しぶりです、「2ちゃんねる」でこんな記事を発見しました。

日 '核武装では' 力積まれる 北核・中影響力拡大など言葉尻世論拡散
http://korea.hanmir.com/ktj.cgi?url=http://www.joins.com/internatio/200307/22/200307221804127871160016201621.html
日本で北朝鮮の核脅威などを言葉尻でたいてい '核武装では'が拡散しているとニューヨークタイムスが 22日報道した.
新聞は去る 4月公開された日本読売(読売)新聞世論調査結果を引用して
"前後今年初めて日本平和憲法第9条 '戦争禁止'条項の改訂世論が反対世論を先に進んだ"とこのように伝えた.

新聞によれば日本は前後 50年の間週間米軍の保護と莫大な経済力を土台で安保を維持して来たが
◆米軍の再配置動き◆中国の影響力拡大◆北朝鮮の核脅威によって防衛費負担が増えるようになると核武将論が峠を持っているというのだ.

日本東京(東京)ラジオ放送の軍事評論家と同時に '日本核武装 4ヶ年計画'の著者である親孝行ニソしなさい(兵頭二十八)は
"過去フランスの場合核抑止力を取り揃えることで現在は日本より防衛費をもっと少なく使っている"と "
日本はフランスの例に従わなければならない"と主張した.

タイムスはこんな雰囲気を乗じて小泉純一郎(小泉純一郎) 日本総理も自衛隊を '国防軍'に再編する方案に引き続き
アメリカ式 '国家安全保障会議(NSC)'の新設を推進していると伝えた.
日本はまた自体技術でイジズ級駆逐することと F-16級戦闘機を開発したのに相次ぎ最近には 10億ドルを入れて
攻撃用ヘリを搭載することができる 2万t級半分(半)空母を建造する計画を推進の中だと新聞は付け加えた.(引用終わり)

リンク先はニュースについての掲示板になっているのですが、韓国も核武装すべきだと言う意見がありました。
軍師殿の言う、核拡散による核廃絶は意外と近いところにあるのかもしれません。 



[993] ちょいデータ。 投稿者:管理人 投稿日:2003/07/20(Sun) 00:29

こんばんは。
さて、先週はながい・みちのりさんがゲストで、今日のサロン28はリゾート地の話。だったでありますね
「上流階級と下層民の区分」・・・はなんかこれから出来そうではあるんでしょうけど、首都圏の100km圏内に御大尽が定住する「住み分け」はやっぱ、起きるんですかねぇ・・・。
ただ、なんか日本の上層民は、下層民と同じ場所で暮らしたがるモノズキが多いような気もするんですが。
まぁ、これは単純に私が田舎モノで、清濁いろいろとにかく人の多い所が全ての中心、とか思ってる所為ですけど。でも、東京の総スラム化はありそうな気が・・・さすがに、無いか?これも、私が首都圏にちょっとだけ居た期間に、記憶に残っているのが川崎と池袋だけだからですかね。川崎は、ホームレスが駅のすぐ傍に長屋を作っていたり、川崎駅近くの図書館の隣の広場(駐車場?)で、肉まんを配給されていました。私は、良い機会だから肉まんを貰おうと思いましたが、結局貰うガッツがありませんでした。無念。
私は、就いている仕事の関係上所謂ダメ人間(笑)───といいますか、「日本最貧乏」みたいな人々とやたらに話す機会があるんですが、日本はとりあえず、働かなくても生きていけるんだ、とつくづく思い知りました。上層民/下層民に分離して後者に組み込まれても、もしかしたら、結構、元気に暮らしていけるかもしれないから、それはそれで良い世の中かもしれませんですね。全然良くないか。

さて、本題。ちょいネタです。
兵頭ファンなら必見のサイト・第一次大戦[http://www3.kiwi-us.com/~ingle/index.html]の往復書簡[03/6/28…#24]で
出てきた、兵頭先生の司馬批判が紹介された東京新聞記事───は下記です。
最近は(?)図書館も土日祝日開いてますし、気になる人はチェックです。
教えてくれた方、本当にありがとうございました。
-------------------------
東京新聞:1998/2/18/夕刊/9面:竜馬と司馬遼太郎
------------------------

それでは良い連休を。
失礼します。


[992] 正論・発言者 投稿者:ダダ龍 投稿日:2003/07/18(Fri) 19:38

ごぶさたしています。

『諸君!』8月号は、「是か非か 日本核武装論」を特集にしています。核武装を選択肢のひとつとして普通に論じられるようになったのは進歩ですね。この特集に対する軍師の感想は、8月1日発売の『正論』に掲載されます。諸君、括目して待て!

今月号の月刊『発言者』の『ひょーどー漫言(60)』は「単一戦場燃料で北海道経済が変わる」です。記事そのものは、いずれ枯山さんが要約してくださることとおもいますので、ここでは軍師の記事をより楽しむための参考をかきます。

まず、いきなりJP-8+100が登場。最近、自衛隊が空中給油訓練を実施したことは、航空雑誌などの記事になっていますね。でも各誌とも防衛庁記者クラブでの発表をもとにしているようで、内容はにたりよったり。燃料について言及したものは皆無でした。軍師の記事では、自衛隊機に燃料を提供した909ARS(第909空中給油飛行隊)が本拠にしている嘉手納には空自用のJP−4がないので、きっと米軍標準仕様のJP−8、しかも新規格のJP−8+100だろう…というのがマクラになっています。専門誌かおまけのコイ内容ですが、公開情報にもとづく推論で、これに気づかなかった航空誌記者諸君が阿呆ぞろいなのでしょう。

軍師がかかれた「JP-8+100」というのは、ひとことでいうと、熱安定性を華氏で325度から425度まで100度たかめたジェット燃料のことです。そもそもは、F−22などの新世代機で、エンジンや電子機器の冷却に燃料をもちいる「ヒート・シンク」という設計概念のもと、熱による燃料の劣化を抑制するための添加剤を米軍が要求したのが発端です。審査に合格したのは、水処理剤大手メーカーであったベッツ・ディアボーン社が開発した添加剤『スペックエイド8Q462』だけ。これを米軍が制式採用し、JP−8に256ppmの濃度で添加したものをJP−8+100として軍規格(MIL−T−83133E)で制定したというわけです。その後ベッツ・ディアボーン社はGEの子会社になり、GEベッツに社名変更しています。もっとくわしく知りたいかたは、GE Betz SpecAid をキーワードにネットで検索してみてください。

本来、JP−8+100はヒートシンクを想定したものなのですが、運用試験でおもわぬ付随効果がみつかりました。エンジンの燃料ノズルと燃焼室まわりのカーボンやガムの付着(コーキングという)が激減したのです。エンジンのヨゴレなど些細なことのようですが、米空軍全体では整備作業と補修部品の経費をおおきく節約できます。そこでヒートシンク使用機にかぎらず、米空軍の主要作戦機すべてにJP−8+100をもちいるよう、数年かけて転換しました。米空軍も、もともとは空自とおなじワイドカット系のJP-4をつかっていたのですよ。

さて、軍師はここで「単一戦場燃料」にハナシをふっています。米空軍がJP−8(およびJP−8+100)に転換した背景には、単一戦場燃料構想(Single Battlefield Fuel)があります。陸海空・海兵隊すべて共通で、艦艇をF−76(軽油の一種)、航空機と地上車輛を戦域に応じてJP−8またはJP−5のケロシン(灯油)系に統一するというものです。例外はU2偵察機専用の特殊燃料JP−TSぐらいです。F−16も、M1エイブラムズも、ハンヴィーも、すべてケロシン系の燃料に統一されます。アフガンおよびイラクにおける作戦では、すでに大部分がJP−8系の単一運用になったといいます。なお、JP−8+100にも問題があって、地上車輛に使用するとエンジン故障が発生するおそれがあるそうです。そこで米陸軍は「JP−8+100を使うな!」という通達をだしています。

米軍は2010年までに原則としてガソリン車をなくす計画です。特殊作戦用の軽車輛も、ディーゼルエンジンや電気式のものに更新中です。たとえばカワサキKZ125を電池式モーター駆動に改造したものや、ディーゼルエンジン駆動の小型六輪車『Mゲーター』などがあります。Mゲーターは、もともとゴルフ用のカートで、ジョン・ディーアという農耕機械メーカーがつくっています。ちなみにデヴィッド・リンチ監督の映画『ストレイト・ストーリー』では、主人公のじいさんがのっていた小型トラクタはじめ、ジョン・ディーア製の車輛がまるでカタログのようにでてきます。特殊作戦用の軽車輛については、『ナショナル・ディフェンス』誌に関連記事があります。

 ■ナショナル・ディフェンス ⇒ http://www.nationaldefensemagazine.org/article.cfm?Id=1134

ここまでがマクラです。米軍のハナシだけで楽に一本かけるのですが、本論はこのあと。じつに贅沢ではありませんか。あの爆笑王・桂枝雀が「日和違い」のマクラに地球の誕生から人類の直立歩行までを演じてみせたような豪気さでございます。で、なぜ燃料の統一で北海道経済が変わるのか…。これは『発言者』をかってよんでください。兵頭流経済学の真骨頂に、なるほど…と納得です。なお本論にでてくる添加剤は、『スペックエイド8Q462』とはまったく別のもので、ディーゼルエンジン用のものです。

 ■添加剤の一例 ⇒ http://www.mechadock.co.jp/arema.html

次回は、「ディーゼルエンジン」を論ぜん。


[991] 間違い 投稿者:剣垣文家 投稿日:2003/07/17(Thu) 18:32

 すいません兵頭語録のp154間違えました。

 誤なにがおきても大丈夫だ。 
 正何が起きても大丈夫だ。
管理人様にご迷惑をおかけします。真に失礼しました。


[990] 兵頭語録 投稿者:剣垣文家 投稿日:2003/07/17(Thu) 18:23

 どうも、こんばんわ。剣垣文家です。なぜか兵頭語録が寂しいような気がするので付け加えます。管理人様、ご迷惑をおかけします。
武侠都市宣言  p20
 言語情報は世界そのものである。
 つまり、言語の数だけ世界があるのだ。
 その語圏、つまりその世界でしか通じないレトリック、語勢、リズム、サビ、共感買い、笑かし、泣き落としが当然にある。
 理想も、言語(体系)と不可分だ。
 ある言語(世界)の長所も欠点もすぐに変わるものじゃない。
 従って世界公用語はあり得ても、世界共通語や、世界共通の理想は、現在のところないのだし、予測し得る将来にもないだろう。ある言語世界が、他のすべての言語世界を消滅させる日でも来れば、話は別だろうが。

p72 
その可能性を予め測ることのできるのが人間存在であり、考えもつかないのがサル・イヌ・キジ・ネズミ・ネコ・イルカ・ウサギ・カニその他もろもろの動物である。

人間は予測が出来るがゆえに罪深いと欧米人は思っているのでしょうね。

 p154
 なにもかもうまくいかないことを前提に、手元から固めておけば、なにがおきても大丈夫だ。

なにもかもうまくいくことを前提に考えているのが日本人なのでしょうね。

では管理人様、よろしくお願いします。 では失礼します。


[989] arms square 投稿者:管理人 投稿日:2003/07/16(Wed) 23:08

どうも、こんばんは。はじめましての方、はじめまして。場末っぽさに磨きがかかる最近ですが(笑)今後ともどうかよろしくお願いします。

兵頭投稿記事のデータをいただきましたので、以下。
例によって私はまだ未確認です^^;(あまり読んだ事の無い、Arms Magazineでして・・・)
------------------
1989/8:ホビージャパン:アームズ・マガジン:P134
銃床組み込み式の擲弾発射器の提案
斉藤浩 名義
------------------
私も早よ読めるように、何とかします。
データ下さった方、本当にありがとうございました。

付記:エヌピー通信社「納税通信」2003/7/14号8面は『日本の税制再考/兵頭二十八』でした。
税理士等にお知り合いのいる兵頭ファンは、チェックです。

失礼します。


[988] 御大の本二冊ゲット 投稿者:剣垣文家 投稿日:2003/07/12(Sat) 12:45

 注文した「戦争の正しいはじめ方、終わり方」と「ニュースではわからない戦争の論理」がようやく手に入りました。
最高です。小さな戦争が大きな戦争を止める。「ロードス島戦記」のカーラは正しかったのですね。
とりあえず、兵頭語録で「ニュースではわからない戦争の論理」
p143 個人尊重とは、集団が個人を尊重するのでもなく、また、他人が尊重してくれるのでもありません。個人が、自分を尊重させるように行動するのであります。自分自身の行動、すなわち神の支配ではなく人間の政治が、万人にとって理想的に近い法律をこの地上にいきわたらせる。このローマ法精神の真諦が、自由主義を外国人の支配者から与えられた日本人には今もって分からない。したがって、くどいようですが、日本は実はまだ「近代」すら無いのであります。

自分はこれを読み日本も白人の如く中国や韓国人を軽くあしらえるようにならなきゃだめだなと思いました。そして日本人の精神の近代化をすすめるためには何すりゃいいかと考えています。

ところで御大仰る「基準」を身に付けるために必要もしくはお勧めな古典を教えてください。お願いします。
そういえば自分の好きな鷹見一幸先生の「時空のクロス・ロード」
は未知のウイルスによって崩壊した世界が舞台なのですが、生き残った人たちは校舎や市役所にバリケードとフェンスを造って立て篭もり、暴走族や宗教団体と戦い続けていました。まさに「武侠都市」を体言してました。やはり絶滅戦争が起こりうる世界では人は武侠にならなければ生き残れないのですね。
それでは失礼します。


[987] ようやっと買えた、読めた。 投稿者:管理人 投稿日:2003/07/06(Sun) 03:25

こんばんは。

今回のsalon28はカーレースについて・・・でしたね。馬レースが進化したのが車レースってのは、かなり納得できた気がします。
ともあれ、どう考えても、あんなネタの使い方してたら、常人ならいずれ絶対息切れするように思えるんですが、だからこそ面白いラジオ番組です(笑)スカパーはなんか時々突拍子も無い番組はじめたりしますが、salon28はgoodです。前番組の「トペ・コンヒーロー」の喋りは全然面白くないですけど(笑)
私は生まれて初めてラジオ番組を、楽しみに、楽しく、聞けております。


福岡は辺境なので、「戦争の正しい始め方、終わり方」7/3にようやっと買えました。新刊。いや、全く、面白い。ラストで意見がちょっと分かれる演出(?)も良いです。
最近は、結構沢山兵頭記事も読めるようになりましたし、良い時代になりました。
雑誌「正論」8月号は「役立たずの老犬」───学校の先生について───でしたね。
全然関係無い話ですが、私の友人で中学校の数学教師がいます。一応若手だからと、バカみたいにコキ使われ(キャンプとかでは徹夜で見張り・・・歩哨か?(笑))、炎天下の中走らされ(体育会)、何の興味ももてないジャンルのクラブの顧問をさせられ・・・先生というのも大変な職業であるな、と、学校に行かない年齢になってようやっと私は思いました。
どんな客商売でも、───かなりアクどい商売でも───客から感謝される事はあると思いますが、自分を思い返してみればわかるように、ガキは教師に感謝なんかしないですし(笑)

枯山 さん>
お世話になっております。ありがとうございます。
私も振込用紙を手に入れたので(なくても買えるでしょうが)発言者、買う所存であります。平日中々時間が取れなくて、手間取ってるんですが・・・今後ともよろしくお願いします。

失礼します。


[986] 六月に注文した御大の書物がまだこない。 投稿者:剣垣文家 投稿日:2003/07/03(Thu) 20:56

こんばんわ。

兵頭語録に『地獄のX島で米軍と戦い、あくまで持久する方法』ガなかったので書きます。

P4、11行目 敵を知り、己を知り、更に最悪を知ることこそ、真の強者の資格だ。

これは御大の権力の定義並にすごいものだと思います。

P337 一国民は、騙しえるし、また、騙され得る。頭の良い、教育を受けた人間でも、全員がひっかかることがある。けれども、十年、数十年、数世紀が経つうちには、それを見破るものが一人か二人くらいは現れるのだ。人間に期待できる理性は、この程度だ。

悲しいかな、これが真実なのでしょうね。


[985] 中西輝政 投稿者:金狼 投稿日:2003/07/03(Thu) 20:01

はじめまして。

「諸君」を立ち読みしていたら、京大の中西輝政教授の
日本の核武装についての論文が掲載されていました。

その中で、「数週間、数ヶ月で日本の核武装が可能だという
論者もいるが、余りにも短絡的だ。」という趣旨の一節が
ありました。これは完全に兵頭先生のことを指している
のでしょう。
中西教授によると、核保有国として独り立ちできるまでには
数多くのハードルをクリアしなけらばならず、最低10年は
かかるとのことです。その間にTMDなども真剣に検討すべし
とのことです。

兵頭先生の反論を楽しみにしています!!


[984] ごぶさたしております。 投稿者:適菜収 投稿日:2003/07/02(Wed) 22:58

あの加藤健二郎さんの新刊がでたようです。ここで紹介しておきます。
『ドキュメント イラク戦争最前線』
 発行・アリアドネ企画。発売・三修社 2200円です。


[983] 定期便其の拾七 投稿者:枯山 投稿日:2003/07/01(Tue) 22:33

 こんばんは。
管理人殿>大変遅くなりました発言者の情報です。平成十五年七月号ひょーどー漫言59「たいこもち 宗旨ばかりは負けて居ず」
 内容:「旧約聖書の民」という優位点を持つイスラエルですらアメリカから有利な政策を引出すために、ソ連公使館に小型爆装無線機を突入させる計画等の自助努力とアメリカをはじめとするG8の国際慣習法構築推進努力に貢献するビジネスパートナーを務めることが出来る事を身を持って継続宣伝しなければならなかった。ましてそんな優位点が皆無な我国は生存の為にイスラエルの十倍百倍の対米宣伝努力が要求される。
 アメリカは現在世界を操作可能な物としてみているふしがある。幸い無宗教指向ではないので一定の歯止めが有るが、神様を隠れ蓑にして政策説明責任を怠るようになりかねないので我国はアメリカに「常に神に支持されるわけではない」「我々はそちらの神とは無関係」との二点を常に直言していかなければならない。
 読み難いですが宜しく御願致します。
 失礼致します。


[982] 読みやすい媒体、読みにくい媒体。 投稿者:管理人 投稿日:2003/06/29(Sun) 23:36

こんばんは。
昨晩のsalon28のゲストは加藤健二郎さんでしたね(・・・って私は誰に話し掛けているのだ)
人間の盾としてイラクに入った話は、かなり、「スゲー」と、面白かったです。
ちょっと前に、何かのニュースで「イラクで民間人の死者は3000人くらいらしい」というのを聞いて、「仮にも首都攻防戦をやってそれくらいなら、少ないんじゃなかろうか」と思いましたが(いや、実際にはどうだか知りませんが)、米国産のミサイルというのは、とてもよく当たるようになったんですねぇ・・・。


件の・・・って私が書いてるだけなんですが、新聞の記事は↓ですね。平成の奇書「日本海軍の爆弾」をお持ちの方は、見比べて見ましょう。私は見比べました。メールをくれた方の仰っていた事が、分かった気がしました。

http://www12.mainichi.co.jp/news/search-news/880747/93c583K83X-0-3.html


------------
6/26のデータの補足

兵頭先生の特別企画としての寄稿が載るエヌピー通信社「納税通信」は、書店販売はしておらず年間購読(購読料3万6700円)のみというもので、国会図書館にも索引集があるだけらだそうです。読みたい方、何とかしましょう(笑)


失礼します。


[981] フシギなメール。 投稿者:管理人 投稿日:2003/06/26(Thu) 00:13

こんばんは。
サイトを始めてから、私も時折、興味深く読んでしまうメールを頂くようになりました。
今日頂いたメールでへぇ・・・と思ったモノの、要約が↓です。
------------------
「毎日ア●新聞」の25日朝刊は見ましたか?
茨城の毒ガス実験について下らない記事が載っていました。

某大学院生が防研の資料を発見!───などと騒いでいるものですが、
”日本海軍の爆弾”の5章を読めば全てわかるようなものでした。
兵頭氏はやはり先の先を行っています。
------------------
私はその記事を未見なのですが───5章は科兵爆弾の章ですね。
「茨城県の実験」というのは、p124の3番1号爆弾の個所なんでしょうかね。
私も相当新聞を読まない方なんですが、ちょっと読んでみようかと思いました。誰か読みましたか?そんなに愉快な記事でしたか?
私は今度の土曜日にでも確認してみようかなと思ってます。
(毎日新聞のサイトには・・・まだ載ってないようです(私が見つけられないだけ?・・・今からコンビニ行っても置いてないだろうし・・・つーか、確認してから書き込みしろよって我ながら思いますが、まぁ、最近書き込みスクナメなんですし、良いじゃないですか(笑)))


さて、以下ちょっとデータ。

1:7/4発行のエヌピー通信社「納税通信」に兵頭先生関係・・・の記事が載る(ラシイ)そうです。
http://www.np-net.co.jp/np/top_2.html

2:黙出版の月刊「黙」に兵頭二十八先生×別宮暖朗さんの対談が載る(ダロウ)そうです。
http://www.moku.com/

3:警察官しか買えない雑誌「トップジャーナル」が「BAN[番]」に名称変更・リニューアルしたんですね。03/08には兵頭記事が載るそうです。(タブン・・・いや、キット!)


・・・私も耳が早くなったなぁ、なんて、有りがたい気持ちで、涙でディスプレイが見えません(笑)。
ありがたいッス!

あと、ちょっと懺悔。以前書いた、「神奈川あけぼの欲しい方、この掲示板見てると良い事あるかも…」というのは、ちょっと止まっております。
ええ、まぁ、止まっております、気にしてくださっていた方おられましたら、申し訳ありません^^;

失礼します。


[980] 師の新刊購入 投稿者:日本人の一人 投稿日:2003/06/25(Wed) 07:00

戦争の正しい始め方、終わり方
兵頭二十八&別宮暖朗
ISBN4-89063-164-X
1600円

池袋のジュンク堂にて初版本を購入。

裏カバーに別宮先生と師の写真とプロフィールが載っておりました。
内容も秀逸で、良い買い物であったと思います。


[979] 書いたけど・・・ 投稿者:剣垣文家 投稿日:2003/06/21(Sat) 11:58

こんにちわ、自分は木更津のとある高校に通う高校生です。
自分は去年の冬頃から先生の本にはまりました。(1年の頃パールハーバーの真実を読んだことがありますが感慨を受けませんでした。)最初に自分が呼んだ先生の最初の本は「武侠都市宣言」です。
それからは一気に木更津から千葉まで図書館を猟歩する日々が続きました。
それから、12ページくらいの御大の主張を、自分なりに高校生にも分かるように噛み砕いて書きましたが、学友達は「難しい」「興味ない」「知らん」と空しくなるお言葉をいただきました。
興味を示し、読んでくれた人は古文の先生と世界史の先生と副校長先生だけでした。
しかしそれでも難しいという評価をいただきました。
自分はもっと修行を積まなければいけません。
自分は架空対話体で書いたのですが、あまり架空人物のキャラクターが出ていませんでした。(まあ男クラに所属し、モデルの人物に7年以上逢っていないせいでしょうけど)
しかし、この御大の非公認ホームページを発見したからには恋愛漫画にははまらず、誠心誠意がんばっていこうと思います。


[978] 面白かったけど・・・ 投稿者: 投稿日:2003/06/19(Thu) 10:25

[971]
2ちゃんねるの一人様

ご紹介くださったページに行って見ました。
見た感じかなり偏った癖のある方が作っているコンテンツのようで(笑
海外のサイトからも引用してきたりしてますね。
自分は外国語がからっきしなので(苦笑)そういうところは凄いもんだな、と思います。

しかし、俯瞰したところ、知識つけたオタクが世の中見下して好き勝手しゃべっているようにしか見えないんですが(苦笑)
まぁ、刺激的かつわかりやすくはあるけど、内容は信ずるのはお勧めできないし、無知の人が入りやすい程度のもんだと。
ただ、刺激が強すぎて偏りそうで怖いんですけどね(苦笑)


[977] 日本の防衛力再考 投稿者:日本人の一人 投稿日:2003/06/16(Mon) 22:39

管理人様へ

兵頭二十八 「日本の防衛力再考」 商品の情報
現在の価格: 16,000 円
残り時間: 2 時間 (詳細な残り時間)
最高額入札者: bkonpo26 (13)
数量: 1
入札件数: 4 (入札履歴)
開始価格: 500 円
入札単位: 500 円
開始日時: 6月 12日 1時 27分
終了日時: 6月 17日 1時 27分
オークションID: d34402849  

「2チャンネルの一人様」の情報提供にあったYahooオークション
http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d34402849ですが、残り時間2時間50分で、現在1万6千円です。

どうやら最高入札者は3万円以上出せないようです。3万5千円を入札すれば恐らく勝てるのではないでしょうか?









[976] 大隈講堂講演会 投稿者:枯山 投稿日:2003/06/16(Mon) 11:08

 おはようございます。

 自分も其日は休日でしたので講演会を拝聴することが出来ました。兵頭氏の核武装論も「防衛力再考」よりも詳細になり潜水艦SLBMのみならず陸のICBMと空の巡航ミサイルを整備して抑止力を確実なものとする考えでした。
 講演の内容は悪くなかったのですが事前質問アンケートに答える時間が思ったよりも長くなってしまい質疑応答時間が五分程になってしまったのが唯一の残念な点でした。
 そんな貴重な時間にもかかわらず自分は核武装とはずれた飛行機の質問で費やしてしまった事を講演会に参加された皆様には申し訳なく思っています。

 失礼致します。
 


[975] 遅れた! 投稿者:管理人 投稿日:2003/06/16(Mon) 00:22

どうも、こんばんは。
昨晩のsalon28、ゲストは小松直之さんでしたね。自分の本業であるマンガの話を一言もしなかったのは、ある意味凄いかも(笑)開祖も貯金が数十万円できて、王侯貴族のように暮らしておられるそうですし、変われば変わるものですね、時代も(笑)
でも、「つい最近出したばっかりの『激論・正しい戦争の始め方〜』」って、まだ出てないですね^^;

お初の方、どうもはじめまして。今後ともよろしくお願いします。

日本人の一人 さん>
>「日本の防衛力再考」がオークションに出ています。残り時間あと4時間。現在の価格3万500円です。

お久しぶりです・・・。今週ちょっとネットにゆっくり繋げなかったんですが、出てたんですね、あのレア本が^^;3万・・・は、正直、キツいんですが^^;いや、もう終わってしまって、残念無念としか言えません。情報ありがとうございました。


2ちゃんねらの一人 さん>
私はそれは、持ってるので、とりあえずパスですね。最近の高騰ぶりを見るにつけ、買っておいてよかった・・・と思います。ヤーボー丼は持ってない方は、結構おおいでしょうし、参加もっと値段も上がるのかもしれませんね。

門弟パイソン さん>
「核実験は、別に必要無い」じゃなかったかと思います。 
(ヤーボー丼収録の講演録)

講演会参加された方、やはりいらっしゃるんですね(いや、そりゃいるでしょうが、この掲示板の中で、ですね)首都圏から帰ってきたのを悔やむのは、こういう時ですねぇ・・・。

失礼します。


[974] ご講演を拝聴させて頂きました 投稿者:ドラゴンY 投稿日:2003/06/14(Sat) 01:56

みなさん、こんにちわ。

私も兵頭先生のご講演を拝聴させて頂きました。
活字を通してのご意見よりも、直接ご高説を賜る方が
さらに心に響くものがありました。

先生の知識の深さと、洞察の鋭さ、話術の巧みさには
言葉もありません。翻ってみて自分の軍事・核に関する
幼稚な認識につくづく勉強不足を感じました。

白状しますと、私は駆け出しですがライター業をさせて
頂いております。本業は自動車ライターですが食べるために
どんな仕事でも引き受けております。

先日、アメリカを批判する内容のムック本のお仕事を頂きまして、
私は軍事関係の記事を担当しました(発売はしばらく先です)。
先生の御講演を拝聴させていただきますと、
自分の原稿に考え違いや認識不足の何箇所もあることに
気がつきました(もう入稿しちゃったし直せないよ〜)。

しかも、版元の意向でもっと反米色の強い記事へと
修正・加筆が加わるようです。
先生の著書を教科書として記事を書いたハズだったのに
出来上がったものはにても似つかないものになってしまいそうです。

ああ、もっと精進せねば…。
まずは初心に戻って古典と講談本を読み返すことにします。

P.S
講演会終了後、先生と名刺交換をさせて頂きました。
短時間ですが直接お話できて嬉しかったです。


[973] 私も行きました(^^) 投稿者:門弟パイソン 投稿日:2003/06/14(Sat) 01:05

はじめまして!兵頭先生のファンです。
「日本の防衛力再考」を始め4〜5冊しか読んでませんが宜しくです。

大隈講堂には、わざと非・核武装論者のミリヲタを連れて行ったのですが
案の定、講演が終ってから歯切れ悪くブーたれてました(w

例えば

「戦車に道路がいらない訳がない」、「中国が敵ってどういう事?」
「人口密度の話で核武装してないスイスを引き合いに出すのは論理のすり替え」
「広島の復興を例にあげて、威力がケタ違いの現代の核兵器の威力を語るのは間違い」
とか帰りの道中で文句タラタラ(w

連れて行ったのは、ちょっと意地悪だったかもね。
「知っている事ばかりだったし大した人物じゃない」とか平静を装って言ってたけど
最後には「まあ、日本が核武装出来るという事はわかった」とも言ってたから
兵頭先生がはるばる函館から講演に来て下さった甲斐もあったかな。

私に関して言えば自分が師と仰ぐ数少ない人物である兵頭先生のお話が直接聞けたので、とても嬉しかった。
今回は「核武装」そのものがテーマだった為に、米国を仮想敵国にするとか
自衛隊を抑止する第二軍隊(武装警察)といった定番話が出なかったのはちょっと残念たけど
学生さんの中には結構ショック受けてた人いたみたいだね。
難しく考え込んで動けなくなっている子がいたもの(w

Q「核兵器以外のモノで核兵器を抑止する事が出来ますか?」
A「出来ません!」(間髪入れず)

↑この学生の質問に答える時、著書の文中にあった
「平和を祈っていれば攻撃されないというのはオカルトである」という一言で駄目押しして欲しかったなあ。


ところで、私は不覚にも最近の兵頭本は読んでないのですけど
先生は「核実験をどこでやるべき」と言ってますか?
かつて読んだけど私が忘れてしまっているだけかも知れませんが
どなたかご存知でしたら教えて下さい。



[972] 大隈講堂に行きました! 投稿者:熱烈読者 投稿日:2003/06/12(Thu) 22:35

こんにちは。
すっかり軍師の講演レポーターと化した熱烈読者です。ご無沙汰しております。仕事をサボって行きましたよ、大隈講堂!観衆は推定百数十人でした。もう今年は軍師の講演はないそうですから、半年に2回も聞けた私は幸せ者です。

水一杯飲まず(たぶん)二時間立ったまま熱弁をふるわれた軍師もすばらしかったですが、早大國策研究會(すごいサークルですね...)の運営も見事でした。このような機会を学生仲間だけでなく私たちのような社会人にまで、何の見返りも求めず与えてくれたことに心から感謝します。

どうしても2月の仙台と比べてしまいますが、正直、本日のセッティングの方が百倍上です。人間、やはり歳じゃなくて中身ですね。最初のサークル代表の方の挨拶も簡潔かつ内容が濃いものであり、大人三人がやった饒舌な「祝辞」より遙かに立派でした。こんな学生さんたちがいるとは、まだまだ日本も捨てたものではありません。

2月、軍師は終始不機嫌(そりゃそうでしょ、だまされたんだから)でしたが、本日はニコニコと上機嫌でありました。講演内容についてはいろいろ新しい話も聞けて面白かったのですが、また本の一部にされるかもしれませんので触れません。軍師、早大の学生さんたち、今日はありがとうございました!そしてお疲れさまでした。

P.S.りおさんもROMしているんなら、たまには出てきたら?すぐ引っ込めばいいじゃないですか。


[971] (無題) 投稿者:2ちゃんねらの一人 投稿日:2003/06/12(Thu) 17:15

http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d34402849
http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d34399856
というわけですが、みなさんいくらまで入札しますか?5000円以上入札される方がいると事前に分かれば私は入札しません。

http://www.geocities.co.jp/Playtown-King/6523/gulfwar_01.html
以前この掲示板に集まる方々にも見ていただきたいと書いたページが更新されています。抗議のためにいつ消えてしまうか分からないページですが、最初はどうでもいい話なのでページの真ん中位から読み始めると良いと思います。

今日は兵頭氏の講演の感想を皆様から聞けるのを楽しみにしております。それでは失礼します。


[970] いよいよ 投稿者: 投稿日:2003/06/11(Wed) 11:12

明日、兵頭氏の講演ですね。
自分行きたかったんですけどね・・・いけなくなりました(苦笑)

生で言説を伺いたかったのです。

「日本の防衛力再考」30500円ですか。
さすがにそこまでお金は出せませんね(苦笑)
貧乏というのもあるのですが(笑)

これから色んな本が高騰していくんでしょうか。
何冊かまとめ買いしておけばよかったかな(笑)

それでは。


[969] ネットオークション 投稿者:日本人の一人 投稿日:2003/06/09(Mon) 21:52

お久しぶりです。

「日本の防衛力再考」がオークションに出ています。残り時間あと4時間。現在の価格3万500円です。

http://www.easyseek.net/i_detail.php3?i_no=12188357


[968] 訂正:2 投稿者:管理人 投稿日:2003/06/03(Tue) 23:10

---------------------------
(兵頭 二十八 先生 より)

 『諸君!』7月号の兵頭の記事の中で、「世界週報」とあるのは「世界日報」の誤りであるという抗議が、同誌編集部に来たようです。
 両社から来たということは、間違い無く、兵頭が間違ったものと思われます。
 取り急ぎこの場を借りまして「世界週報」様、「世界日報」様、文藝春秋社の関係各位に謹んでお詫びを申し上げます。

 この箇所につきましては、早々と校正さんから「これは日報じゃないですか?」との疑問出しがあったのですが、記憶力のいいかげんな兵頭が「いや、よく調べたが週報で間違いない!」と太鼓判を押してつき返したためにこのような事態を招きましたもので、『諸君!』編集部には責任はありません。(8月号では勿論お詫びと訂正が載ることと思いますが)

 ちなみに兵頭が読んでいる「有料ニューズレター」は無く、すべて「まぐまぐ」の無料配信メールばかりですが、「世界日報」さんもここに混じっていたということに、今回のミスを起こすまで、まったく気付きませんでした。

 なおまた「世界日報」様からは「記事内容全体もじつにけしからん!」とのニュアンスの猛抗議があったそうです。あわせてファンの皆様にご報告致す次第でございます。

-----------------------------

(管理人 より)
毎日毎日朝は6時起きて職場から21時頃帰宅と結構多忙で、(まぁ、世の中もっと滅茶苦茶働いてる人もいるんですが)まだ↑の記事を私は読んで無いのですが・・・ともかく、このサイトを見てるとは到底思えませんが(笑)もし見てたら、世界日報さん世界週報さん、どうか許したっておくれよ!


3万ヒットになりました。皆様ありがとうございます。

失礼します。


[967] おめでとうございます 投稿者:螺鈿 投稿日:2003/06/03(Tue) 01:13

ヒット数30000件おめでとうございます。
これからも貴ホームページのなお一層のご発展と軍師殿の
文名が弥増さん事をお祈り申し上げます。


[966] 入場無料☆「東京裁判ディベート」の御案内 投稿者:冨士邦彦 投稿日:2003/06/01(Sun) 17:04

皆様、次のとおり御案内申しあげます。

☆「東京裁判」について、各氏は次のとおり表現されています。
・小室直樹先生『国際法の原則の貫徹』
・軍学者 兵藤二十八氏『国際法を(これから強くなるつもりでいる弱
 者の盾)として活用できなかった』

お陰様で、小室直樹先生を筆頭に各界の多くの人のご賛同とご支持をえ
ることができ、今回もご出席が決定いたしました。
 全肯定と全否定によるディベートを、是非ご見学ください。

☆日時 平成15年7月13日(日)午前9時45分開演〜午後4時
☆場所 イイノホール
・東京都千代田区内幸町2-1-1 電話03(3501)3251
・地下鉄千代田線「霞が関」下車1分、三田線「内幸町」下車3分
☆プログラム
・午前の部 「東京裁判は正しい裁判だったか否か」ディベート討論会
・午後の部 「再現・極東国際軍事裁判」東京裁判をディベートする
詳しくは月刊「正論7月号」をご覧ください。

☆連絡申込先【入場無料】
お早めに、御席の確保のため(名前、住所、年齢、電話番号)を記入の
上、次まで申込みください。 
〒108-0074 東京港区高輪3-25-35-702 日本ディベート研究協会 
電話03-3441-8120 FAX03(3441)8393 
メールkitaoka@japandebate.com  HP http://www.japandebate.com


[965] 告知です 投稿者:>@通りすがり@埼玉在住 投稿日:2003/05/31(Sat) 17:20

兵頭先生、二ヶ月連続で『諸君!』登壇です。

「北朝鮮後」の大混乱に備えよ! (軍学者)兵頭二十八

早晩三十八度線は“近代の遺跡”になるだろう。極東アジアの一大転機を日本はどう凌ぐ?

(文春H.P.より転載)
またしても、先生の慧眼サクレツか?週明けが楽しみです。

では、また。


[964] インフォメーション 5/27 投稿者:管理人 投稿日:2003/05/27(Tue) 06:38

ちょっと題目が変更になったそうです。
-----------------------------------
(兵頭二十八講演会 主催者サイドの方 より)

題目「核武装の理解について」

講師 兵頭二十八氏

場所 早稲田大学大隈講堂(地下鉄東西線早稲田駅下車徒歩3分 都電荒川線早稲田駅下車徒歩2分 当日は東西線早稲田駅に案内の者が待機しております)

日時 6月12日 16時開場 16時半開演

早大発、核武装宣言!?核武装という選択肢を含めた安全保障論を軍学者、兵頭二十八氏にタブー無き視点で御講演いただきます。

主催 早稲田大学國策研究會
協賛 早稲田大学政論部

連絡先 yagisita_ma@hotmail.com (柳下雅則) 
國策研究會公式サイト http://kokusaku.tripod.co.jp/

-----------------------------------
私も行ってみたいですが・・・行けませんね^^;

失礼します。


[963] インフォメーション 5/26 投稿者:管理人 投稿日:2003/05/26(Mon) 22:32

こんばんは。首都圏の方は、やはりうらやましいと思う今日です。
-----------------
(兵頭二十八講演会 主催者サイドの方 より)

題目「兵頭二十八氏講演会」

日時 6月12日(木)16時開場、16時半開演

場所 早稲田大学大隈講堂(地下鉄東西線早稲田駅下車徒歩3分 都電荒川線早稲田駅下車徒歩2分 当日は東西線早稲田駅にて係りの者がご案内いたします)

参加費 無料

講師 兵頭二十八氏

内容 日本で唯一の軍学者、兵頭二十八先生に安全保障から歴史問題までタブー無き視点でご講演いただきます。

主催 早稲田大学國策研究會
協賛 政論部

連絡先 yagisita_ma@hotmail.com (柳下雅則) 
國策研究會公式サイト http://kokusaku.tripod.co.jp/
-----------------
主催者サイドの方、情報ありがとうございました。


ドラゴンY さん>
早速お教えいただき、ありがとうございます。是非、何とか探してみます。

>今思い出しても非常に残念です。

↑在りし日の無念を忘れる日が到来したかもしれませんよ!(笑)

失礼します。


[962] Re[961]: (無題) 投稿者:ドラゴンY 投稿日:2003/05/26(Mon) 03:58

>>管理人様

お尋ねの件ですが
私が兵頭先生のご本をご紹介させて頂いたのは、
ジェイズ・ティーポ 2001年10月号(通巻104号)です。
P118の情報欄にて(この本には独立した書評欄はありま
せんので)ご紹介させて頂きました。拙い文章ですので
お恥ずかしい限りです。

じつは学生時代に「東大オタクゼミ」(毎週こっそり見学
に行ってました)にて1度兵頭先生にお目にかかる機会が
あったのですが、兵頭先生がゲストに招かれた会は、どう
しても外せない用事のために行くことができませんでした。

今思い出しても非常に残念です。
「人生一期一会」とはまさに先生の仰る通りですね。


[961] (無題) 投稿者:管理人 投稿日:2003/05/22(Thu) 22:22

昨・深夜武道通信の最新刊を注文しました。郵便為替は手数料が安いので助かります。
最近は「新刊」出版ペースもとても早いようですし、ラジオ番組も始まりましたし、素晴らしいです。salon28、前半〜中盤の「旅行の話」などから、後半からそれまでと何の脈絡もなく「ステルス戦闘機:レーダーの話」とかが始まる所も、非常に私的にgoodです。(笑)
こんばんは。

ドラゴンY さん>
>(「パールハーバーの真実」をご紹介させて頂きました)。

凄いですね、まさか、実際に「書評」をした事があるなんて・・・(笑)
はじめまして・・・なのにぶしつけで申し訳ありませんが、もしよければ、何時の、何の雑誌か教えていただけないでしょうか。何処の編集部に在籍していたか・・・がわかってしまうから、ダメですか^^;

はじめまして、の皆様、始めまして。今後ともどうかよろしくお願いします。

失礼します。


[960] 書評について 投稿者:ドラゴンY 投稿日:2003/05/21(Wed) 18:31

別宮先生との往復書簡をいつも楽しく読ませて頂いており
ます。5月18日に兵頭先生がお書きになられた別宮先生へ
の書簡で、雑誌などの書評についてお話がありました。

じつは私、1年ほど前まで自動車雑誌の編集部に在籍して
おりまして、その際に兵頭先生のご本を書評にてご紹介さ
せて頂いたことがあります(「パールハーバーの真実」を
ご紹介させて頂きました)。

兵頭先生とは面識はありませんでしたが、
先生のご本にすっかり読ませられてしまい、
1冊でも手に取る人が増えるようにと思いまして、
そのときはご紹介させて頂きました。

誌面でご紹介した本は、自費購入させて頂いたものを
写真に撮影して使わせて頂きました。
PHPにも書評での掲載許可をご連絡しましたが、
あらためて見本誌を送ってもらう必要もなかったので、
電話1本で簡単に許可を得られたと記憶しております。

兵頭先生のファンは出版業界のいたるところに
いらっしゃるのではないでしょうか?
件の朝日新聞の書評の件も、内部の隠れファンに
よるものかも知れませんよ?(笑)


[959] (無題) 投稿者:ささき 投稿日:2003/05/19(Mon) 21:50

スカパーに入ってないので、salon28が聴けません。
そこで、すでに加入している友人に頼み込み、
毎週録音してもらえることになりました。
しかも、それを郵送してもらえることになりました。
先週の分が、明日あたり届く予定です。
早くこないかなー。

持つべきものは、スカパー加入の友人なり。


[958] (無題) 投稿者:りお二世 投稿日:2003/05/19(Mon) 03:22

楠様
おっしゃる通り。北岡氏が『論理的に話す力が身につく本』という本をだしてるんだけど、論理学の問題集になるくらい非論理的な文章がならんでる。頭の悪い保守オヤジの典型ですね(笑)。


[957] ディベート大学様 投稿者: 投稿日:2003/05/18(Sun) 23:02

あまり良い噂を聞きませんが・・・
時々、御HPを見学させていただいてますが、貴大学代表の北岡氏の主張には苦笑いすることが多くて(苦笑

余り悪く言うつもりはないのですけどね。
参加不参加は自由ですし。

ただ、「御案内」を読んでいても、結論が先に出ているようにしか取れないので、些かバイアスがかかっていると見られてもしかたないでしょうね。


[956] 日本人の一人様へ 投稿者:アクテツ 投稿日:2003/05/18(Sun) 20:16

 ああ、そんなことは気にしないでください、かえって気が引けます。
 それと軍事の専門家と言われてもダダ龍さん達の方が私よりも詳しいはずですよ。私はいわゆる「軍事」よりも「兵器」の方に指向したオタクですからね。
 これで私はまた一人の「見学者」に戻りますので、「また」があったらお会いしましょう。


[955] 7月13日「東京裁判ディベート」の御案内 投稿者:冨士邦彦 投稿日:2003/05/18(Sun) 13:22

管理者様
はじめまして、冨士邦彦と申します。次のとおりご案内申しあげます。
●キングオブディベート、ディベートの中のディベート、それが極東国際軍
事裁判(東京裁判)であります。「ディベート大学」は、この東京裁判を日
本ではじめてディベートという視点から研究し見事に再現してみせました。
お陰様で、小室直樹先生を筆頭に各界の多くの人のご賛同とご支持をえるこ
とができ、今回もご出席の予定です。
■日時 平成15年7月13日(日)午前9時45分開演〜午後4時
■場所 イイノホール
・東京都千代田区内幸町2-1-1 電話03(3501)3251
・地下鉄千代田線「霞が関」下車1分、三田線「内幸町」下車3分
■プログラム
★午前の部 ディベート討論会「東京裁判は正しい裁判だったか否か」
★午後の部 「再現・極東国際軍事裁判」―東京裁判をディベートする―
・歴史上空前絶後のディベートだった東京裁判を再現する。
・キーナンと検事団、清瀬一郎と日米弁護団、両者のすさまじい討論を再現。
・文明の裁きかそれとも復讐劇だったのか。日本はほんとうに有罪だったか。
・戦後日本人を呪縛する東京裁判史観との決別はこの裁判の克服にある。
・この裁判の真相を封印したままでは二十一世紀の日本はない。

■連絡申込先
見学ご希望の方は(名前、住所、年齢、電話番号)を記入の上、下記まで申
込みください。
〒108-0074 東京港区高輪3-25-35-702 日本ディベート研究協会 電話03-34
41-8120 FAX03(3441)8393 メールkitaoka@japandebate.com  HP http://www.japandebate.com (文責 冨士邦彦 メールjyugemu@gem.hi-ho.ne.jp)


[954] 「正論」2003年3月号”TMD幻想から覚めよ!日本の「核武装」放棄で笑うのは誰か”の訂正 投稿者:管理人 投稿日:2003/05/18(Sun) 00:01

---------------------------------------------
(兵頭 二十八 先生 より)
 月刊『正論』3月号の連載コラム(ちなみにコラムとは柱の意味で、囲み記事を指すのが今では普通で、2頁以上ある長い記事のことは通常、コラムとは呼びません)
「TMD幻想から覚めよ」の中に誤りが多数あるとの指摘を5月17日に手紙で受け取りました。その内容が信用できると思われましたので、この場を借りまして甚だ遅れ馳せながら訂正を公示致し度いと存じます。

 訂正すべきだと思われた箇所は以下の通り。

○原子炉に挿入する新品の燃料棒には、天然ウランは約0.7%含まれている。
 【記事では約0.3%としていましたが、それは誤り。より正確には、ウラン234が0.006%、ウラン235が0.712%、ウラン238が99.282%だそうであります。】

○ウラン235の比率を2〜4%に高めた低濃縮ウランを使う原子炉(すなわち軽水炉のことである)から生産されるプルトニウムは、原爆材料としては性能が悪く、原爆材料に使用された実績もない。
 【記事では、軽水炉からも原爆用プルトニウムが取り出し得ると断言しているようになっています。それは可能だとする学説もあるにはあるのですが、それを一線兵器用として量産しているような核大国は無いのでありました。】

○黒鉛減速・炭酸ガス冷却の「プルトニウム生産炉」でも、ウラン238のごく僅かがプルトニウムになるだけであり、具体的には、1トンのウラン238から、たった数百グラム(1000分の1未満)のプルトニウム239を取り出すことができるだけである。
 【記事では、「内部のウラン238のかなりな部分がプルトニウム239に変身」としていますけれども、これは全く大間違いでありました。私の記事の熱烈な愛読者であるに絶対まちがいのない金正日大先生が、この誤てる情報から大いなる脳乱を得られたことを祈願致すのみであります。】

○再処理工場で溶出させたプルトニウムは、まず金属に変換しなければならない。
 【いきなり「粉末」にはならないのであります。核兵器の中に入っているプルトニウムは、発泡スチロール状だと書いている本も見ました。金属とするのは、密度が高くなければ臨界せぬからであります。それを発泡スチロール状とするのは、プルトニウムはいつも出ている中性子がウランに比べて多いので、あまり密にしすぎるのもヤバいからでありましょう。】

○使用済み燃料に含まれる核分裂成生物からの放射線が強力である。
 【記事では、プルトニウムの放射線が殺人的に強い、と書いてありますが、プルトニウムの放射線はアルファ線なので手袋一枚で止まる強度です。しかしこれが粉末として肺の中に吸い込まれたときに、発癌するのではないかと疑われてきているわけであります。】

○CANDU炉は、原子力委員会が、これからは輸入技術よりも、国産技術(新型転換炉)の方にしようというので、導入しないことに決めた。
 【記事ではアメリカが圧力をかけて輸入を止めさせたと書いておきましたが、当時アメリカが日本の原子力施設で強い猜疑を向けていたのは東海一号発電炉---これは天然ウランを使える黒鉛炉で、各国の兵器級プルトニウム生産炉と同じもの---だけであったようです。それから、CANDO炉と書いたのも単純誤り。】

 貴重なご指摘を下さった方、どうも有難うございました。
-----------------------------
(管理人 より)
こんなヘビーな突っ込みをした方は、やはり「プロ」だそうです。すげーぜ(笑)
[資料庫]に同じのupしてます。
http://sorceress.raindrop.jp/siryou/teisei/teisei-1.html


[953] Re[952]: 泰平組合カタログ \5,000 !? 投稿者:螺鈿 投稿日:2003/05/16(Fri) 22:39

 ずいぶん高値を付けてる物もありますねぇ。やはり需要は高いんですよ。ありがたいものです。つうか、ちょっと蔵書売却したくなってしまいますね。なかなか、軍師門下としてかなり恥ずかしい事を考えてしまいました。

>管理人様
 いつもご苦労様です、早速注文してきました。がんがって並木書房にプレッシャーを与えてあげましょう。


[952] 泰平組合カタログ \5,000 !? 投稿者:ZET 投稿日:2003/05/16(Fri) 22:16

中古価格が上昇していっていくようでふ。。。

スーパー源氏
http://www.murasakishikibu.co.jp/oldbook/sgenji.html

「日本有事」って何だ 「超カゲキ」vs「常識」問答  カバー、帯
兵頭二十八/PHP研究所/2000年初版発行/ \1,350

No.121543  「新しい戦争」を日本はどう生き抜くか カバー、帯
兵頭二十八/ちくま新書/2001年初版発行/ \950

No.902155  たんたんたたた 機関銃と近代日本 艦のガトリング砲から、「疾風」の20mm機関砲まで カ帯
兵頭二十八/四谷ラウンド/1998年初版発行/ \2,000

No.943168  陸軍機械化兵器 A5判
兵頭二十八/宗像和広/銀河出版/1995年初版発行/ \1,100

No.1290117  イッテイ 13年式村田歩兵銃の創製  <劇画> カバー
劇画:小松直之 原作・解説:兵頭二十八/四谷ラウンド/1998年初版発行/ \1,450

No.1297718  ヘクトパスカル(初版) 並
板橋しゅうほう・絵 兵頭二十八・原作/文藝春秋/1997・6発行/ \350

No.1379496  日本海軍の爆弾 帝国海軍の航空機用爆弾を網羅したカタログ  カバー、帯
兵頭二十八/四谷ラウンド/1999年初版発行/ \2,450

No.1396837  武侠都市宣言! 戦後「腐れ史観」を束にして斬る カバー、帯
兵頭二十八/四谷ラウンド/2000年初版発行/ \950

No.1396838  軍学者が語る! 沈没ニッポン再浮上のための最後の方法 カバー、帯
兵頭二十八/PHP研究所/2002年初版発行/ \950

No.1396839  「戦争と経済」のカラクリがわかる本 アングロサクソン「常勝」の秘密 カバー、帯
兵頭二十八/PHP研究所/2003年初版発行/ \950

No.1396840  地獄のX島で米軍と戦い、あくまで持久する方法 最強の米軍を相手に、最悪のジャングルを生き残れ! カバー、帯
兵頭二十八/四谷ラウンド/2001年初版発行/ \2,000

No.1396841  陸軍機械化兵器 カバー、帯
兵頭二十八、宗像和広/銀河出版/1995年初版発行/ \2,000

No.1396842  日本の海軍兵備再考 なぜ帝国はアメリカに勝てなかったか? カバー、帯 兵頭二十八、宗像和広/銀河出版/1995年初版発行/ \2,000

No.1396843  日本陸軍兵器資料集 泰平組合カタログ 陸軍兵器の海外輸出用カタログの全訳復刻 国内ではその存在すら知られていなかった(帯より) カ帯 宗像和広、兵頭二十八(編著)/並木書房/1999年発行/ \5,000

No.1396844  軍学考 由比正雪、山鹿素行、吉田松陰らが究めた軍学の役割とは? カバー、帯 兵頭二十八/中公叢書/2000年初版発行/ \2,450


[951] キミは「経済界」を知っているか? 投稿者:管理人 投稿日:2003/05/15(Thu) 21:53

どうも、こんばんは。色々、データを書き込んでくださる方、書き込みして下さる方、romしてくださる方、ありがとうございます。
職場で「仕事に必要なのは『気合・情熱・根性』だ」といわれて、今までそういうものから背を向け続けて来た身としては、いささか大変な5月です。(まぁ、それなりに楽しいんですが)皆様は如何お過ごしでしょうか。

それでは私も、データをば。
「(前略)知識は分散的にあるんだけど、それを国力として動員する体制が無かった。これは今も同じで(後略)」
という兵頭先生へのインタビュー記事が、私は見た事の無い媒体なのですが、「経済界」という雑誌に載っているそうです。
素晴らしいぞ、経済界。
-------------------
2003/5/27/p94/雑誌:経済界『books review:著者インタビュー/「戦争と経済」のカラクリがわかる本/軍学者 兵頭二十八さん』
-------------------

枯山 さん>
どうも、お久しぶりです。御体の具合は如何でしょうか。
いつも本当に助かっております。まだ発言者を買ってません^^;武道通信は買おうと思うんですが、最新刊は21日からオーダーみたいで・・・。
宗像氏の本は、本当に売りに出されたのですね。やはり、結構古書マニア(?)の間じゃ注目される本なんでしょうか。
今後ともどうか何卒よろしくお願いします。


兵頭本最新刊 別宮暖朗氏との共著のタイトルは「激論  戦争の正しい始め方・終わり方」に決まったと、風の噂で聞きました。6月中旬だそうです。素晴らしい。

ちょっと、知っていても何の役にも立たない聞きかじりの出版(?)マメ知識(笑)
本屋さんで本を注文すると、短冊とよばれる注文伝票が取り次ぎ店経由で版元まで到達するんだそうです。するとそれは、発売が遅い遅い出版社にとっては、結構なプレッシャーになるのだそうな・・・。

失礼します。


[950] 御久しぶりです。 投稿者:枯山 投稿日:2003/05/15(Thu) 16:00

 こんにちは。
管理人殿>遅ればせながら定期不定期情報を書込みます。
発言者の平成十五年六月号に、ひょーどー漫言58「ラムズフェルド氏の正体」で内容:ソ連が脱落した西暦2001年一月に委員会で「宇宙での真珠湾」を防ぐ為アメリカの宇宙完全武装推進を説くラムズフェルド氏は「放火してでも活躍したい消防士」と疑われる。また氏の最終目的は「戦争もしくは宇宙武装」による功績で以後五十年間はアメリカを偉大にしたナンバー2の地位ではないかと思われる。
 そして白旗余聞九となっています。
 今度は不定期の戦車マガジン情報です。
平成二年一月号『286上の「HETZER」は速かった」で内容:このゲームは点表示ではなく線表示のグラフィクでのシューティングゲームで速度感が小気味良いが司令部破壊でステージクリアというのが永遠に繰返されるのでシューティングの楽しみを追求するなら敵戦闘車両の全滅というような改善をするべきであろう。
 読みにくい内容紹介なので次回はもう少し改善したいと思います。さて話題は変わりますが「てんとうふ」の従業員に話を伺うと宗像氏の蔵書を売りに出すのを決心したのは氏の父上であったようです。話を聞きながら他人でありながら父上の心境は如何に等と考えてしまいました。
 失礼致します。


[949] 文藝春秋にも師の論説が引用 投稿者:日本人の一人 投稿日:2003/05/12(Mon) 23:05

今度は文藝春秋6月号(pp183、上段左7行目から)に兵頭師の論説が引用されておりました。

・ ・・引用開始・・・

・・・ここ十年来もっとも活発に核武装論を展開している兵頭二十八氏の諸作を参照していただければと思いますが、潜水艦にミサイルを搭載する方法をとれば、安価かつ確実な核兵器体系を構築できる。

・ ・・引用終了・・・

引用者は、福田和也先生。題名は【日本「核武装」しかないのか ― アメリカの「核の傘」は幻。日本の現実的選択とは?】(文藝春秋2003年6月号pp176-183)でした。


[948] Re[939]: なかなか読ませるサイトです。 投稿者:日本人の一人 投稿日:2003/05/12(Mon) 01:20

2ちゃんねらの一人 様

久々に爆笑できました。ご紹介ありがとうございました。早速、Bookmarkに登録致しました。

今後ともこのような有益なサイトをご教示下さい。宜しくお願いいたします。


[947] 凄い「掴み」だったですよ! 投稿者:管理人 投稿日:2003/05/11(Sun) 23:13

こんばんは。始めまして、の方は、どうも始めまして。今後ともどうかよろしくお願いします。

涅槃 さん>
>サロン28、パリ不戦条約と現代と日支についてもっとしゃべってほしかった…( ゚д゚)

昨夜の始まり方は、近年稀に見るベタな「掴み」でしたね(笑)ラストの「イラク先制攻撃はアリか?→対中国戦争」は、私も、もうちょっと喋って欲しいと思いました───が、それは並木書房からの新刊を待てって事なんでしょうかね。
川上和代さん、「ああ、きっとロープウェイの事なんて、ホントはどうでもいいんだろうな」と微妙に感じられる御声が、私的には非常にgoodです(笑)

失礼します。


[946] 申し訳ない 投稿者: 投稿日:2003/05/11(Sun) 19:38

りお二世様

『映画やゲームのサウンドトラックというものが、クラシックと単体でタメを張れないのは、「映画やゲーム」という媒体(ジャズの話でいう元の場所)が欠落しているからなんだろうかと、考えてました』
の一文がわけわからんとのご指摘。
・・・恥ずかしながら、自分でも今見れば、言いたい事がよくわからない文章だと思います(苦笑)
思い出そうとしてみても、あの時自分が何を言おうとしていたのかが、あまり検討がつきません。
自分でもよくわかっていないことを、無理やり文章化しようとしたのが悪かったということで・・・

「まともな」日本語で答えられなくてすみません。


[945] 正論 投稿者:リキ 投稿日:2003/05/11(Sun) 11:59

のコラムを読んで思ったのですが、兵頭氏の格闘技に関する認識は十年遅れているようです。今の時代、悪趣味なガチンコ格闘技がバリバリに行われているということが理解できていないように思われます。このあたりはテレビを見ていないことの弊害でしょう。サップミルコ戦がショウであるとしたら眼底骨折は単なる事故でしょうか?ノゲイラサップ戦の危険な角度のパワーボムもアリですか?プロレスや格闘技を絡めてコラムを書くのは問題ありませんが、勉強不足はいなめません。ただ、ボブサップがとっとと格闘技をやめて実業家になりたいのではないか?という指摘は興味ぶかいです。


[944] Salon28汲めども尽きぬ知の泉 投稿者:涅槃 投稿日:2003/05/11(Sun) 10:44

サロン28、パリ不戦条約と現代と日支についてもっとしゃべってほしかった…( ゚д゚)
僕としては●6月7日 銀行の何がイケナイのか?に期待します!

http://www.stardigio.com/month/prog_dn.html#


[943] 訂正 投稿者:日本人の一人 投稿日:2003/05/11(Sun) 01:14

アクテツ 様

【942】の題名ですが、「アクテツ」ではなく「アクテツ様への返信」です。うっかり「Enter Key」を押してしまい失礼な書き方になり申し訳ありません。ご不快だと思いますが、何卒お許し下さるようお願い申し上げます。


[942] アクテツ 投稿者:日本人の一人 投稿日:2003/05/11(Sun) 01:09

アクテツ 様

僕の知識量はたいしたことはありません。このサイトには親切で辛抱強い方が多く、僕の錯誤をたびたび是正していただいております。ご存じのように、管理人さん、ダダ龍さん、枯山さんや攘夷派志士さんには論破されてばかりです。しかし僕は彼らに感謝しています。自分が提示した疑問点やアイデアの欠点が明確な理解に変わり非常に勉強になるからです。

あなた様はミリタリーオタクとのこと、つまり横を縦にすれば軍事の専門家ということですね。僕には正確な軍事知識について欠けるところがありますので、ご指導・ご鞭撻していただければさいわいです。なにとぞ宜しくお願いいたします。


[941] 日本人の一人様へ 投稿者:アクテツ 投稿日:2003/05/10(Sat) 23:40

私は普段はこの掲示板を見ているだけなんですが、傍から見ているとあなたは物事を難しく考えすぎるのではありませんか?文章を読む限りでは色々と思想などの勉強されているようなので、私のようなミリタリーオタクと違って博識なんだろうとは思うのですが…


[940] (無題) 投稿者:りお二世 投稿日:2003/05/10(Sat) 02:33

みんなへ
例の…キ印が…なんか…わけわかんないこと…書いてるけど……結論…まあ、どうでもいいや(笑)。
みんなが溜息ついてるよ。

楠様
カキコありがとうございます。
『映画やゲームのサウンドトラックというものが、クラシックと単体でタメを張れないのは、「映画やゲーム」という媒体(ジャズの話でいう元の場所)が欠落しているからなんだろうかと、考えてました』
私の理解力がないためか、おっしゃっていることがいまいちわかりません。教えてくれたらうれしいです。


[939] なかなか読ませるサイトです。 投稿者:2ちゃんねらの一人 投稿日:2003/05/10(Sat) 02:01

世界史の授業です。構成や展開が面白く兵頭先生の著作とまではいかないまでも、読む価値のあるページでした。ぜひこのサイトに集う方々にも読んでいただきたく紹介させていただきます。
http://www.geocities.co.jp/Playtown-King/6523/Sekaisi_01.html
http://www.geocities.co.jp/Playtown-King/6523/ww2-01.html


[938] 冷戦 投稿者:日本人の一人 投稿日:2003/05/10(Sat) 00:09

米ソの対決・・・勝因・・・米国型資本主義とスターリン型社会主義とにおけるシステムの解析・・・資本主義の精神・・・結論・・・溜息は僕だけでしょうか?


[937] 外国のバンドはあまり知らない・・・ 投稿者: 投稿日:2003/05/08(Thu) 21:47

こんばんは。

りお二世さんとダダ龍さん、詳しいんですね(笑)
それとも自分が知らなさ過ぎるだけか。
海外の知っててる(好きな)アーティストったら、サイモン&ガーファンクルとかカーペンターズ、ロックだとボン・ジョヴィくらいです。メジャー過ぎてつまらないラインナップですが(苦笑)

映画やゲームのサウンドトラックというものが、クラシックと単体でタメを張れないのは、「映画やゲーム」という媒体(ジャズの話でいう元の場所)が欠落しているからなんだろうかと、考えてました。

ゴールデンウィークも、ゴールデンでは無いまま終わってしまいましたしたね。土日月の三連休があっただけましでしょうが・・・


[936] 西尾幹二さんが師の論文を引用 投稿者:日本人の一人 投稿日:2003/05/08(Thu) 10:46

兵頭師の論文が引用されておりましたので、ご紹介します。


http://hpcgi1.nifty.com/bellwoods/i-nikki.cgi

投稿者: 西尾幹二(B) /2003年05月06日 22時43分

・・・最近、北朝鮮の核開発の問題が大きなテーマになっていますが、この間兵頭二十八さんという人が「正論」に書いている論文を読みましたら、こういうことが書かれてあるんですね。TMD、戦域ミサイル防衛の幻想から覚めよ。ミサイル防衛網なんてやったって役に立たないんだ、実際にはどのくらい防衛できるかよくわからない。日本が先手を打って核武装しなくちゃだめなんだ。もし北朝鮮の核が残存して、北が崩壊したあと韓国と北朝鮮が統一して朝鮮半島が核保有国になったなら、その瞬間に朝鮮半島がイスラエルとなり、日本はイラクとなるであろう、という恐ろしいことが書いてある。

いまイスラエルは核保有国です。アメリカはそれを後押ししてるんです。イラクに核を持たせないというのはイスラエルを守ってるということなんです。核を先に取ったほうが勝ちなんですよ。朝鮮半島がイスラエルになり日本がイラクになったとき、日本に核武装は絶対させません。朝鮮も日本に核武装をさせない、中国もさせない、アメリカもさせません。日本は脅迫され、ズルズルッと押し込まれていきますよ。それに対してアメリカは冷淡です。アメリカは日本に同情なんかしませんよ。そういうことをまで考えなければならない局面に入ってきているのに、韓国は哀れな国だ、かわいそうな被害国だ、こちらは加害国だから謝らなければいけない、果てしなくそれをやって国益を損じている日本という国は何という国だということをまず申し上げなければならない。・・・


[935] 分ったつもりになるのは分らないよりも有害である 投稿者:糞尿爆弾 投稿日:2003/05/07(Wed) 20:28

 近代競争は自由で民主的な国家が軍事、経済両面において独裁的で全体主義的な国家を駆逐してきた歴史であり、現代において自由と民主主義が普遍的なイデオロギーとして正統の位置を占めつつあるのはある意味当然といえるだろう。しかし自由主義者は社会の安全や繁栄よりも個人の自由が保障されることをより重視し、また民主主義者は政治に民意を最大限反映させるために統治権力を最小化することを望んでいるため、どちらも社会を不安定化させる要因であり安易に受け入れる訳にはいかない。
 自由主義陣営が東西冷戦に勝利しえたのは、抑圧的で均質な国家よりも解放的で多様性のある国家の方が進歩と発展の度合いが速く環境の変化に対する適応力も高いためだが、国際環境は流動的であるためその変化に応じて社会にある程度の統制を課すことも必要であり、危機に際しては必然的に国家の生存が最優先されるため個人の自由が大幅に制限されるのは当然といえる。無論個人として自由に生きるためなら貧しさに耐え身の危険も覚悟するのは全くの勝手だが、奴隷志願者にそのような信念を説いたところで当人が抑圧されていると感じなければ誰も自由など欲しがる筈もなく何の効果も挙がらないだろう。
 一方、民主主義が最も公平で正当な政治制度として大多数の人間の支持を得ているのは、多数派の行使可能な暴力の総和は少数派のそれを上回ることが予測しうるため、実際に暴力を用いずに合意を形成するには最も合理的なシステムだからだが、人間は利己的な存在であるため多数派が善意により少数派の権利を尊重してくれることを期待するのは非現実的であり、少数の側に立つものは自分達の権利を守るために暴力を行使する可能性を放棄する訳には行かない。しかし暴力によって多数意見に逆らうのは明らかに反民主的な行為であり、民主主義と条件付で民主制を支持する立場には大きな隔たりがあるのではないか。
 またヒトラー・ナチスが国民の圧倒的な歓呼によって政権を掌握し、史上最悪とも形容すべき独裁体制を確立した歴史的事実も、民主主義の正当性を疑うのに十分な根拠といえるだろう。だからこそ国民に正しい民主主義の精神を啓蒙し、一個人に巨大な権力を集中させることがどれ程の惨劇を招くか徹底的に教育しなければならない、というのが民主主義者の言い分だが、彼らの最大の錯誤は選挙によって代表者を委任するという手続きそのものに何らかの正当性があると考えていることではないか。しかし日本の歴代政権の振り返れば明らかなように、公正な選挙によって選ばれた指導者が実際に国民の過半の支持を得ているようなことは希であり、逆に独裁政権であっても国民に支持されていればそれに正当性がないなどとは言えないだろう。
 私は甚だしく非人道的な独裁政権は武力によって打倒してでも民衆を解放すべきである、というアメリカの新保守主義者の掲げる大義を直ちに否定するつもりはないが、自由と民主主義の価値を盲信しそれを世界に押し広げれば、やがて世界中が親米化するだろうという彼等の思い込みに危惧を覚えずにはいられない。アメリカはイラクの占領政策にかつての日本とドイツをモデルに考えているようだが、戦後の経済復興がスムーズに進展し治安が回復しなければ例え政治的自由が与えられても今後イラクが親米化するとは考えにくく、そのために必要とされる負担に長期間耐え続けるほどアメリカ人がお人好しとも思えない。





[934] お願い、軍学とプロレスを分けて考えてください 投稿者:鉄筋 投稿日:2003/05/06(Tue) 18:14

ファンサイトに勝手に書き込んですみません。
不愉快なら削除してください。
正論6月号を読みました。兵頭氏の軍事的考察は尤もだが
プロレスやK-1を絡めて語られると、首を傾げる。
以前に購入した書籍でも、ホモのプロレスファンとジャンル
そのものを否定して、論壇に乗せるのはどうかと思う。
私は、格闘技ファンですが「ショー」で悪いと思っていない。
ホモだけがプロレスショーを楽しめないわけではない。
と言うより、氏がプロレスショーを嫌いだからといって
「正論」(論壇誌)と何か関係があるとは思わない。
こんな無駄な評論はプロレス誌でやるべきだ。
そんな個人的な意見を軍事的評論と同列に並べて欲しくない
イラク戦争や「国連」の評論が色あせてしまう。
格闘技ファンだって軍事を真剣に考えたって良い筈だ。
どこにも、兵頭氏への意見を書き込むところがないので
ファンの方々に私の様な意見もあると知って欲しいのです。
最後に、あくまでも軍学としての氏の評論は立派です。


[933] なぜ富士山にロープウェイが無いのかがわからない・・・。(salon28) 投稿者:管理人 投稿日:2003/05/05(Mon) 12:49

何で無いんでしょうね。

「軍学考」が3刷まで遂に至ったそうです。スバラシイ!

こんにちは。gwも今日で終わりですね。salon28:5/3で「新緑のシーズン 兵頭二十八御奨め」の索道は香川県小豆島の寒霞渓ロープウェイ(「日本のロープウェイと湖沼遊覧船」p41)・滋賀県釈迦岳のチェアリフト(同著 p96)でしたが───私は何れも遠いですからねぇ・・・。いつか行ってみたいものです。



-------------------------------
(兵頭先生より)
「Salon 28」特別企画
“人間S.E.(サウンドエフェクト)”大募集


 SKY Perfec TV! のFMラジオ放送版である STAR digio (ch.400〜ch.499)にご加入の皆様、有難うございます。

 「ch.400」(総合放送)で毎週放送中の「Salon 28」は、いまは始まったばかりですのでマトモなことをやっていますが、近い将来は、より多彩な内容にチャレンジして、以て「衛星FMのキラー・コンテンツ」の名をほしいままにしようかと夢想しております。

 つきましては「特別企画」第一弾といたしまして、「己れの口とマイクのパフォーマンスだけで戦場のありとあらゆる音を再現できる」特技のある方を若干名、募集致します。

 92式重機とブラウニング7.62mm機関銃の咆哮、M4中戦車のガソリンエンジン型とディーゼルエンジン型、75mm山砲と擲弾筒の発射と弾着、軍刀で豪州人パイロットの捕虜の首を斬る、疲れた日本軍1コ小隊の行軍と元気の良い米軍1コ中隊の足音、双発爆撃機と単発戦闘機の乱舞、軽巡の発光信号の操作音、軍用犬が心の中で驚いた音……すべてを口から出し分けられるという貴男、資料庫のシナリオ『決心変更セズ』を参考にして、デモ音源をつくって、電送にてふるってご応募ください。

 その音源を元に、“『決心変更セズ』特別FMバージョン”を、兵頭が一人で演出し、ON AIR にまで漕ぎ着けたいと思っております。

 採用された方のお名前は、その都度このコーナーで公示します。
 また、目黒のスタジオまで自費で往復できる方には、収録に参加していただく場合もあるかもしれません。しかし甚だ残念でなりませんことには、「Salon 28」で兵頭が頂戴しているギャラから函館←→東京の往復交通費を除きますと、月々に数千円の黒字にしかなっておらないのであります。斯かるよんどころなき諸事情によりまして、遺憾乍ら、採用された方々への金銭的報酬はございません。目黒まで来ていただいた場合も、報酬は、駅前の某ハンバーガーショップでの1食分ぐらいとなるでしょう。

 「そいでん良か! オレはデジタルで何でもできる時代の流れに逆らって、日本一の日本軍(or米軍)の“人間SE”を目指すんじゃけんのねんのねん〜〜っ!」(どこの人ですか? ---とのツッコミあり)というキミ、すぐに応募の支度をせよっ!
-------------------------------
(管理人より)
一応───最も初歩的なマイク録音の仕方は此方
http://www.rcc.net/comitia/theme22/record.htm
(mdか何かに録音して、ライン入力で、各種のソフト(フリーソフトで十分)使って録音した方が音質は良いと思いますが)
音の形式は問いません。サイズの小さいものなら私にお送り下さるか、大きいなら・・・まぁ、UPする場所はフリースペースが今時は色々ありますし、無いなら仰って下さい。
応募は掲示板かメールにてお教え下さい。そしたら、必ず、私か、何方かが、開祖に伝えるでしょう───。その後は、私にはわかりません(笑)

因みにe-mailはdigio@dkkaraoke.co.jpでSalon28に届きますでありますよ。

ps:金正日トレカを拾った幸運な貴方がいましたら、私に売ってください(笑)
http://www.zakzak.co.jp/top/t-2003_04/3t2003042203.html

失礼します。


[932] 四番ダシまでとるのか 投稿者:ダダ龍 投稿日:2003/05/02(Fri) 22:40

軍師の記事がよみたくて『諸君』をかいにいったけど、近所の書店ではまだ5月号がならんでいました。ざんねん。

ネオコンについての理解をふかめるならば、日商岩井総合研究所 主任エコノミスト・吉崎達彦氏の『溜池通信』をおすすめします。世間がさわぎだすまえからネオコンに注目していたひとです。

 ◇溜池通信⇒ http://tameike.net/index.htm

吉崎氏は新書『アメリカの論理』をだしていますが、ウェブ版のほうがあたらしい記事がどんどんふえるので、つねに新鮮です。

エアロスミスのライヴで、ZepのDazed and confused後半のアップテンポな部分からはじまってTrain kept a rollin'につながるところがメチャかっこよかった。シーナ&ロケッツの鮎川クンが『レモンティー』でTrain kept a rollin'をパクッてますね。あそこまで堂々とやると、いっそいさぎよいというもんです。やっぱ博多のオトコはすごいぞ、拍手。

■ではまた■


[931] (無題) 投稿者:りお二世 投稿日:2003/05/02(Fri) 21:41

ダダ龍様

「ジェームス・ブラウンというのは、get on, get onといいながらステージをあるきまわる、あのアルカリ電池パワーおじさんですか。あつくるしそう」
 
 ライブアットアポロは1964年のライブですから、世間でよくしられている「セックスマシーン」などのレア・グルーブ時代のものとはじゃっかんちがいますね。まあ、たしかにあついことには変わりがありませんが。
 むしろアルカリ電池全開のものでしたら、1981年のパリのライブでしょう。ベーシストはブーツィー・コリンズでしたね。


[930] 福田さん 投稿者:攘夷派志士 投稿日:2003/05/02(Fri) 20:14

ダダ龍さん

例の福田和也氏、ダダ龍さんのよそうどおり、週刊新潮、朝日新聞夕刊に引き続いて、諸君6月号と7月号で、同じネタ振るみたいですね。週刊新潮での解答を早く知りたいですね。ホントに困ったお人だ。


[929] 日本帰国、SARS怖し 投稿者:攘夷派志士 投稿日:2003/05/02(Fri) 20:11

攘夷派志士

トドさん

転職に伴う有給休暇の消化を兼ねてフロリダで何も考えずに遊んでました。返事が送れてすいません。6月2日まで暇なので、意見交換しましょう。

トドさんが推薦された、宮暖朗先生って天才ですね。おかげでずいぶん勉強になりましt。推薦してくれてありがとうございます。しかし、中国って本当に嫌な国ですね。あんな国滅びればよいのに。


糞尿爆弾さん

わたくしは、「奴隷の幸福」を選択することは、自由を放棄するに等しいと思んですが、奴隷の境遇にあるのものが自由を希求するというならば、あなた様の正しいご発言と思います。どちらにしても、兵頭先生の「戦争の論理」を読むとくかぎり、自由主義とは、独立した個人個人が平等であるということを建前とすることですから、武侠市民と奴隷が平等であるとはとても思えません。つまり、自由主義と奴隷の幸福は相容れないと思います。それに国益を強調することと、国益に繋がること議論することは、どう違うのでしょうか。そもそも新米武力行使支持派の強調する国益って何ですか。


[928] 今度はまとも 投稿者:糞尿爆弾 投稿日:2003/05/02(Fri) 00:57

国家主権も国連決議も無視したアメリカのイラク攻撃に反米派の道義的非難が渦巻く一方で、北朝鮮を抑止するために最大の同盟国にして安全保障上のパートナーであるアメリカ支持を表明する親米派の現実主義者達はとかく国益を強調する傾向が見られますが、日本の安全の為にイラクの無辜の民を犠牲にし米兵の血を流させることにまともな人間なら忸怩たるものを感じずにはいられないでしょう。一方で世の中の大部分の人間は先ず自分の生活を第一に考えそのために社会と国家の安定を願うのが普通ですから、為政者が有権者の期待に答えて国益優先の政策を採るのは当然といえます。同時に国益のために他国を犠牲にすべきでないという声が一定数存在する限り為政者はそれにも考慮しない訳にはいきません。つまり私は何が国益に繋がるかとか平和のために何が出来るかを論じるのは意味があるが、国益を守れとかイラクを救えとか唱えるのは全然正当性が無いと思うのです。

補足:奴隷の幸福を容認しつつ、自由の価値を説くことはよく考えたら自由主義と全然矛盾しません


[927] ゲロンパおじさん 投稿者:ダダ龍 投稿日:2003/05/01(Thu) 12:16

ジェームス・ブラウンというのは、get on, get onといいながらステージをあるきまわる、あのアルカリ電池パワーおじさんですか。あつくるしそう。

Speed Kingのイントロ40秒間の緊張感とかいたけど、これは「40秒後の20秒間」のマチガイね。あの曲のねうちは、この20秒間だけだよ。あとは蛇足。

ジミヘンのLive at Filmore EastのラストはWind Thing。一発屋トロッグスの曲だけど、もともとはキンクスの『ルイ・ルイ』のパクリ。キンクスは、なかなかシブイっすよ。最近なんかのTVCFでつかってますね。ダンディー・ウォーホルズ(←VodafoneのTVCF曲やってる)の日本版CDのボーナストラックにKinkyという曲がはいっていて、これがキンクスへのオマージュになっています。とっても上手にマネしてるぞ。

ところでB'zってなんですか?


[926] (無題) 投稿者:りお二世 投稿日:2003/05/01(Thu) 00:05

高坂様
「りお二世さんはなんで現代かなを使つてゐるのですか。」
読む人が読みやすいでしょ。

ダダ隆様
アキレス最後の戦いは名曲ですね。
パープルの一枚「ライブインジャパン」って書いたけど、「Live at Budokan」のことです。小学校のとき聞いてたやつだから、タイトル忘れてました。趣味あいますね。
Communication Breakdownはフィジカルグラフティに入ってる曲ですね。
 どうでもいい話ですが、B'zってバンドが最初に売れた曲の「バッド・コミュニケーション」はほとんどこれと同じ。メロディも歌詞も、ほとんどパクリ。子どもごころに、そんなことしていいのかなあと思いました。
 デビッド・カヴァーデルをものまねと非難するロバート・プラントがこれみたらなんていうのかなあ。

あたしゃファンクのライブ番付で、、

横綱 ジェイムズブラウン ライブアットアポロ
大関 パーラメント アースツアー
関脇 スライ ウッドストック
小結 ジミヘンドリックス フィルモア
前頭 マイルスディビス ビッグファン
十両 アースウィンドアンドファイア 白いジャケットのアルバム、タイトル忘れちゃった。


[925] It's only rock & roll (but I like it) 投稿者:ダダ龍 投稿日:2003/04/30(Wed) 19:42

音楽のはなしは楽でいいですね。ぜ〜んぶスキ・キライでかたづくから。

クリームやクラプトンは、すきではありません。なんでかワカランけど、おもろないです。

Zepで一枚えらぶとすれば、わたしも『プレゼンス』をとります。Achilles Last Standが秀逸。10分をこえる演奏時間なのに冗漫さがない。ライヴでは、Communication Breakdownがすき。米国版『ゴジラ』で、Kashmirのリメークつかってましたね。オモロ。

 ◇ここおもしろいですよ⇒ http://www.led-zeppelin.org/

パープルで一枚えらぶならば、Live at Budokanかな。でも、キーボードとドラムのソロがながすぎる。アルバムではなくトラックでひとつだけとなると、ライヴではないSpeed Kingのイントロ40秒間の緊張感が最高。

まっとうなバンドはライヴで勝負。わたしの番付は…

横綱 King Crimson "Earthbound"
大関 The Who "Live at Leeds"
関脇 The Rolling Stones "Get Yer Ya-Ya's out"
小結 MC5 "Kick out the Jams"
前頭 Mott the Hoople "Mott Live"
十両 Beck Bogert & Appice "BBA Live" @大阪厚生年金会館

音楽に政治をからめると、なんか民青(学生時代は「民コロ」といってバカにしてました)か労働組合か歌声喫茶みたいで、鬱陶しいですね。すくなくとも商業音楽は、歌詞に意味をこめることの意義がない。カッコよければ、それでだけでいい。音を消費することを悪とみなすのはカッコわるい。プロ・ミュージシャンで商業音楽を否定するやつは、どっかあまえているぞ。そんなやつにかぎって、カッコよく演奏できなかったりする。あと、自己陶酔してるやつもカッコわるいな。

日本語でラップができないのは、どの地方のことばでも、音の強弱よりも高低のやくわりがおおきいからでしょう。ラップでなくても、日本語のはなしことばの高低と主旋律とをあわせるのは、むづかしいですよ。RCなんかは例外ですね。ピッタリあってる。たとえば「きのう くるまの なかで ねた」…ほらネ。清志郎は国立のひとだから、これは武蔵野のアクセントかな。スピッツやエレファント・カシマシも結構あってるようなきがする。

一般には、子音や破裂音の効果よりも、母音がどう耳にひびくかのほうが、曲の印象をおおきく左右するとおもいます。とくにライヴでは、PAがわるいと子音がききとりにくくなるから、母音で勝負ですね。それそれの言語で、特有の母音のながれがある。これが曲の骨格になってるとおもうんですよ。たとえば…

♪Non, je ne suis jamais seul avec ma solitude... [Georges Moustaki "Ma Solitude"]

♪You can't always get what you want...

♪エンヤコラセ〜ェ ドッコイセー

♪Dici che il fiume trova la via al mare... [U2 "Miss Sarajevo"]

イタリア語・ドイツ語をまったくわからなくてもオペラを鑑賞しているひとが世界中に沢山いるとおもいます。これは、たぶんオペラ独特の母音のながれ・発声法がすきだからでしょう。(わたし自身はオペラに興味ないので、あくまでも想像です。)

母音の大切さについて、キース・リチャーズ様はつぎのようにいっています…

The lyrics and music are not two different things, a song is where the two integrate and, in a way, vowel movement is the way to write a song. It depends on what sound goes with the music. And then figure out what words fit with those vowels. Now this is why you have Doo-Wop...

 ◇全文をよむなら⇒ http://www.keithrichards.com/

ところで、中国語のうたは、旋律の高低が四声にあってるんでしょうか。どなたかご教示ください。

ではまた■


[924] 告知です 投稿者:>@通りすがり@神保町の某書店で立ち読み 投稿日:2003/04/30(Wed) 18:52

兵頭先生の最新評論が出ます。

『諸君!』6月号

「ラムズフェルド改革の正体を見た!」

イラク戦争について、先生の分析です。いつも通り、目から鱗です。

ではまた。


[923] 教へて下さつてありがたう。 投稿者:高坂 投稿日:2003/04/29(Tue) 13:11

りお二世様。

>さっき書きましたが、楽器の音にも「説明」が含まれることがありますし、ボーカルでありながら、意味を意識させないものもあると思いますよ。

たとへばサラ・ボーンはさうですね。
ただ、歌の場合は、心情の表現、ソウルといふものがあるわけで、誰も彼もが純粋音楽として形式化した表現のみをするわけではありません。その点では、黒人は表現が素晴らしかつたといふところはあります。とは言へ、これは少し前までの話で、今はもう黒人だからと言つて特別といふわけではありません。
知り合ひのブルースマンによると、アメリカにはもうろくな黒人の若いブルースマンがゐないらしくて、そこは日本人ミュージシャンが支へてゐるといふことです。

>ロックに参加しやすいのは、頭打ちの8ビートだからです。それとコードが簡単だからです。9th以上はでてこない。

だからダサいのか(笑)。ビートが簡単な割には、スタイルが固定的なところがロックのダサさかな。日本のロックは田舎の青年団のお祭りソングといふ感じもありますね。

>これは違いますね。日本でヒップホップが成り立たないのは、そもそもあれは誤解の産物なんですからどうでもいいですが、少なくとも政治性の問題ではありません。逆に政治性を持ちこむから音楽がくだらなくなるんだよ。

なるほど。政治性を排した音楽が素晴らしいと思つてゐるわけですね。ヒップホップは、形式性のみを追求するとすれば、意味がなくなるジャンルではありますね。

>また、日本語でラップができないのは「リズムのない標準語の欠陥」ではなくて、単に発音の方法が日本語と英語では違うからです。破裂音が少ないんだから、パーカッションになりようがない。

標準語=日本語ではありませんよ。
標準語は破裂音も少ないし、母音で終るところに平板さがあるのでせう。韓国語のラップは、英語とは全く違ふものですが、音としてのみ聴いても相当面白いですよ。
英語をモデルにする必要はありませんが、破裂音は必要条件ではありますね。破裂音が優勢な言語では、中国語・ベトナム語・タイ語なども面白いヒップホップの表現ができる可能性があります(現にやつてゐるかもしれない)。

>どうでもいい質問ですが、なんで旧仮名なんですか??

りお二世さんはなんで現代かなを使つてゐるのですか。

http://www8.plala.or.jp/Kusimitama/


[922] (無題) 投稿者:りお二世 投稿日:2003/04/29(Tue) 01:29

高坂様

 どうでもいい質問ですが、なんで旧仮名なんですか??
 まあ、いいや。ご質問にお答えします。

「ただし、これは楽器に言へることで、ボーカルはどうかなといふ気がします」
 さっき書きましたが、楽器の音にも「説明」が含まれることがありますし、ボーカルでありながら、意味を意識させないものもあると思いますよ。

「民族を問はないといふ点ではロックもさうです。ロックは、誤解を恐れずに言へば、根本はダサいところが売りだから、誰でも参加できるのではないかと思ひます」
 ロックに参加しやすいのは、頭打ちの8ビートだからです。それとコードが簡単だからです。9th以上はでてこない。以上。
 あっ、これじゃ、実もふたもないか(笑)。

「ヒップホップは日本ではダメですね。平和ボケでろくに政治的メッセージが組み立てられないといふこともありますが、音のニュアンスとリズムのない標準語の欠陥もあるでせう」
 これは違いますね。日本でヒップホップが成り立たないのは、そもそもあれは誤解の産物なんですからどうでもいいですが、少なくとも政治性の問題ではありません。逆に政治性を持ちこむから音楽がくだらなくなるんだよ。
 また、日本語でラップができないのは「リズムのない標準語の欠陥」ではなくて、単に発音の方法が日本語と英語では違うからです。破裂音が少ないんだから、パーカッションになりようがない。ヒップホップを誤解させたのは、陳腐な「政治性」とメロディアスなニューソウル等のサンプリングという安易な構成をもてはやしたからでしょうね。このまえドギードッグが殺されかかったけど、あれなんてヒップホップをダメにした張本人なんでしょうね。

 あっ、大学一年の新入生が、もしかして松原正先生よりご高齢かもしれない高坂さんにお説教なんかたれちゃダメですよね。そんなわけないか(笑)。


[921] 知つたかぶりですが。 投稿者:高坂 投稿日:2003/04/29(Tue) 00:27

りお二世様。

>一般にジャズは黒人の音楽だとされていますが、私にいわせりゃそれは間違いで、チャーリーパーカー以降、ジャズとは純粋に演奏の形式になっているわけです。つまり民族のルーツによる説明を拒絶したところにジャズが普遍化した要因があるわけです。

おつしやるとほりでせうね。形式化によつてジャズは二十世紀最高の普遍的音楽になりました。非黒人が充分に面白い仕事ができた所以でもあります。ただし、これは楽器に言へることで、ボーカルはどうかなといふ気がします。
民族を問はないといふ点ではロックもさうです。ロックは、誤解を恐れずに言へば、根本はダサいところが売りだから、誰でも参加できるのではないかと思ひます。
ヒップホップは日本ではダメですね。平和ボケでろくに政治的メッセージが組み立てられないといふこともありますが、音のニュアンスとリズムのない標準語の欠陥もあるでせう。

ダダ龍様。

>こむづかしい理屈なんかいらん、カッコよければええやん…とおもうんですよ。

可愛ければええやん、では顰蹙を買ふでせうか。

http://www8.plala.or.jp/Kusimitama/


[920] (無題) 投稿者:りお二世 投稿日:2003/04/29(Tue) 00:11

ダダ龍様
そっかあ、ダダ龍さんはロック一筋だったんだね。
RCはやっぱり『PLEASE』のころが一番いいよね。『EPLP』とか『BLUE』とか、その頃。「多摩蘭坂」なんかの名曲も多いし。
中村とうようが崇拝しているのが吉本で、吉本が崇拝しているのが清志郎だからやっぱりRCは偉いのかなあ?
ロックも結構聞いたけど、80年代以降はなんか面白くなくて、あまり聞いていませんね。それはジャズもポップスも私の場合同じなんです。
じゃあ、ロックで質問。
1.ツェッペリンで一番好きなアルバムは何ですか? 私は『プレゼンス』と言いたいところだけど、やっぱり『狂熱のライブ』かなあ。ライブ版をだすのは、ずるいけど一応正規のアルバムだし。
2.ディープパープルで好きなアルバムは? 『ライブインジャパン』ってこれも同じかあ。ここらへんの人たちがスゴイのはきちんとライブができることですね。内容はともかく。ビートルズみたいなスタジオに閉じこもるタイプのバンドはあまり好きになれませんでしたね。イアン・ギランみたいにバカなことできないタイプだし。
3.ヤードバーズを挙げてクリームを挙げないのは深い意味があるのでしょうか。ジンジャー・ベイカーのドラムは結構好きなのですが。
4.ロックファンでしたら、68年以降75年までのマイルスのアルバムは全部聞いたほうがいいですよ。あっ、余計なお世話か(笑)。
でも、『ジャック・ジョンソン』とか『ダーク・メイガス』とか当時のロックの最先端を走っていたのがマイルスだと思うんですけど。どうでもいい話ですが。


[919] こういうハナシは楽でいいな… 投稿者:ダダ龍 投稿日:2003/04/28(Mon) 20:29

せっかく管理人どのからドッペルゲンガーのおゆるしをいただきましたが、わたしがでるまでもなく「りお二世」さんが登場しました。よかったよかった。

で、音楽のはなしですか。いいっすよ、でもジャズはほとんどきかんのです。コルトレーンのアルバムは全然きいたことありません。わたしがもってっるジャズのCDは、マイルスのKind of blueとソニー・クラークのCool Struttin'ぐらいです。あ、こないだスタバでデーブ・ブルーベックのPark Avenue Southをかいました。On the Sunny Side of the Streetをやってますよ。

三十年間ずっとロックをきいてます。ロックだけ。どんなのをきいてきたかというと…

King Crimson
Pink Floyd
Led Zeppelin
Deep Purple
T. Rex
Mountain
Johnny Winter
Mott The Hoople
Slade
Blue Oyster Cult
Iggy Pop
MC5
Roxy Music
The Rolling Stones
The Yardbirds
10cc
Cockney Rebel
Sparks
Brian Ferry
The Who
The Kinks
Kiss
Darryl Way's Wolf
Curved Air
The Jam
Cheap Trick
Duran Duran
The Police
Human League
Altered Images
The Pretenders
Tear For Fears
The Style Council
U2
Simple Minds
Swing Out Sister
Pet Shop Boys
Orchestral Manoeuvre in the Dark
Dandy Warhols
The Strokes

…と、こうしてならべてみると、90年代以降のグループがほとんどないね。80年代中期で時計がとまってる。

日本のロックですか?う〜ん、ようわからんけど、清志郎すきです。去年のクリスマスにラヴジェッツのライブ@渋谷AXにいったら、最後に『雨あがり』やってくれた。RCは、むかし『プリーズ』というLPをかったことあります。『トランジスタラジオ』がはいってるやつ。ず〜っとむかしは『外道』というグループがすきでした。ほかは、ほとんどきかんね。

>そもそもロックの根本的な部分にはブラックミュージックへの後ろめたさがあるはずですから
…なんて、中村とうようみたいなこといってはいけません。わたしは、どっちかというと渋谷陽一派ですね。ま、どっちも吉本隆明を崇拝しているみたいなのでアホですが。こむづかしい理屈なんかいらん、カッコよければええやん…とおもうんですよ。たとえば、キース・リチャーズがアップストロークで「ガッガ〜ン」とやる、その音だけで満足なんです、わたしは。極端にいえば、詩とかメッセージとかは、どうでもいい。とにかく音だけ。

ではまた■


[918] (無題) 投稿者:りお二世 投稿日:2003/04/28(Mon) 20:02

楠様

 お返事ありがとう。例の日本人だか中国人だかの一人がゴールデンウィークを満喫しているすきに、音楽談義を進めておきましょう(笑)。
「ジャズっていうと、歌無しのものしか聴いたことがないのですけど、ジャズに歌詞が無いとするならば、ジャズバンドは存在することが出来るのかも知れないなぁと思います」
 そうですね。でも実は歌詞だけが問題じゃなくて、音楽に含まれている言葉が問題なのです。言葉というのは歌を意味するんじゃなくて、音楽自体を他の部分で説明するということですね。
 例えば雅楽を外人が演奏できないのは、音以外に含まれている「説明」の部分が理解できないからです。
 これはジャズの場合と対照的です。
  一般にジャズは黒人の音楽だとされていますが、私にいわせりゃそれは間違いで、チャーリーパーカー以降、ジャズとは純粋に演奏の形式になっているわけです。つまり民族のルーツによる説明を拒絶したところにジャズが普遍化した要因があるわけです。
 それなので日本や東欧でジャズは成立したし、むしろルーツを確認するためにブルースを追求した黒人のジャズのある部分は非常につまらないものになっちゃったんですね。帰る場所があるという錯覚を起こして安住してしまったわけですから。
 


[917] こういうときはボケを打って逃げるのはありなのだろうか(笑) 投稿者: 投稿日:2003/04/28(Mon) 17:31

りお二世様
こんにちは。
正直、音楽の話をそこまで考えていた訳でもなかったので、りお二世さんについて行けないだろうと思いました(苦笑)
何でも首突っ込む癖をこの機会に直そうかなぁ。
音楽の件に関して、ダダ龍さんの話も伺いたいですね。是非(笑)
以下の返答は、「楠なんてこの程度」くらいの認識で受け取ってください(苦笑)

 >いまやいわゆるJポップもUKもビルボードも同レベルですよ。あまりに程度が低い。
まあ、自分は漠然と、現ロックバンドたちの程度が低いというか、同じなのばかりでつまんねぇくらいに思っていて、もう歌詞とか音楽とか、御腹一杯なんですよね。
よくお前等、同じ料理ばかり飽きずに食えるな、と(笑)
主食になってしまったからなのでしょうかね。 
>そもそもロックの根本的な部分にはブラックミュージックへの後ろめたさがあるはずですから、日本の場合、桑田圭祐的に斜にかまえるか(つまり産業ロックであることを自嘲する)、清志郎的に天然のふりをする(MG'Sと競演その他もろもろ)かどちらかしかないような気もするのですが。
すみません。そこまで全然考えが及んでいません。
馬鹿が首突っ込んでいい話じゃなかったかな(笑)
 >「日本にロックバンドなんていたっけな?」っていうのは、結構するどい考察だと思うのですが、以降は楠さんへの質問です。
もう露呈していますが、考察なんてありゃしませんでした。
「直感」です(苦笑)
 >それでは、なぜ日本にジャズバンドが存在することが可能なのでしょうか? 
ジャズっていうと、歌無しのものしか聴いたことがないのですけど、ジャズに歌詞が無いとするならば、ジャズバンドは存在することが出来るのかも知れないなぁと思います。
陳腐化しないから・・・とか(苦笑)


[916] SALON28、 拙も拝聴しております 投稿者:MASSY 投稿日:2003/04/28(Mon) 02:21

初めて投稿致します。皆様、宜しくお願い申し上げます。
兵頭軍師とは、幸運な事に知り合いの一会社員です。
スカパー「四人組」ゲスト出演の放送の第一回目を聞き逃しはしましたが、慌てて加入し、それ以降は全てMDに録音して繰り返し聴いていますが、「SALON28」は繰り返し聴取に耐える面白い番組ですね。東京FM 山下達郎のサンデー何とかを完全に越えましたね。
>1.2.3回の再々放送希望・・・。
管理人様の仰るとおりと思います。それもそうですが、四人組の第1回目を再放送希望します。

音楽の選曲も、元JAZZボーカリスト志望の兵頭軍師の意向が反映されているのでしょうか? 何れにしろ軍師の音楽の趣味にも興味津々なので、選曲にも口を出していただきたいものですね。個人的に先週の選曲は好きでしたけど・・・。


[915] salon28。この番組は軍学者の兵頭二十八さんをお迎えして毎回様々なテーマでお話を伺っていきます。 投稿者:管理人 投稿日:2003/04/27(Sun) 23:10

・・・て、もしかして本当のメインは川上和代さんなのか?(笑)
昨日はマンガの話でしたね。「ジャンプの発行部数は200万部」って部分は、いや650万部だろう───(全盛期は)と思いましたが(笑)まだラジオで「殆ど一人語り」に不慣れな部分があるのかもしれないけど、面白い番組だと思います。私はmdラジカセがポンコツでmdに録音できないので、hddに保存して、数回聴いてます。1.2.3回の再々放送希望・・・。
って、聴いてる人、このサイトに来て下さってる方では、3人くらいなんですかね(笑)

ダダ龍 さん>
>管理人どのがおゆるしくだされば、このダダ龍めがドッペルゲンガーになり、「りお二世」なる別キャラでつっこみをいれようかとおもいます。

私は掲示板では、超完全アラシでもない限り、何かについてジャッジしたりはしませんので、どうかお好きな話お好きなスタイルを。よろしくお願いします。


ちょっと小話。
トップジャーナルは「ラジ●ライフ」編集部が集めているそうです。ラジオライフ編集部員と友人になれば、読めるでしょうね。いや、じゃあその前に教育システム社社員と友人になれって話ですが(笑)
まぁ、ともかくこの「ラジ●ライフ」、警察・公安から完全に目をつけられているそうです。何故か───”Nシステム”関係で、信号機会社...etcに天下っている警視庁OBを怒らせてしまっているからだそうです。
ラジ●ライフは別に、何かの政治結社とか、悪しき集団ではなく、単なるオタクの集団な筈だと思うんですが、とにかくそういう点で融通が利かないのが警察とか公安なのかもしれませんね。まぁ、融通が利けば良いってものでもないですが(笑)
ともあれ、ラジ●ライフにトップジャーナルを見に行こうとしている、多分200万人に一人の貴方!(笑)あの編集部に接近する事は、冥府魔道の道に堕ちる事を意味するかもしれませんぞ───。
小話終わり。
因みにこの小話の結論は、早よ新刊出てあげておくれよ、並木書房。です(笑)

失礼します。


[914] (無題) 投稿者:りお二世 投稿日:2003/04/27(Sun) 03:27

楠様
 いまやいわゆるJポップもUKもビルボードも同レベルですよ。あまりに程度が低い。
 そもそもロックの根本的な部分にはブラックミュージックへの後ろめたさがあるはずですから、日本の場合、桑田圭祐的に斜にかまえるか(つまり産業ロックであることを自嘲する)、清志郎的に天然のふりをする(MG'Sと競演その他もろもろ)かどちらかしかないような気もするのですが。
 「日本にロックバンドなんていたっけな?」っていうのは、結構するどい考察だと思うのですが、以降は楠さんへの質問です。
 それでは、なぜ日本にジャズバンドが存在することが可能なのでしょうか? 


[913] 日本語ロック 投稿者: 投稿日:2003/04/26(Sat) 23:25

りお二世様

日本語ロックの行方ですか。
今、自分の知る限り日本にロックバンドなんていたっけな?とも思いますが(笑)
何せ「Jポップ」で一括りに出来てしまうようなものですから。
なんか、こういうネーミング見ていると、意外に鋭いというか、皮肉というか。面白いものですが。

最近は余り「Jポップ」聞いてないですねぇ。
聞いているのはサウンドトラックばかりで、お気に入りはバンド・オブ・ブラザーズのやつです。


[912] ご教示ありがとうございます 投稿者:日本人の一人 投稿日:2003/04/26(Sat) 06:49

ダダ龍 様

ワット卿の件、ありがとうございました。

ゴールデンウィークを満喫するつもりですので、掲示板の方は、当分留守になるかと思います。

失礼致します


[911] (無題) 投稿者:りお二世 投稿日:2003/04/25(Fri) 17:15

ダダ龍様

 なんかグラシャン・モンカー三世みたいですね。
 というわけで、これまでの話一切終わりにして、今後は音楽の話だけするというのはどうですか? CDを買いまくっているという兵頭先生もそっちの方がよろこんでくれると思うよ。
 北朝鮮がどうなるかより、日本語ロックの行方の方が気になるもので……(笑)。
 とりあえずダダ龍さんがコルトレーンのレコードを一枚選ぶとしたら、何でしょうか?その理由も聞かせてもらえるとうれしいな。
 私は以前は「インターステラ・スペース」か「クル・セ・ママ」だったんだけど、今じゃ単によくまとまっているというだけの理由で「至上の愛」かもしれません。
 よくまとまっているってすごく大事なことだと思うんです。


[910] につまりすぎて、もうすぐコゲつくぞ! 投稿者:ダダ龍 投稿日:2003/04/24(Thu) 18:35

ワット卿の第三善は、まごびきです。原典は1957年に英国で刊行された自叙伝で、わたしはレーダー戦史書で米国版自叙伝からの引用をよみました。残念ながら原典と子は絶版になってひさしいようですが、孫(レーダー戦史)は、いまでもアマゾンでかえるはずです。日本語であれば、学研のムック『英独航空決戦』にチェインホーム・レーダー網とワット卿の第三善についてふれた部分があります。この『英独航空決戦』は、バトル・オブ・ブリテンが単にスピットファイア対メッサーシュミットの空戦だけではなかったことを理解するのに格好の書です。

 原典:Sir Robert Watson-Watt "Three Steps to Victory: A personal account by Radar's greatest pioneer" Odhams Press (UK) 1957
 再版:Sir Robert Watson-Watt "The Pulse of Radar: The Autobiography of Sir Rober Watson-Watt" Dial Press (USA) 1959
 引用:Louis Brown "A Radar History of World War II: Technical and Military Imperatives" (1999) ISBN 0750306599
 参考:〈歴史群像〉第二次大戦欧州戦史3『英独航空決戦』 学研 ISBN 4-05-601682-8
 ◇海外の古書をさがすなら⇒ http://www.abebooks.com/

英国は、英独航空決戦(1940年)がはじまるまえに早期警戒レーダー網『チェイン・ホーム』の展開を完了していました。『チェイン・ホーム』は当時最先端の技術によるものではなく、性能上の制約もおおくありました。しかし英空軍は監視所とくみあわせて探知・捕捉の精度をあげ、索敵情報を集中して脅威分析し邀撃管制をおこなう指揮統制通信系統をつくり、閉塞気球、対空砲火、迎撃機による多重防空網と、充実した搭乗員救助態勢による総合力で独空軍を撃退しました。ワット卿の功績は、新技術の開発に資源と人材を集中するよりも、既存技術の総合力を極大化する組織運用をはかったことにあり、英国の支配階級がもつ目的合理性の典型です。

 ◇英空軍の防空体制⇒ http://www.raf.mod.uk/bob1940/controlsys.html

「米英は本当に一体か」という設問自体に無理があるようにおもいます。古今東西、別個の主権国家が一体であった例を、わたしはしりません。まず「これは本当に一体だ」という具体例をみつけたうえで、それを基準に米英関係をみていってはどうでしょうか。「英国は、日本に比べて経済力が遙かに劣る」というみかたは、単純にGDPをくらべているだけでしょう。単一の尺度では経済力を比較できません。たとえばエネルギーや食料の自給率なども重要です。金融市場が両国経済の相対力をどうみているかは、ポンド⇔円の為替レートのうごきにあらわれます。

 ◇英米間の「特別な関係」について⇒ http://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/1913522.stm

軍師は、専守防衛が幻想だととかれています。対抗不能な受動防衛体制など存在しません。攻撃力で抑止するのが「安全・安価・有利」だとおもいます。

ところで、りおさんがいなくなってから、だれもマゼてくれないので、随分につまっちゃいましたね。管理人どのがおゆるしくだされば、このダダ龍めがドッペルゲンガーになり、「りお二世」なる別キャラでつっこみをいれようかとおもいます。当然ダダ龍のカキコミにもきびしくツッコムのであります。…というのは冗談でした。

ではまた■


[909] まじかよ・・・様 投稿者:螺鈿 投稿日:2003/04/23(Wed) 16:35

>>908
 落ちてないと思われ・・・。マジレスするならば、東京や大阪周辺部の古書店を隈なく探してみるとか・・・。
 あ、「武道通信」のHPから落としてくるべし!!が正しいのかw。
 ま、ひょっこり見つかるといいっすね。


[908] (無題) 投稿者:まじかよ・・・ 投稿日:2003/04/22(Tue) 03:10

先日引越しの際に日本の防衛再考を紛失!
絶版だもんな・・・古本屋におちてねぇかなぁ・・・


[907] 独立への道 投稿者:高坂 投稿日:2003/04/21(Mon) 17:06

ダダ龍様。

●最善:憲法改訂・(核)武装中立・国連敵国条項撤廃・安保理常任理事国(拒否権つき)
  ⇒ フランスと同等の実力・地位を確保
  ⇒ 米国の大義なしと公然批判・国連決議なしの先制攻撃に反対
●次善:自衛隊法改訂・弾道ミサイル迎撃能力限定整備・長距離航空攻撃能力整備・特殊作戦能力向上
  ⇒ 米国に依存しない対北朝鮮防衛力確保
  ⇒ 国連決議なしの先制攻撃を支持せず

●第三善:最善および次善にむけての施策に着手しつつ当面は米国の抑止力を担保
  ⇒ 米国を支持
…ということになりましょうか。

第三善であつても、「最善および次善にむけての施策に着手しつつ当面」といふのであれば、充分な選択です。

>石破防衛長官にさきばしった発言をさせつつ小泉・福田がおさえるという方法で、米中および輿論の反応をみながら、最善にむけてふみこむ間合いをさぐっているならば、たいしたもんです。

福田官房長官は色々観測気球を飛ばす人ですね。ただ、その意図がどちらを向いてゐるのか、わからない人物です。

http://www8.plala.or.jp/Kusimitama/